カロッツェリア サイバーナビ2012 meets TOYOTA 86 vol.2 ~まるで近未来!AR HUDで愛車が最強のサイバーマシンに!~(1/3)

  • 筆者: 高山 正寛
  • カメラマン:オートックワン編集部
カロッツェリア サイバーナビ2012 meets TOYOTA 86 vol.2 ~まるで近未来!AR HUDで愛車が最強のサイバーマシンに!~
カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー 画像ギャラリーはこちら

待望のAR HUDユニットを装着して86は最強の“サイバーマシン”に!

カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビューカロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー

いやー、ドモドモ。カーナビ伝道師の高山・フランシスコ・ナビエルです!前回のレポートからかなり時間が空いてしまってごめんなさい。

オートックワン編集部のトヨタ86に装着したカロッツェリアのサイバーナビ「AVIC-VH99CS」、前回はナビの基本性能の高さや旧モデルより「どこか進化したのか」って部分をレポートしたんですが、今回やっと、というか来ましたよ。待望のAR HUDユニット『ND-HUD1』が!これを装着することで編集部が目指す最強のサイバーマシンの完成と相成るわけであります。

ちなみに前回も少し触れたけど、筆者が使っている昨年のモデルである「AVIC-VH09CS」もバージョンアップを行えば、このHUDユニットを装着して使うことができるのである。

すでに対応させるためのバージョンアップデータはパイオニア側から配信されており、筆者もアップデート完了。あとはこのHUDユニットを買うだけなのだが、ここはもう我が家の財務大臣からの認可待ち?だけでして・・・(弱気)。

ま、近いうちには装着する予定であります。トホホ。

世界初の革新的技術、それを達成した秘密とは・・・

トヨタ 86 オートックワン号

さて、しばらくぶりに編集部の86を見て、アレかなり違うんじゃないの?ヘンシュウチョー、って聞いてみたら「何言っているのナビエルは~、キミが原稿書いてこない間、うちの86は日々進化しているんだよ!」って、あっ、しまった自ら墓穴掘ってしまったわい(汗)。

詳細はオートックワンの「トヨタ86カスタマイズ大作戦」をお読みいただきたいが、個人的にもトムスのエアロパーツのフィット感はかなり評価高し!!

最近あまりエアロパーツとか買っていないけど、こういうのを見ると改めて「欲っし~」と思ってしまうのも筆者の物欲魂全開の性かもしれませんな。

カロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビューカロッツェリア サイバーナビ「AR HUD」レビュー

さて、少々話が横道にそれましたが、注目のAR HUDユニットについて解説しましょう。

まず、このユニットを装着することで実現できることは一体何か?なんと言っても、世界初となるAR=これを拡張現実と言いますが、フロントガラス前方へ運転に役立つ各種情報をフルカラーで表示することができるわけです。

実はこの“フルカラー”ってのがスゴイわけなんですよ。

簡単に解説すると、AR HUDユニットの光源はRGB(色の三原色)レーザー、今まで自動車メーカーがオプションまたは標準装備してきたHUDは単色のみだったのがフルカラーになったわけですから、表示できる情報の量や質も圧倒的なわけです(表示できる内容は後述)。

では、なんでパイオニアがこんな凄い技術を商品として具現化できたのか!

そう、皆さん忘れていませんか?パイオニアは元々、総合音響メーカーなんですよ。最近の若い人は知らないかもしれませんが、昔「レーザーディスク」っていうAVメディアがあって、DVDの前はこれが主流だったのです。この他にもブルーレイディスクプレーヤーやPC用のドライブなど、光学系の商品を現在も数多く世に送り出しているわけです。

これらを含め、数多くのノウハウを持つパイオニアだからこそ、世界初となるこのRGBレーザーを使ったHUDを作り出すことができたというわけ。

ちなみにプチ自慢で恐縮ですが、私、パイオニアから販売されていた「レーザーアクティブ」っていう伝説の商品を持っております。ホームオーディオをかじっていた人なら「オー懐かしい」って思ってもらえるんじゃないかと。

ま、余談ですけどね。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
高山 正寛
筆者高山 正寛

1959年生まれ。自動車専門誌で20年以上、新車担当デスクおよびカーAV記事を担当。途中5年間エンターテインメント部門で書籍編集長を歴任後1999年フリーへ転身。フリーランスとして年間ほぼすべての国内における新型車への試乗および新車インプレッションを行う。またITS EVANGELIS(カーナビ伝道師)としてカーナビを含めたITS関係、カーエレクトロニクスから先進技術、また通信関連、PCや携帯電話などの執筆も行う。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる