ノリにノッてるボルボから、売れ筋ド真ん中のコンパクトSUVが登場!|ボルボ XC40 発表会レポート

  • 筆者: 松田 タクヤ
  • カメラマン:松田 タクヤ

ボルボスタジオ青山で行われた発表会では、チーフデザイナーも来日し発表を祝福

ボルボ・カー・ジャパンは、新型プレミアムコンパクトSUVのXC40を2018年3月28日に正式発売した。

XC40はボルボ初のプレミアムコンパクトSUVとして登場し、2018年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した期待の新型SUVだ。

都会のライフスタイルにマッチする、スポーティかつ個性的なルックスと、ボルボならではの先進の安全支援システム、「インテリセーフ」の搭載や、ボルボ初となる「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」を全てのグレードに搭載していることも特徴だが、コンパクトSUVでありながら、並外れた室内の使い勝手の良さが日本のユーザーには嬉しい。

既に掲載しているオートックワンのニュースや海外試乗レポートなどで、性能や機能については詳しく触れているので、この記事では主に発表会の模様をお届けしようと思う。

XC40の発表会は、港区北青山にある「ボルボスタジオ青山」で行われた。プレゼンテーションにはボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長の木村隆之氏のほか、XC40のエクステリアデザインを統括したデザイナーの、マクシミリアン・ミッソーニ氏が登壇してXC40の魅力を語った。

>>関連記事:ボルボ 新型XC40を発売…2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーカーが日本上陸!

>>関連記事:ボルボ 新型XC40 試乗|早くもヒットの予感! ボルボSUV3兄弟の末っ子は飛び切りキュート

>>新型SUV XC40の画像を見る【画像どどーんと222枚!】

ボルボが満を持して発売した、初のコンパクト・プレミアムSUV XC40

XC40には、サイズやパワートレインの自由度が高い新開発の小型車専用プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」が初めて採用された。このプラットフォームは既に90シリーズや60シリーズで採用されている「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」譲りの高度な安全性や機能性を実現している。

発表会のプレゼンテーションで木村社長は、「コンパクトSUVは、日本では最大のSUVマーケットになっていくのは間違いないと我々は確信しています。ボルボとして満を持して発売する、初のシティコンパクトSUV XC40を、より多くの方に感じていただきたいと思っております。」とコメントした。

アイデンティティは受け継ぎながら、全く違う新しいボルボを感じさせるデザイン

さまざまな魅力があるXC40だが、まずはその個性的なデザインに惹かれる方が多いのではないだろうか。

XC40はコンパクトSUVながらもエッジの効いた力強いスタイリングで、そのデザインからはスポーティさやカジュアルさ、更には美しさまでも感じるプロポーションになっている。

ファッションや建築からヒントを得たというデザインは、抜群の存在感を放ちながらも、都会でのライフスタイルにも非常にマッチする。ボルボの共通アイコンである「トールハンマー」をモチーフとしたLEDヘッドライトも採用した。

この日の為に来日したという、エクステリアデザインを統括したマクシミリアン・ミッソーニ氏は、「XC40をデザインするにあたって、私たちは今までのSUVとは全く違うものにしようと考えました。

SUVとしての明確なID、若さと端整的な美しさを表現し、XC90とXC60の弟分になるのではなく、いとこのような存在になるべきだと思いました。その結果、高い実用性と洗練したスタイリングを両立させながらも、全く新しいボルボを感じていただけるデザインの車になったと思っています。」とコメントした。

2018年1月に先行導入された限定車は早くも完売!

2018年1月末に300台限定で先行導入された「XC40ファーストエディション」は早くも完売になってしまっているが、その他のグレードは2018年6月以降に順次納車が開始される予定となっている。

筆者もいち早く実車をチェックしてみたが、「これは日本のユーザーにドハマリする!」と思った次第だ。老若男女、どんなユーザーにもマッチするエクステリアデザインも素晴らしいが、何よりもインテリアの使い勝手の良さには特筆すべきものがあるXC40。

欧州車の洗練されたインテリアデザインはそのまま、XC40はまるで日本車のような豊富な収納スペースとシートアレンジを持っているので、これまで日本車にしか乗ったことのないユーザーでも、XC40ならば違和感なく乗り換えることができるだろう。

日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたXC60に続き、欧州でもカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたXC40。どちらもボルボのSUVだという事を忘れてはならない。ボルボの車は、世界の自動車評論家が認める車を創り出す自動車メーカーなのだ!

XC40は、日本国内に100店舗あるボルボ正規ディーラーで順次展示を開始していく。オートックワンでも試乗レポートが近々掲載されるので、気になっている方は記事を楽しみに待っていて欲しい。

[Text:松田 タクヤ(オートックワン編集部) Photo:松田 タクヤ(オートックワン編集部) /ボルボ]

ボルボ XC40の主要スペック
車種名 ボルボ XC40
グレード T5 AWD R-Design

パワートレイン ガソリンエンジン
JC08モード燃費 12.4km/L
価格(消費税込) 539万円
全長 4,425mm
全幅(車幅) 1,875mm
全高(車高) 1,660mm
車両重量 1,690kg
乗車定員 5人
ホイールベース 2,700mm
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー
排気量 1,968cc
最高出力 185kW(252PS)/5,500rpm
最大トルク 350N・m(35.7kg・m)/1,800-4,800rpm
燃料 無鉛プレミアムガソリン

関連記事

>>ボルボ 新型XC40を発売…2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーカーが日本上陸!

>>ボルボ 新型XC40 試乗|早くもヒットの予感! ボルボSUV3兄弟の末っ子は飛び切りキュート

>>ボルボ 新型XC40|多数の安全装備を備えた“大本命”小型SUVが登場

>>ボルボ 新型XC60 T5 AWD試乗&評価|ベストセラーボルボの2代目が日本で発売開始

>>2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーがボルボ XC60に決定! 今年の1台をジャーナリストたちはどう評価したのか

ボルボ/XC40
ボルボ XC40カタログを見る
新車価格:
396.2万円569.4万円
中古価格:
362万円595.5万円
ボルボ/V40
ボルボ V40カタログを見る
新車価格:
304.5万円477.7万円
中古価格:
36.7万円379.3万円
ボルボ/V40クロスカントリー
ボルボ V40クロスカントリーカタログを見る
新車価格:
360.6万円477.7万円
中古価格:
120万円378万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者松田 タクヤ
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ボルボ XC40の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC40のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC40の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC40の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC40のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる