autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏 3ページ目

試乗レポート 2014/4/15 16:02

キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏(3/3)

関連: キャデラック CTS Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

クイクイと鼻先が入っていく軽快なハンドリング

新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 4

それにしても、どの速度域においてもクイクイと鼻先がコーナーに入り込むようなハンドリングはかなり心地がいいので、退屈さを感じることはないだろう。

若干不安なのは加速に対してブレーキが頼りなく感じたこと。ブレンボ製のフロントブレーキは最終的には帳尻を合わせてくれるのだが、初期制動は優しいタッチなので感覚を掴むまでは若干の時間を要した。

スポーツセダンらしい引き締まったアシ

新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 3新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 9

では何がレーシングカーライクなのかといえば、良くも悪くもガッチリと締まったアシに尽きる。

前後独立式の5リンクサスペンションを備え、さらに上級グレード“エレガンス”に至ってはお得意の磁性流体を使った即応式のダンピングコントロールである“マグネティック・ライドコントロール”が入っているのだが、とにかくカッチカチやぞ!なんである。

高速道路なんかの道路の継ぎ目もバシッ!ゴリッ!としっかりとギャップや感触を拾うし、そのフィールはもれなくドライバーにも伝えられる。荒れた路面なんかを走行すればその振動も仔細に拾う。

その分コーナリングの的確さ、姿勢のホールドは抜群だから、やはりCTSは“スポーツセダン”という位置づけにあるクルマだというのは乗れば理解出来る。ただ見た目をラグジュアリー方向に振りまくっているため、乗り味の味付けとのギャップにたいそう驚いてしまった。 が、それも意図的な味付けであるそうな。

キャデラックが「ソフトなアシ」だったのはもう過去のオハナシ

新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 5新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]

GMJの解説によれば、ドイツ車が軒並みコンフォート方向にこのセグメントを味付けしている中で、もっとスポーティーなセダンを求めるエッジィな声をくみ上げた結果だという。

スポーツドライビングというものの原点を考えた場合、このように手応えのあるしっかりと締まった足回りに回帰する、いわばスポーツドライビングへのルネサンスのようなイメージです、と説明された。

そのルネサンスは間違いなくATSからスタートしているのだが、どちらも迷い無くまっすぐに“レーシングライクなスポーツ走行”の方を向いて制作されていることは間違いない。

すでにキャデラックは市場がかつて持っていたイメージ…“ソフトでコンフォート”を走りの面ではきっぱりと切り捨て、新しい目標…つまり『若くて個性的なクルマを好むこれからの時代の顧客』に向けて進んでいるのだ。

3タイプのセッティングが選択出来るドライブモード

新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 10

とはいえ個人的にはせっかくATSがかの世界一の難コース・ニュルブルクリンクで鍛え上げられるようなスポーツ方向に向いているのだから、CTSくらい大きなクルマはもうちょっとコンフォート方向に性格を分けてもよかったんじゃないかと思ってしまう。

せめて3つのモードを選べるドライブモード(ツアー・スポーツ・スノウ/ アイス)の、ツアーとスポーツの差はもっと明確に分けても良かった。

それほどまでにスパルタンなので、『セダンを買ったからって年寄りのような運転に甘んじたくはないんじゃ~!』なんて仰る方には、またとないチャームポイントになるだろう。

日欧の強力なライバルに対抗すべく、戦略プライスで登場

新型 キャデラック CTS エレガンス 試乗レポート/今井優杏 12

というわけで、ある種見た目を裏切る機敏なハンドリングを持つ新型キャデラック CTS。最後に最大の武器、価格を紹介して記事を締めくくろうと思う。

ベースグレードのラグジュアリー、増税後価格で599万円、上級グレードのエレガンスで699万円とプレミアムEセグメントではかなりのお値打ち価格。

このセグメントで悩んでいるなら、CTSを試乗のリストに入れないテはない。

[レポート:今井優杏/Photo:和田清志]

新型 キャデラック CTS エレガンス 主要諸元

新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]

全長x全幅x全高:4970x1840x1465mm/ホイールベース:2910mm/駆動方式:後輪駆動(FR)/車両重量:1700kg/エンジン種類:直4 DOHC インタークーラーターボチャージャー ガソリン直噴エンジン/総排気量:1998cc/最高出力:276ps(203kW)/5500rpm/最大トルク:40.8kg-m(400N・m)/3000-4500rpm/トランスミッション:タップシフト付6速AT/タイヤサイズ:245/40R18 93V[ランフラットタイヤ]/メーカー希望小売価格:699.0万円[消費税8%込]

新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]
筆者: 今井 優杏

キャデラック CTS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック CTS の関連記事

キャデラック CTSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック CTS の関連記事をもっと見る

キャデラック CTS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    XTS

    新車価格

    1,008万円

  • キャデラック
    CT6

    新車価格

    998万円