autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー コンチネンタル GT V8 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2012/8/1 11:42

ベントレー コンチネンタル GT V8 試乗レポート/松田秀士(2/2)

関連: ベントレー コンチネンタルGT Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ベントレー コンチネンタル GT V8 試乗レポート/松田秀士

そのスポーツ性能はかなり高い

ベントレー コンチネンタル GT V8
ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8

これまでコンチネンタルシリーズに搭載されてきたW12エンジンは、6.0Lの排気量でツインターボチャージャーを装備。その出力は575ps/700Nmを発生し、2320kgの車体を0→100km/h加速4.6秒で引っ張る。

対するニューV8ユニットは507ps/660Nmで0→100km/h加速は4.8秒だ。ちなみに車体重量2295kg。0→100km/h加速の差はたった0.2秒!実際のドライブフィールでもその差はわずか。

W12 の方が6.0Lの排気量ゆえか、低速域でのピックアップが鋭く豊満なトルクを感じるが、エンジン回転の上昇とともにその差は感じにくくなる。もちろんそのエクゾーストノートには明らかな差があるのだが、どちらのモデルも約6200rpmでエンジン回転計はピークエンドと表示されていて、W12とV8共にターボエンジンと言われなければ気付かないほどアクセル操作に対するレスポンスがダイレクトだ。

その秘密は“ダンパー・セッティング”

ベントレー コンチネンタル GT V8
ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8

“全輪駆動”いわゆる4WDの駆動レイアウトには変更はないが、前後駆動配分は40:60でトルセンデファレンシャルを採用している。アジリティーを重視した曲がりやすい駆動配分なのだが、コーナリング中のリアの落ち着き感は非常に高く、重量を感じさせない軽快なハンドリングだ。

サスペンションはエアスプリングとダンパーそれぞれのレートと減衰をコンフォートからスポーツまで4段階に設定できる。通常、固定レートのコイルスプリングに減衰力可変のダンパーを組み合わせたモデルが多いが、やはりスプリングレートをも可変させるこのシステムはスポーツモード時でも突っ張った乗り味はなく、非常に高級感の高いフットワークを見せてくれた。

また、ストッピングパワーも重量を感じさせない強力なもので、ペダル踏力に従順に反応する調整幅の広さも好印象。純粋に走りというジャンルでも、かなり高いスポーツ性を持っている。

極めて高いトータルバランス

ベントレー コンチネンタル GT V8

ルーフの内張りをこれまでの皮から合成皮革に変更したとのことだが、インテリアの素晴らしさは相変わらず。センターコンソールのレイアウトも変更されている。

ベントレーのロゴをプリントしない、ややおとなし目のシートの乗り心地はやはり素晴らしいものだった。

ところでV8とW12モデルの外観上の見分け方だが、前後にあしらわれるベントレーマークの「B」が赤色であることと、ボディカラー同色のストレーキで3つに分割されたフロントグリルがブラック塗装されている。W12はこのグリルがシルバーだ。

さらに、マフラーが8の字を描いたデザインとなっている。W12に比べてV8モデルは数百万円安く、機能及び性能を考慮してもターゲットである富裕層にとってバランスが取れたモデルといえるだろう。

ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8ベントレー コンチネンタル GT V8
筆者: 松田 秀士

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25