autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.38 ノスタルジックな春の旅へ 4ページ目

ドライブ 2007/5/7 18:05

竹岡圭のドライブvol.38 ノスタルジックな春の旅へ(4/4)

関連: 三菱 アイ Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
竹岡圭のドライブvol.38 ノスタルジックな春の旅へ

蔵を所有している和菓子屋

蔵六餅本舗 株式会社木村屋
九谷焼蔵六餅

城下町佐倉のお菓子処木村屋。創業明治15年に銀座木村屋の二号店として開業したのが始まりなんだとか。これまた古い歴史を持つお店なんです。

有名なのは、亀の甲羅を模ったおめでたいお菓子「蔵六餅」。中にお餅が入った、モナカといった感じ。この季節限定の「さくらまんじゅう」もあるとか。アンコまでさくら色!甘しょっぱいお味は、くどすぎずさっぱりしていて、ペロッといただけちゃいますよ~。 (※「さくらまんじゅう」は4月のみの限定販売です)

さて、こちらでは蔵の見学もできちゃいます。この蔵、江戸時代(1800年頃)に建てられたもので、分厚い壁のおかげで大火や戦争にも負けずにしっかり現存しているんですね。その中に、古くから代々伝わる焼き物や多種類の古美術品、お菓子の型や手形、そして能面まで展示されているんです。

まるで美術館さながらの展示品は、一見の価値アリ。分厚い壁のおかげで、蔵の中は湿度と温度がしっかりと管理されているのか、暑くも寒くもない不思議な空間でした。

木樽で作るお味噌

株式会社ヤマニ味噌
白味噌の詰め込み過程藤川社長からお味噌の話を聞く

江戸時代の下総は、お味噌やお醤油の名産地になったんだとか。しかし、現在残っているのは、このヤマニ味噌さん1件だけ。初めて味噌工場を見学させてもらっちゃいました。

昔ながらの製法にこだわり、極力機械を使わずに、昔ながらの木桶を使用。詰める作業まで手作業で行われているんです。その味噌樽の重さはナント4トン!この大きさですから、仕込んで発酵させ寝かせてと、結構広い場所が必要なんですよね。

ちなみに白味噌は3ヶ月くらい、赤味噌は半年~10ヶ月くらい寝かせるんだそうです。通常の味噌はアルコールで発酵を止めるんだそうですが、無添加の発酵を止めないお味噌ももちろんアリ。凍らないから冷凍庫で保管するなんていう手もあるんですって。

今回、ちょうど濾し白味噌の詰め込み過程作業中にお邪魔したこともあり、ペロッと舐めさせていただいちゃいました。できたてのお味噌はあま~くて、あぁお野菜につけて食べたいな~っていう感じ。後でのどが渇くこともない、不思議な甘さ。

ちなみにお味噌の一番美味しいところは、4トンの樽の中心部分。お魚で言うところのトロ部分なんだそうです。手作業だからこそできるトロ味噌部分も「生粋シリーズ」として販売されていますので、是非ゲットしてみて。

今回は、銚子から佐倉までノスタルジックな春のドライブを満喫してきました! 訪れたスポット周辺は、運転に疲れたら、休憩代わりにテクテク散歩するのもOK。 ドライブは、こんなフレキシブルな寄り道もできちゃうのがいいんですよね!

筆者: 竹岡 圭

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ の関連記事

三菱 アイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 女性向け軽自動車 徹底比較

    3台比較

    女性向け軽自動車 徹底比較

    2009年8月、ダイハツから新型車ミラココアが登場した。若い女性ユーザーにターゲットを絞ったかわいらしいデザインが特長で、アルトラパンの対抗....

  • 三菱自動車 サンリオフェア レポート

    イベントレポート

    三菱自動車 サンリオフェア レポート

    8月30日まで三菱自工本社でサンリオフェア開催中!三菱自動車工業株式会社(以下:三菱自工)は、東京・田町にある本社ショールームで、夏休み特別....

  • 「ゼロエミッション」とは

    エコカー用語

    「ゼロエミッション」とは

    ゼロエミッションとは「エミッション(=emission)」とは、「放出」という意味。もともと単に放出されるもの全般を表す言葉だったところ、環....

三菱 アイ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17