autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ダイハツ ムーヴ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2010/12/14 11:01

ダイハツ ムーヴ 新型車解説(2/2)

ダイハツ ムーヴ 新型車解説

燃費は勿論ながら充実した装備と価格設定も魅力的

新型ムーヴ X Limited シート
新型ムーヴ リヤシート一体ロングスライド新型ムーヴ リヤシート分割リクライニング+格納

さて、今度は新型ムーブのボディサイズを見てみると、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,620~1,635mmというボディサイズ。

こちらは先代と比べ、全高が5mm前後の差はあるものの、概ねそれ以外の差は無い。

一方で、室内寸法は室内長2,075×室内幅1,350×室内高1,280(mm)となっており、先代の室内長2,110×室内幅1,350×室内高1,310(mm)に比べて、室内長が-35mm、室内高が-30mmというサイズだ。

またホイールベースは先代より35mm短い2,455mmだが、むしろ前後席間は広くなっている。

その上、240mmも前後移動するリアシートは、ラゲッジ側からもレバーでスライド操作でき、荷物の積載時にはとても重宝する機能だ。

新型ムーヴ 「nanoe(ナノイー)」ディフューザー
新型ムーヴ 50km/hクルマ対クルマ 側面衝突実験新型ムーヴ 55km/h前面衝突実験

その他、装備面の特徴としては微粒子イオン(nanoe)ナノイーディフューザーを軽自動車に初採用(X-Limitedに標準装備、カスタム全車にメーカーOP)。

さらに、全車速対応型レーダークルーズコントロール(カスタムRS:2WDにメーカーOP)も軽自動車初採用ということで、もはやホントに軽なのかと疑いたくなるほどだ。

安全面ではABSを全車に標準装備。衝突安全性も軽量化したボディにかかわらず、前面及び側面衝突や、歩行者傷害軽減を加味した、トータルでの安全性能世界基準を目指した衝突安全ボディ「TAF」を採用するなど、今や「軽だから剛性が弱い」という概念は、今後徐々に薄れつつあるようだ。

燃費、装備、機能、居住性、そして安全性と、全てが一体となった新型ムーブ。

価格も「ムーブ」は1,120,000円~1,441,000円、「ムーブカスタム」は1,310,000円~1,611,000円と、先代よりリーズナブル。

今度の新型ムーブは、その高い燃費性能は勿論ながら、魅力的な価格設定と充実装備によるコストパフォーマンスに注目したい。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24