autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ 3ページ目

試乗レポート 2012/1/11 19:53

アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ(3/4)

アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ

アルファロメオ・メジャー化へのキーは「普通」

では、実際の走りはどうだろうか?

アルファロメオ ジュリエッタアルファロメオ ジュリエッタ

正直な話、3グレードの中で最も驚かされたのが最もベーシックな“スプリント”だった。

このモデル、あらゆる意味で驚きであり、スプリントこそ日本におけるアルファロメオの「メジャー化」のキーになるモデルと思えたのだ。

事実、その走りは良い意味で驚くほど「フツー」に洗練されている。表現がややこしいが、スプリントに乗ると良い意味で「ゴルフと大差ない」と感じるほどだ。

つまり、乗りやすく扱いやすく静粛性も高く乗り心地もまろやかで・・・といった具合だ。だから、日本車やドイツ車から乗り換えても違和感なく「スッ」と入れる、そんな良さがある。

だが、「それでは個性が薄いのでは?」と突っ込みが入りそうだが、確かにこれまでのアルファロメオを知るクルマ好きにとってはそう感じるだろうと僕も思う。

だが、より多くの人を対象にするならば、この辺りの感覚を備えていることが必要と思えるわけだ。つまりスプリントの走りは良い意味で全てが「ほどほど」の良さがある。結果、相当にバランスに優れているのだ。

そして、同じエンジンながら17インチタイヤ&ホイールやスポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、パドルシフトを備える中間グレード「コンペティツィオーネ」は、これならかつてからアルファロメオを知るクルマ好きも納得のモデル、といえる。

走り出しから“ゴルフとは異なる”スポーティな乗り味や走り味を感じさせ、街中レベルの走行でもいわゆるアルファロメオのテイストを披露する。それでいて実用性や扱いやすさはスプリントと大差ないから、クルマ好きかつ実用性も、という向きにはピタリとハマる1台といえるだろう。

アルファ ロメオ ジュリエッタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連記事

アルファ ロメオ ジュリエッタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    849万円1,070万円