ボルボが2030年EV専売メーカーに! 2021年秋導入第一弾の新型EV“ボルボ C40”を初公開

画像ギャラリーはこちら
ボルボ・カー・ジャパンは2021年3月3日(水)、EV(電気自動車)の日本導入計画について発表した。現時点ではまだEVを販売していない国内のボルボだが、2025年には全販売台数の35%をEV化。2030年には全販売モデルをEVに切り替え、ハイブリッドを含む内燃機関モデルを廃止する。

また、世界初公開の新型EV「ボルボ C40リチャージ」を早くもお披露目。2021年秋より国内初EVとして導入することも明らかにされた。

EVメーカーとして急速に舵を切ったプレミアムブランド“ボルボ”の意欲的な取り組みについてご紹介していこう。

今秋国内デビュー! ボルボ 新型C40を写真でもっと見る![画像80枚超!]

目次[開く][閉じる]
  1. あと10年足らずでボルボ車が全て100%EV(電気自動車)に!
  2. 世界同時に日本初公開の快挙! 新型EV「C40 リチャージ」
  3. 販売スタイルも大きく変革! オンラインで購入可能に

あと10年足らずでボルボ車が全て100%EV(電気自動車)に!

2021年3月3日(水)、スウェーデンのボルボ・カーズは、2030年までに同社のラインナップを全てEV(電気自動車)化すると発表した。

世界の自動車メーカーに先駆けいち早くEVラインナップを揃えることで、急成長著しいプレミアムEVカテゴリーにおけるリーダーを目指す。

着実に進んできたボルボの電動化戦略

これまでボルボ・カーズでは、内燃機関(ICE:ガソリン・ディーゼルエンジン)のみを用いたモデルを廃止し電動化(48Vマイルドハイブリッド/プラグインハイブリッド/EV)する宣言を2017年に発表。既に達成している。

また2025年までには世界販売台数の50%をEV化し、残りをハイブリッド車とする目標を掲げていた。

2021年1月にはベルギーのボルボ・ゲント工場でのEV生産能力を3倍に増強するなど、各国の工場での生産能力向上も着実に行われている。

プレミアムEV市場の覇権を狙うボルボ

今回の発表も、こうしたこれまでのボルボ電動化戦略の延長線上にあるとわかる。

トヨタやVW(フォルクスワーゲン)のように年間1000万台規模で大衆モデルから高級車まで用意するフルラインメーカーではなく、世界でおよそ70万台規模のプレミアムブランド、ボルボだからこそ可能な戦略と見ることも出来るだろう。

しかしながらわずか10年足らずで全車をフルEV化するとは、やはり相当に大胆で意欲的な取り組みであることは間違いない。

世界同時に日本初公開の快挙! 新型EV「C40 リチャージ」

早くも2021年秋から国内導入を開始予定

ボルボの日本法人ボルボ・カー・ジャパンにおいても、2020年中には全ラインナップの電動化を達成していたが、100%EVの発売はまだ行われていない。ここでもうひとつのサプライズが待っていた。

今回3月3日のスウェーデン本国のEV化宣言と同時に世界初公開された新型EVモデル「Volvo C40 Recharge(ボルボ C40 リチャージ)」が、ここ日本でもほぼ同時にお披露目されたのだ!

そしてこのC40 リチャージが、2021年秋より日本で初めて導入されるボルボのEVモデルとなる。

C40の“C”はクロスオーバーを指す

現在ボルボでは、SUVの「XC」シリーズ、ステーションワゴンの「V」シリーズ、セダンの「S」シリーズがラインナップされている。

新設されたC40の「C」とは、クロスオーバーモデルを指す。SUVとクーペを融合したクロスオーバータイプと理解すればよい。

そこでボルボ車に詳しい読者の方ならピンとくるかもしれない。今回発表されたC40 リチャージは、端的に言えばコンパクトSUV「XC40」の兄弟モデルである。

XC40は2018年から販売され、現在ボルボ・カー・ジャパンで最も売れているモデルである。XC40とC40は、CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームを共有する。

なお、XC40のEV版として2020年に欧州で先行発売されている「XC40リチャージ」も、C40に続き国内導入される予定となっている。

販売スタイルも大きく変革! オンラインで購入可能に

新たなサブスクモデルは3か月の途中解約も可能に!?

スウェーデンのボルボ・カーズは、電動化戦略の発表とともに、販売面でも新たな施策を打ち出した。

EVモデルはオンラインストア「volvocars.com」での販売を中心とし、オンライン販売プラットフォームへの多額の投資を行う。同時にサブスクリプションサービス「Care by Volvo」もサービスを拡充し、家庭用充電オプションなどを含めたケア パッケージを用意する。

Care by Volvoの日本での展開は未定だが、2021年秋のC40 リチャージ導入時、初期の100台については新たなサブスクリプションプランを設定する。

詳細はまだ明らかにされていないが、なんと3か月での途中解約も可能なプランとなるというから期待大だ。

48kWhをツインモーターで駆動

まだデザインプロトタイプが発表されたばかりのボルボ C40 リチャージ。ここで軽くスウェーデンで発表された仕様をご紹介しよう。

開発当初からEV化を想定し設計されたCMAプラットフォームを採用するC40 リチャージ。78kWhの高出力なバッテリー容量を持ち、前後の車軸にそれぞれ電気モーターが備わる「リチャージ ツイン」と組み合わされる。航続可能距離は約420km(WLTPモード)だ。

Google共同開発のインフォテインメントシステムを新搭載

またGoogleと共同開発したAndroidオペレーティングシステムに基づくインフォテインメントシステムが搭載され、GoogleマップやGoogleアシスタントなどのアプリ・サービスも提供される。無制限のデータ接続も備わり、ソフトウェアアップデートも通信により実施されるという。これはパワートレインなどのシステム更新も含まれる。

現段階で日本仕様の詳細は明らかにされていないが、2021年秋の正式発表が今から待ち遠しい限りだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:ボルボ・カーズ/MOTA編集部]

ボルボ/XC40
ボルボ XC40カタログを見る
新車価格:
409万円649万円
中古価格:
358.7万円667.8万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ボルボ XC40の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC40のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC40の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC40の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC40のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる