“はたらくクルマ”にこそ、クルマの根源的な魅力がつまってる! 奥深い商用車の世界(3/3)

画像ギャラリーはこちら

本来見ることのできない荷台をこっそり覗いてみたら

そしてはたらくクルマといえば、居住スペースではなく荷室があるのです。積み荷をしっかりと守るため、外からは見えなくなっているその空間に何が積まれているのか、何を積むのか。それもやはり気になるところです。そんな興味を象徴するかのように、何台かのクルマには「サプライズ」が用意されていました。

例えば小型トラックのF24アトラス。今回会場に用意された試乗車は、コープ生協向けの仕様に準じたものでした。住宅街の狭い路地でも小回りが利いて、たくさんの荷物を届けられるようになっているパネルトラック。広大な荷台を開けてみると、参加者にお土産として手渡されたアトラスのミニカーが隠されていました。

会計年度以上に手ごわい日本の暑さと中温冷凍バン

NV350キャラバン 冷蔵冷凍バン(中温冷凍バン)の荷台を開けると、今度はカップに入ったカラフルなゼリーが。プラズマクラスター機能と抗菌パネル付で、荷室内の細菌やカビ、ニオイの発生を抑え、適正温度-5度までを保つことが出来るのです。そんな中温冷凍バンの説明を聞きつつ、海からも近い日産追浜工場敷地内にあるテストコース、グランドライブで、思いもよらず格別のおやつを食べることができたのでした。

「せっかくだから」と仕込まれていた小ネタの数々。はたらくクルマの機能でもある、積み荷を守るという車両の作りをしっかりと活かした、SNS映えも考えられている演出にグッときます。

「ちょうどこれからの時期、真夏の直前が一番売れます」

ふつうは年度末に集中するはずのはたらくクルマの入れ替え時期とはちょっと違った、会計年度以上に手ごわい日本の暑さと中温冷凍バン。そんな特殊事情なども聞けたりしました。

そうだよ!「やっちゃえ!ニッサン」

日産自動車というと、最近では商品以外の部分で世の中を賑わせていたメーカーです。もちろん、魅力的なニューモデルの登場も心待ちにしていますが、今このタイミングだからこそ、既存モデルの良さをもう一度しっかりと、そして今までとは違う角度で振り返ることも大事なことだと感じるのです。

話は逸れますが、先日乗った日産 スカラインの350GT HYBRIDは、今や贅沢なV6エンジンが滑らかでしっとりと重厚で、涙が出そうなほどいいクルマだなあと思いました。今年50周年を迎えるフェアレディZも、あれほどオーセンティックで含蓄のあるスポーツクーペがカタログに載っていることの喜びがあります。昔はよかった、じゃなく、今もいい。しっかりと訴えるものはあるのです。

はたらくクルマは比較的ロングライフで、これに洗いざらい改めて乗りまくるのは、今ある良さに目を向けるいい機会にほかならないのです。だってティーダ/ウィングロードがベースですよ、NV150ADなんて。でも実はそれに改めて乗れるというのが、この日の愉しみの一つだったりもして。

コマーシャルで永ちゃんは言ってます。「やっちゃえ!ニッサン」

実にそれを具現化したようなイベントで、とても楽しい一日となりました。こうした機会はもっと多く、そしていろいろと手を変え品を変え、実施していただきたいものです。そしてこういう会社が造るクルマ、こんな会社のニューモデルだからこそ俄然楽しみになります。なので、またいいクルマをどんどん出してくださいね、日産さん。

ちょっとユニークに今の日産を垣間見ることで、そんな生意気なエールの一つも送りたくなったのでありました。

[筆者:中込 健太郎/撮影:MOTA編集部・日産自動車]

前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
中込 健太郎
筆者中込 健太郎

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業。自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情に明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 NV350キャラバンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 NV350キャラバンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 NV350キャラバンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 NV350キャラバンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 NV350キャラバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる