autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型EV「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/飯田裕子 3ページ目

試乗レポート 2014/3/24 19:52

BMW 新型EV「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/飯田裕子(3/3)

関連: BMW , BMW i3 Text: 飯田 裕子 Photo: BMW
BMW 新型EV「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/飯田裕子

「エンジンブレーキ」のような「回生ブレーキ」に興味津々

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

そんなi3のドライブフィールでさらに印象的だったのが回生ブレーキの強さ。

例えるならMT車の低いギヤで走行中、アクセルを戻した瞬間に発生するエンジンブレーキのような強さに、走行を初めてしばらくはビックリし、興味津々でした。

ただし、このアクセル&回生ブレーキの使い方に慣れると、街中でも完全停止する直前までブレーキペダルを踏むことなく、コーナリングの減速もスムーズに決まる。

それこそオーディオのダイヤルを調節するようなアクセルワークで加速と減速のコントロールができ、コレがまた楽しいワケです。ちなみにこのような減速をブレーキペダルで行わないため、0.13G以上の減速Gが発生すると自動的にブレーキランプが点灯し後続車に知らせるようになっているから安心。走行中も前を走るi3のブレーキランプが適度に点灯していたことで、その様子もわかりました。

一方で氷雪路などでこの強いエンジンブレーキのような回生ブレーキが不意に強く発生するとクルマの挙動が乱れるのではないかという懸念を抱いたのですが、そこは電子制御によって安定方向にコントロールされるのだとか。用心に越したことはありませんが、その辺りの制御もぬかりないようです。

乗る人がクリエイティブな使い方をするほど可能性が広がる

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

レンジエクステンダーを搭載するモデルにも試乗。こちらは後方に2気筒エンジンを搭載するため、耳をすませばドコドコドコ・・・というエンジン音が聞こえるけれど、音楽などを聞いていれば気にならないレベル。

床下に置かれたリチウムイオンバッテリーに加え、このエンジンを発電機として搭載するため車重は130kgほど重くなる分、加速のマイルドさは若干感じられたものの、3人乗車で登坂路を走行しても走行中にトルク不足を抱くことはまったくナシ。

ドライブフィールはベース車より車重が増加する分、コーナリング中の軽快さも若干薄れますが、それもわずかであり、むしろドッシリとした印象をステアリングフィールで感じられるのがベース車との違いととることもできそう。より長い走行距離を求める方にとってはおよそ300km(走行スタイルによって変わります)という航続距離も魅力と言えそうです。

コンパクトなボディに大きなフロントウインドウ。ダッシュボードの奥行がかなりあるものの、着座位置をしっかりと高めにセットできれば視界も良好で、扱いやすさを存分に実感できるはず。

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

まだまだEVは新しい乗り物であり、乗る人がクリエイティブな使い方をするほどに、その人にフィットした使い方も可能性も広がるとワタシは思っています。そんなモデルなら他とは違うユニークさも欲しいところ。

i3のプロダクトフィロソフィーとデザイン/マテリアルが創り出すi3の移動時間&空間はそんなクリエイティブさをも掻き立ててくれそう・・・と、屋久島のような山や豊富な川や滝の水を見ることのない東京で、改めて思うのでした。

筆者: 飯田 裕子

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28