autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ボルボ 新型V60試乗|ステーションワゴンの王道をゆく力作、これは名車“850”の再来だ!

特別企画 2019/1/28 22:16

ボルボ 新型V60試乗|ステーションワゴンの王道をゆく力作、これは名車“850”の再来だ!(1/4)

関連: ボルボ V60 Text: 山本 シンヤ Photo: 小林 岳夫
ボルボ V60 T5 Inscription
ボルボ V60 T5 Inscriptionボルボ V60 T5 Inscriptionボルボ V60 T5 Inscriptionボルボ V60 T5 Inscription画像ギャラリーはこちら

ボルボの国内販売台数は右肩上がりに成長中

2017年、日本での輸入車販売が20年ぶりに30万台を超えた。その中でも販売を右肩上がりで伸ばしているのはボルボである。

振り帰ること8年前の2010年、ボルボは深刻な経営難から中国の浙江吉利控股集団(以下吉利)に売却された。しかし、吉利は「金は出すが口は出さない」と言う方針でボルボの独自性を尊重したと言う。

年間生産規模は約50万台と世界の自動車メーカーに比べれば規模は小さいが、そんな中で生き残るために選んだのは「選択と集中」であった。

そこで生まれたのが、新パワートレイン「Drive-E」と新プラットフォーム「SPA(スケラブル・プロダクト・アーキテクチャー)/CMA(コンパクト・モジュール・アーキテクチャ)」だった。

>>ボルボ 新型V60 撮りおろし美麗画像全110枚を見る[フォトギャラリー]

これらのアイテムと北欧を強調した内外装デザインを身に纏ったのが「次世代ボルボ」と呼ばれるモデルである。2016年に登場したXC90から始まり、V90/S90、XC60、XC40が投入。

どのモデルも高い評価で、XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞したのを皮切りに世界のカーアワードを総ナメに。さらに2018年12月には、2年連続でXC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

もちろん販売も右肩上がりで、世界の累計販売台数の更新はもちろん、2018年の日本国内における年間受注台数も2万台を超えたと発表された。

我々の記憶に残るボルボの王道、あのステーションワゴンが帰ってきた

ボルボ V60 T5 Inscription
ボルボ 850 T-5R エステート(レストアモデル)

現在、日本のボルボの主力となっているのは、モデル末期ながら高い人気を誇るV40とクロスオーバーSUVのXCシリーズだが、ボルボと言ったら「ステーションワゴン」を忘れてはいけない。

240、740、850、V70……と過去のモデルを振り返ると、我々の記憶に残っているのはステーションワゴンの姿である。特に1992年に登場した850は「ボルボ=安全」に加えて「ボルボ=スポーティ」と言うイメージを植え付け、スバル・レガシィと共にステーションワゴンブームの火付け役となった存在だ。

そんな850の再来……と言っていいモデルが2代目となる新型V60である。

新型V60は単なる世代交代ではなく、スポーティな走りが魅力だったスポーツツアラーの初代V60と、四角いボルボを継承していた850・V70のコンセプトを融合。ズバリ、ステーションワゴンの王道と言っていい「スポーティで実用的」なキャラクターなのだ。

>>美しいプロポーションと実用性の高さを両立した秀逸なデザイン、居住性も大幅改善[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60 の関連編集記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR