【国産派vs外車派】進化し続ける熟した果実「フォルクスワーゲン ゴルフ」|あえて選ぶ外車のススメVol.14(1/2)

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶ外車のススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第14回のテーマは、ちょうど良いサイズで使い勝手もいいCセグメントハッチバック対決。斬新なデザインで話題を呼んだ「トヨタ カローラスポーツ」と、このクラスの揺るぎないベンチマークとして君臨する「フォルクスワーゲン ゴルフ」をご紹介します。

>>カラバリで雰囲気も変わる? フォルクスワーゲン ゴルフを画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. フレッシュなイメージに溢れるハッチバック「トヨタ カローラスポーツ」
  2. モデル末期の「7」は完熟期 次世代モデルの「ゴルフ8」が欧州では登場済み
  3. カローラスポーツとゴルフ グレードによっては近い価格帯
  4. トヨタ カローラスポーツ、じゃなくて「ゴルフ」という選択肢

フレッシュなイメージに溢れるハッチバック「トヨタ カローラスポーツ」

1966年に登場以来、現在もその名を残すトヨタ カローラは、言うまでもなくトヨタを代表するビッグブランドです。

しかし、カローラは、長い歴史を持つクルマゆえの悩み……若いユーザー層の確保に苦心するようになり、1997年から発売のプリウスが次第にカローラのポジションに座ったことで、近年のカローラセダンはパーソナルユースよりも「レンタカー」「営業車」というイメージさえありました。

そのためトヨタは、ワゴンモデル「フィールダー」に若々しさを与えて巻き返しを図り、イメージチェンジを継続してきました。しかしトヨタはカローラシリーズ全体をさらに蘇らせるべく、2018年にカローラスポーツ、そして2019年にはセダンとフィールダーを「まったく新しいカローラ像」で生み出したのです。

トヨタ/カローラフィールダー
トヨタ カローラフィールダーカタログを見る
新車価格:
169.8万円228.1万円
中古価格:
17.1万円242.6万円

若いユーザー層の巻き返しなるか

それに先駆けたカローラスポーツは、激戦区の「Cセグメントハッチバック市場」に真っ向から勝負を挑みました。このセグメントには、ベンチマークのフォルクスワーゲン ゴルフと戦うために、各社とも気合の入ったモデルを投入してきます。

カローラスポーツも、優れたハンドリング・心地よい乗り味を持つクルマに仕上がっていて、高い評価を得ています。

▼赤×黒の色合いがかっこいい! カローラスポーツの内装をもっと見る▼

トヨタ/カローラスポーツ
トヨタ カローラスポーツカタログを見る
新車価格:
216.9万円284.1万円
中古価格:
169.7万円298.4万円

モデル末期の「7」は完熟期 次世代モデルの「ゴルフ8」が欧州では登場済み

いっぽうゴルフの現行型は、2012年デビューの7代目。通称「ゴルフVII(7)」とも呼ばれます。ゴルフ7も、新たな時代を作るゴルフとして設計されました。

その核となるのが、「MQB」プラットフォーム。MQBとはドイツ語でモジュールキットを意味します。

セグメントごとに異なっていたプラットフォームを共通化することで、多くの車種を少ない工数で開発ができるため、大いに注目を集めました。

質感も大幅に向上し、かつての「大衆実用車」のイメージを超え、プレミアムハッチバックと呼んでもいいほどの出来は、ライバル車のレベルも底上げしました。

フォルクスワーゲン/ゴルフ
フォルクスワーゲン ゴルフカタログを見る
新車価格:
259.9万円584.9万円
中古価格:
14.8万円618.9万円

日本未上陸のゴルフ8?

実は、欧州では後継モデルの8代目「ゴルフ8」が2019年秋に登場しているので、本国でのゴルフ7は、旧モデルになってしまいました。しかし日本では、まだしばらく「モデル末期の現行型」。

フルモデルチェンジ直前のクルマは改良に改良を重ねているため、ゴルフ7は熟成しきった完熟果実のような「オイシイ」状態なのです。なお、ゴルフ8の日本上陸は未定です。

カローラスポーツとゴルフ グレードによっては近い価格帯

ライバル車となると気になるのが価格です。カローラスポーツは1.2Lターボとハイブリッドを用意し、前者の最高峰FFモデル「G Z」は254万円、後者の「ハイブリッドG Z」は282万円ですが、バランスが良い中間グレード「G」「ハイブリッドG」は、それぞれ238万円と265万円。

ゴルフではベースモデルで1.2Lターボを積む「TSI トレンドライン」が259万円、2Lターボディーゼルを積む「TDIコンフォートライン」は323万円、1.4Lターボが搭載され最も装備が多い「TSI ハイライン」は338万円という価格設定になっています。

輸入車は据え置き価格で国産車よりお得?

装備の違いがあるため単純な比較はできませんが、カローラスポーツの「G」「G Z」とゴルフの「TSI トレンドライン」は同じような価格帯にあることがわかります。国産車の価格が上がった一方、輸入車の価格はむしろ据え置きなのです。

1990年時点での売れ筋・ゴルフCLi、5ドア・ATは238万円。ちなみに同時期、カローラのハッチバック「FX」の5ドア最上級グレードは、なんと129.6万円でした。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォルクスワーゲン ゴルフの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ゴルフのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ゴルフの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ゴルフの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ゴルフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる