“はたらくクルマ”にこそ、クルマの根源的な魅力がつまってる! 奥深い商用車の世界(1/3)

身近なのに、身近じゃないクルマ

自動車メディアで原稿を書くというと、当然のように、何の断りもなくその「自動車」は主に乗用車を指します。商用車、いわゆる“はたらくクルマ”は個人ではなかなか買うことはしませんし、我々自身も「取材できる機会が少ない」もの。取材用の広報車もなかなか用意されませんし、商用車を話題の中心にする機会というのはなかなか限られます。

しかしながら街を見まわしてみると、実によく目にするのがそのはたらくクルマたち。そして多くの人がはたらくクルマの恩恵にあずかっています。

今回、日産自動車が開催した「#日産あんばさだー はたらくクルマ取材会」から既に3本の記事を掲載し、いずれも多くの方から反響を頂いたようで、筆者も嬉しい限りです。

実はこういう企画にこそ、クルマの根源的な魅力がたくさん内包されている、そんなことを感じる取材会でした。それではなぜ今“はたらくクルマ”なのか。この取材会そのものを少し振り返ってみたいと思います。

>>奥深い、日産のはたらくクルマたちを画像で見る[フォトギャラリー]

「みんなも、きっと興味あるんじゃないか」に企業広報活動の原点を見た

今回の取材会は、通常メディアやジャーナリスト向けに試乗会などイベントを開催する商品広報部ではなく、日本事業広報渉外部が企画したものでした。企画にあたった鵜飼 春奈(うがい はるな)さんは、中途採用で異業種から日産自動車に転職されたのだそう。そんな鵜飼さんに、どうしてこの機会を開催しようと思ったのか伺ってみました。

「もちろん日産自動車が生産しているクルマのことはそれなりに知っていたつもりです。でも入社して改めて商品ラインナップを見ていくと、知らなかったいろんなクルマがあることがわかりました。新しい環境で仕事を始め、刺激的な日々ではありますが、『こんなクルマもあったのか』という発見自体も新鮮な驚きでした。もしかすると、そんな感覚を世の中の人も持つのではないか。それが企画のきっかけでした。」

自ら“体当たりで”のはたらくクルマの魅力をアピールする鵜飼さん!

皆さんの近くにも、実はとてもたくさんの日産がある

日産自動車に入社されてから約二年の間に、ご自身が発見し気付いたことを、社外の人にも知ってほしい! GT-Rなど看板車種以外のもっと身近な日産を広く知ってもらうきっかけになれば、という視点。

確かにこのようなイベントを企画し、直接セールスにどれだけつながるかと言えば、なかなか難しい商品です。けれども「皆さんの近くにも、実はとてもたくさんの日産がある!」と訴求する鵜飼さんの視点は、なるほど目からうろこでした。

自動車のプロモーションというと、とかくペルソナ(対象者)を限定し、ターゲットを絞る戦略を前面に出すケースが少なくありません。生意気なようですが、クルマ記事を読む人が何を求めるか、そこばかりを気にした発信も多いように感じます。もちろんそれも大事ですが、事実として、クルマなんか興味もないという人も、日常の暮らしで実に身近に、クルマの恩恵を受けている。「そんなクルマもあるんですよ!」というメッセージだけでも、日産自動車にとっては大きな価値があるのではないでしょうか。

>>クルマにもっと共感を![次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
中込 健太郎
筆者中込 健太郎

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業。自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情に明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 NV350キャラバンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 NV350キャラバンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 NV350キャラバンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 NV350キャラバンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 NV350キャラバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる