若者が求めているのはトヨタ ハリアーなど手頃なサイズのオシャレなSUVだった! 人気のクーペ風SUV3選

画像ギャラリーはこちら
夏はバーベキュー、冬はスノーアクティビティと、アウトドア趣味を持つ若者は多い。そんな若者からも人気が高いのがSUVだ。SUVは積載性や多人数乗車もできるなどアウトドアとの親和性が高いのも人気がある理由のひとつ。

その中でも、スタイリッシュなデザインが若者からも好評なクーペ風のSUVモデルが最近増えてきている。今回は2021年に登場したモデルで若者に人気のありそうな3台を紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 1)クーペライクなデザインと上質な内装が好評のトヨタ 新型ハリアー
  2. 2)個性的でポップなデザインが人気のホンダ ヴェゼル
  3. 3)キャラクターでグレードを分けた洗練されたマツダ CX-5

1)クーペライクなデザインと上質な内装が好評のトヨタ 新型ハリアー

トヨタ 新型ハリアーの現行モデルは2020年6月17日に発売されたクロスオーバーSUVだ。3代目よりもフロント周りがよりシャープになり、ぱっと見のおしゃれさ、イルミネーションや都会の夜景にも映える美しいクーペのようなデザインが特徴的だ。

また、内装はシートや内装のパネルなども豪華に仕立て上げられ、上質さを際立たせている。

ボディサイズは全長4740mmx全幅1855mmx全高1660mmとミドルサイズでありながら最小回転半径は5.5m。ライバル車と比較しても同等程度の小回り性と言える。荷室はリアシート使用時で409Lと少々心許ないが、リアシート格納時には1045Lとなる。

トヨタの誇る予防安全パッケージ「トヨタセーフティーセンス」も装備しており、安全性も高い。

価格(税込)は299万円から504万円と幅が広く、比較的高価な部類ではあるが、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」なら7年契約で月額2万6510円から利用できる。

2)個性的でポップなデザインが人気のホンダ ヴェゼル

2021年4月23日(金)に登場してからパーツ供給不足もあり納期が長引いているものの人気の高いホンダ 新型ヴェゼルもハリアーと同じくクーペ風のSUVだ。ボディサイズは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mmと、ハリアーより少々コンパクトとなる。

内装は柔らかな触感のパッドを採用し、ハリアーに比べて明るい印象を受ける。

荷室はボディサイズと後席にゆとりを持たせた分ハリアーよりやや狭く、ゴルフバッグ2個分が収納できる広さだ。

価格(税込)は227万9200円〜329万8900円。ハリアーと比較すると手頃な価格帯で、それほど荷物を載せない人ならヴェゼルも十分選択肢に入るだろう。

3)キャラクターでグレードを分けた洗練されたマツダ CX-5

グローバル販売台数の約3分の1を占めるマツダの基幹車種であるCX-5は2021年にデザインを改良。従来のグレードに加えて、スポーティなスタイルを強調したスポーツアピアランスとアウトドア派にもウケるスタイリングを目指したフィールドジャーニーを用意した。

例をあげると新たに追加されたフィールドジャーニーの内装には、蛍光カラーのライムグリーンを差し色に取り入れられ、これまでのマツダ車にはないポップな印象が高まっている。

都会的で洗練されたスタイリングは崩さずにキャラクターを明確に分けることで幅広いニーズに対応する。

ボディサイズは全長4575mmx全幅1845mmx全高1690mmと上記2モデルの中間。荷室は505Lと3台の中では最も広く、十分な容量を確保していると言える。価格(税込)は267万8500円〜407万5500円。

都市型SUVは見た目もおしゃれで手頃なサイズ感が魅力

実際、新型ヴェゼルオーナーの年代別の構成としては、20代が14%と若い世代にも受け入れられているのがわかる。また、CX-5はブラックトーンエディションやスポーツアピアランスといったスポーティなデザインと比較的お手頃な価格が若い人にも人気があるという。

一方、ハリアーの購入層は価格帯の高さから40代以上が7割と比較的高いものの、デザイン性の高さは若者からも人気が高いという調査結果もある。

SUVを購入検討している周囲の20代に話を聞いてみると、人と荷物が乗せることを前提として考えた際、「ミニバンはサイズが大きすぎてしまい、運転に自信がない人には少し手が出しにくい印象がある」ことや「親世代が乗っていたこともあり、生活感が強い」ため使用イメージとは異なるという。

一方で、トヨタ RAV4やスバル フォレスターなどの本格派SUVは価格も高価となり、4WD性能がしっかりとついていることも「敷居が高い」と感じている。友人たちと遊びに行くということをメインに考えたときに、都市型SUVは見た目もおしゃれで手頃なサイズ感が魅力のようだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
49万円604.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる