日本人が白いクルマをこよなく愛する理由とは?|ボディカラーは決まって白だった時代

  • 筆者: 永田 トモオ

クルマのカラー=白だった時代

これからクルマを手に入れようとするユーザーにとって、ボディカラー選びは大問題だ。自動車メーカーも、カラフルなボディカラーを用意してクルマのイメージアップを狙うのだが、少し昔、ホントに白いクルマしか売れない時代があった。

それは、日本経済が間もなくバブル突入という1980年代半ばのこと、ブームの引き金はトヨタ・マークIIハードトップだった。

 流行というのはいつも同じで、正確にここからとは判然としない。ただ、84年に五代目70系マークIIが発売されると、白のハードトップモデルが売れ始めて、一年もするとマークIIハードトップはベストセラーになってしまう。マークIIハードトップは、確かにスタイリッシュなセダンだったが、そのほとんどが、スーパーホワイトという白さ際立つボディカラーだったのだから凄い。

もちろん、もともと白は一定の人気のあるカラーだったし、ことに高級セダンなどに多く用いられていた。それがマークII人気に引っ張られるように、各社が白をイチオシにするようになり、最終的にはファミリーカーや軽自動車まで白ブームが及ぶ。「白いボディじゃないとリセールバリューが下がる」という、セールストークの決まり文句が生まれたのもこの頃だった。

白いクルマブームは、バブル経済の崩壊に合わせるように縮小して行くのだが、では何故ここで白だったのだろう?

白ボディが流行ったのは白物家電との関係性も

当時よく言われていたのが、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの白物家電との関連だ。

白物家電の白は清潔さを象徴する色で、今でも、台所や風呂まわりの電化製品には白いものが少なくない。とくに冷蔵庫と洗濯機は、昭和の高度経済成長期の三種の神器でもあり、白物家電は豊かさの象徴だったのだ。そして、新しい時代の豊かさを象徴するクルマは、究極の白物家電であり、だからこそボディカラーも白というわけだ。マークIIハードトップのスーパーホワイトなどは、まさに清潔感を絵の具に溶いたような白だった。

いささか強引な説明だが、白無垢や白装束など、人の一生のうちに何度か白を意識する日本で、当時のクルマは一生の大きな買い物だった。それに、これから豊かになろうというバブル直前の盛り上がりや、メンタリティを考えても、その強引な説明は、意外に核心を突いている気もするのだ。

いまだに白人気は続いているが再びカラフルにもなってきた

今、白いボディカラーは、日本では高級パーソナルカーに使われることが多くなって、かつての白ブーム以前に戻った感がある。それは、時代は繰り返すということなのだろうが、変わったこともある。個人的に一番にしたいのは、白の塗装の質が画期的によくなったこと。なにしろ、当時の白いクルマは、水アカが綺麗に落ちにいし、真っ白に磨き上げるのは相当な苦労が必要だったのだ。

ちなみに、平成から長いブームとなったミニバンで、ホワイトが昔ほど大流行しなかったのは、白いボディだと商用バンに見えてしまうというのが大きかったようだ。それに、白は膨張色、つまり大きく見せる色だから、大きなミニバンがより大きく見えてしまうわけで、目の前に来るとけっこう圧迫感がある。メーカーが、プレステージ性の高いミニバンほど、そろってブラックやグレーをメインカラーしていることも、そのことを裏付けていると思う。

[筆者:永田 トモオ]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

筆者永田 トモオ
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト那須

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ マークIIの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ マークIIのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ マークIIの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ マークIIの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ マークIIのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる