計画から10年、ようやく首都高C2板橋~熊野町間が4車線化へ【週刊 クルマ事件簿】

やっとまともになった首都高C2板橋~熊野町間

去る2018年3月18日、首都高C2板橋~熊野町間(約1キロ)の拡幅が完成し、内回り・外回りともに3車線から4車線へと広がった。

この区間は、C2(中央環状線)と5号線が重複している。2車線と2車線がいったん合流して、1キロ先で分流する形だ。2+2=4。誰がどう考えても4車線は必要だ、つまり、今回の拡幅によって、この区間の設計はついにマトモになった。

実は、交通容量としては、2+2=4車線でも足りない。なぜならこの区間では、C2と5号線とが分合流することによる「織り込み交通」が発生するからだ。織り込み交通による車線変更は、交通容量を減少させる。

よって、4車線への拡幅後も、渋滞は半分程度(推定)に減りはしたが、解消とまでは行っていない。

4車線でも足りないのに、いったいなぜ3車線で設計されたのか? バカなのだろうか!?

理由は、設計が古すぎたことにある。

眠れる龍

この区間が開通したのは1977年。その時C2はまったく未開通で、問題の板橋~熊野町間は、単に5号線の一部だった。ただ、C2の構想は1960年代にすでにあり、現在のように、板橋~熊野町間で5号線と重複する構想になっていた。

そこで、70年代の5号線延伸部(北池袋~高島平間)の建設時、この区間だけ片側3車線分の幅が用意され、その後25年間、C2王子線の開通時(2002年)まで、1車線分は使われずに眠っていた。眠れる龍とでも言おうか。

さらに言えば、この区間の基本設計が決まったのは50年以上前。その頃首都高にはまだ渋滞はなかった(!)。

C2新宿線が開通し、この区間が激しいボトルネック(渋滞ポイント)になったのは2007年から。基本構想がまとまった約40年後である。浦島太郎にもなろうと言うものだ。

完成まで10年を要した

それにしても、途中でなんとかならなかったのか? と思うだろう。私も思った。

公団および建設省(当時。現在は国土交通省)も、途中で、「このままでは必ず渋滞する」とわかっていたはずだ。しかし、役人が一度決めたことを覆すことはまずない。

18年前(2000年)の取材時、彼らは予想交通量を低く見積もることで、「この区間を先頭にする渋滞は起きません」と言い張った。

私「いや、これでは絶対に渋滞します。今からなんとかならないんですか」

首都高速道路公団(当時。現在は民営化されて首都高速道路株式会社)「橋脚を片側3車線の幅で造ってしまっているので、技術的に不可能です」

その後間もなく、猪瀬直樹氏の指摘をきっかけに首都高を含む道路四公団に対する批判が沸き起こったこともあり、彼らも拡幅を真剣に検討し始めた。

しかし、いったん造ってしまった橋脚を、クルマを流しながら造り替えるのは困難ということもあり、ようやく拡幅が都市計画決定されたのが2008年。そこから完成まで10年を要した、というわけなのである。

[レポート:清水草一/出展:首都高速道路株式会社]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる