スズキ ワゴンRスマイル人気でついにワゴンRが首位に立った! ハイトワゴンサイズのスライドドアが軽自動車の主流となる!?

画像ギャラリーはこちら
全国軽自動車協会連合会が発表した2021年10月の軽四輪車通称名別新車販売台数で、首位に君臨し続けたホンダ N-BOXを引きずり下ろしたのがスズキ ワゴンRだ。

現行ワゴンRは2017年に登場した6代目だが、なぜ1位になることができたのだろうか。その立役者である派生車種、ワゴンRスマイルが選ばれる理由を紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. ワゴンRが軽自動車販売ランキングでトップに!
  2. スライドドアは乗り降りのしやすさが一番の魅力
  3. 129万円台から用意される手頃な価格帯もワゴンRスマイルが人気の理由だ
ワゴンRスマイルの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ワゴンRが軽自動車販売ランキングでトップに!

販売台数ランキングには2021年9月に発売されたばかりの派生車種、新型ワゴンRスマイルも含まれている。それ以前のワゴンRの順位は9位~12位とくすぶっていただけに、新型ワゴンRスマイルの影響が大きいことがわかる。

新型ワゴンRスマイルの大きな特徴は、ワゴンRサイズの全高1695mmでありながら後席にスライドドアを装備していることだろう。

これまで軽自動車の主流はホンダ N-BOXをはじめ、スーパーハイトワゴンと呼ばれる全高1700mm超でスライドドアを持つモデルだったが、徐々にその様相が変化している。

新型ワゴンRスマイルの開発にあたり、スズキが行った調査ではワゴンRユーザーの約40%が「ワゴンRサイズのスライドドアが欲しい」とスーパーハイトワゴンより小さなサイズでのスライドドアニーズがあることがわかった。また、同様のサイズで新型ワゴンRスマイルのライバル車種とも言えるダイハツ ムーヴキャンバスがことから、誕生した。

スライドドアは乗り降りのしやすさが一番の魅力

スライドドアのメリットといえば、やはり開口部が広いことが一番に挙げられる。

スズキ ハスラーやワゴンRなどに採用されている「ヒンジドア」ではかがみながら斜めに乗り込まなければならないが、スライドドアは広く開けられること、段差がないことなどから乗り降りしやすい。

さらにパワースライドドアが備えられていればスイッチを押すだけで自動で開閉することができ、子どもや高齢者であっても開けやすい。またドアを左右に開くスペースが必要ないため、強風などでドアが必要以上に開けられ、隣のクルマにぶつけてしまう「ドアパンチ」の心配がないこともメリットだ。

129万円台から用意される手頃な価格帯もワゴンRスマイルが人気の理由だ

また、スライドドアでありながら価格が安価であることも魅力だ。

新型ワゴンRスマイルには3つのグレードが用意されている。価格(税込)はガソリンエンジンの「G」が129万6900円、マイルドハイブリッドを搭載する「ハイブリッドS」が147万2900円、「ハイブリッドX」が159万2800円。

ホンダ N-BOXの価格帯が142万9000円から223万3000円であることからも、スライドドアモデルでありながら比較的安価に感じられる価格が、スーパーハイトワゴンほどの高さが必要でない人にとっては魅力的なモデルとなっている。

Gグレードでもスズキの予防安全機能「スズキセーフティサポート」など一般的な装備は備わっている。ハイブリッドSは両側スライドドアの電動機能や運転席の調節機能、運転席のシートヒーター、チルトステアリングなどを装備。

さらにハイブリッドXはハイブリッドSに約12万円追加することで、LEDのライト類、6スピーカー、360度プレミアムUV&IRカットガラス、右側後席のパーソナルテーブルなどが備えられており、装備面でも充実している。

華やかなボディカラーもワゴンRスマイルの人気を高めている

ほかにも、ボディカラーに設定される2トーンをはじめとする12色の個性的な色合いや、広瀬すずさんが新型ワゴンRスマイルを紹介するテレビCMもワゴンRスマイルの魅力をさらに高めている。

ユーザーニーズに応えたハイトワゴンサイズのスライドドアの新型ワゴンRスマイルは、これからも順調に販売台数を伸ばしていきそうだ。もしかすると今後新たな軽自動車の主流となり得るかもしれない。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
129.9万円215万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる