リノベで魅力を倍増! ワイルドだけど愛らしいランクルプラド「COLOR BOMB」/【PR:FLEX株式会社】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:FLEX株式会社
画像ギャラリーはこちら
ランクルやハイエースの専門店として知られるFLEX。彼らが手掛けるリノベーションカーシリーズ「Renoca」から、ランクルプラド90・95系をベースにした「COLOR BOMB(カラーボム)」を紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. リノベーションカー「Renoca」という選択肢
  2. ランクルプラドがベースのCOLOR BOMB
  3. FLEXならではのメリットは?
  4. COLOR BOMBで楽しむ自分らしいRenocaライフ

リノベーションカー「Renoca」という選択肢

Renocaとはどんなクルマ?

クルマには、大きく分けて新車と中古車がありますが、FLEXが提案する「Renoca(リノカ)」は「新車でも中古車でもなくリノベーションカー」という位置づけです。リノベーションとは住宅などでも使われている手法で、修繕することで元の状態に戻すリフォームに対して、改装をして新しい価値を与えることを指します。

リノカでは、良質なベース車両をリノベーションして、街でもアウトドアでも、いろいろなシーンで乗れるクルマを生み出しています。

Renocaのラインアップは

リノカのラインアップは、現在9モデル。ベースはトヨタ ハイエース、ランクル、ランクルプラド、プロボックス、タウンエース。ランクル以外は商用車ですが、リノカでリノベーションした車両は、仕事グルマの雰囲気は皆無、パーソナルな相棒として一緒に生活できるクルマに仕上がっています。

今回はこのラインアップでも車名の通りちょっと異色なモデル、「COLOR BOMB(カラーボム)」を紹介していきましょう。

>>Renocaのラインアップはこちら【公式サイト】

▼Renocaのラインアップ記事はこちらから

ランクルプラドがベースのCOLOR BOMB

ランクルプラド90・95系をベースに、リノベーションしたのがこのカラーボムです。これまでリノカのコンプリートカーとして紹介してきたモデルは、アースカラーが似合う優しい雰囲気のクルマが多かったのですが、今回のカラーボムはリノカの定番カラーに加えて大胆なボディカラーもラインアップ。目が惹きつけられるクルマとなっています。

ランクルプラドが見違えるようになるボディカラー

カラーボムに用意されている色の数は全部で14。明るいグリーンやオレンジ、パープルなどはちょっとドキッとする色合いで、90年代のハイテック風な雰囲気が漂います。それでも意外とサマになってしまうのは、カラーチョイスとコーディネイト力の高さでしょうか?

リノカの代名詞であるアースカラーも多数展開しています。温かさを感じるような心地の良いボディカラーを選ぶのももちろんオススメです。

ワイルドだけど愛らしいカスタム

カラーボムのもう一つの特徴は、グッと張り出したオーバーフェンダーの存在です。前後ともに切りっぱなし風のデザインで、ボディにはビス止め。オフロードも走れるゴツゴツとしたタイヤを履けば、ワイルドなテイストが演出できます。四駆らしい力強さを感じさせるカスタムと言えるでしょう。

リノカの定番メニューとなっているヘッドライトのカスタムは、角目と丸目の両方を用意。さらにシンプルなブラックのフロントグリルには太字のTOYOTAのエンブレムが入り、印象的な顔付きに変貌します。

内装もリノベーション

ランクルプラドの90・95系は一番新しい車両でも2002年式となります。そこでリノカでは、内装もリノベーションすることで懐かしさも感じさせつつ今でも十分に乗ることができるように手を入れています。

カラーボムでは、パネルやシートのパイピングをボディカラーと同色にすることが可能です。シートは、レザー2色(黒/グレー)、ファブリック1色(グレー)、コンビ1パターン(グレーデニム x 黒レザー)を用意しています。古さを感じやすい室内をリノベーションして、好みの空間に仕立ててみてはどうでしょうか?

さらにカスタムして自分だけの1台を作ることも

カラーボムには、さらにホイールの変更や車高のリフトアップといった足もとのカスタムメニューや、ミラーのカラー変更、サーフボードキャリアといったオプションも用意されています。自分の好みやライフスタイルに合わせた1台を、お店のスタッフと一緒に作り上げていくのも面白そうですね。

>>自分だけのRenoca カラーボムを作ってみる

>>Renoca カラーボムの詳細はこちら

FLEXならではのメリットは?

リノカ仕様のランクルプラド「カラーボム」をFLEXで購入するメリットはどこにあるでしょうか?

ディーゼルエンジンモデルも大丈夫

FLEXは、数多くの車両を手掛けているので、さまざまなノウハウを持っています。車両特有のウイークポイントや、特定の年式に現れる症状やグレード違いによる差など、確認や対処しておくべきポイントを知っているので、走行距離の伸びた個体や年式が古い個体でもしっかりと走らせることができるのです。

また、ランクルプラドの90・95系はディーゼル規制の対象となるモデルもありますが、FLEXではNOx・PM規制解除の作業も行っていますので、「乗りたいけど、自分の住まいは規制対象地域だから登録できないよなぁ」という人も、諦めずに店舗に相談してみましょう。

>>FLEXのランクル専門店はこちらから

全国のFLEXの店舗で購入・メンテナンス・車検が可能

FLEXは北は北海道、南は熊本まで、全国的に店舗を展開しています。ランクル店ならば、どこでもカラーボムが購入可能。すでに仕上がっている車両の中から選ぶこともできますし、年式やグレードなどの希望に合ったベース車を探すところからでもOK。

もちろん遠方の店舗に在庫があった場合でも、近くの店舗で納車や日頃のメンテナンス、車検に対応してくれるので安心ですね。

COLOR BOMBで楽しむ自分らしいRenocaライフ

ワイルドなオーバーフェンダーとクラシカルなフロントマスク。そして選ぶ色によって印象がまったく変わるボディカラー。確かにこのクルマはランクルプラドですが、リノカの手に掛かると魅力あふれる的な1台となります。

ランクルプラドはラフな使い方にも耐えるタフな性能を持っているクルマです。リノカでランクルプラドをリノベして、今のクルマでは味わいにくい生活を楽しんでみては?

>>Renoca カラーボムの詳細はこちら

>>Renocaのブランドサイトはこちら【公式サイト】

トヨタ/ランドクルーザープラド
トヨタ ランドクルーザープラドカタログを見る
新車価格:
366.6万円554.3万円
中古価格:
85万円717.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別墅然然(べっしょささ)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザープラドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザープラドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザープラドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザープラドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる