新型ジムニーは国内外で早くも話題沸騰!200万円以下で手に入る最強オフローダーに期待大

200万円以下で世界屈指のオフロード性能が手に入る唯一の車両

発表前から大注目を浴びている新型ジムニー、果たして売れるだろうか?

このクルマの面白さは「久し振りに登場した200万円以下で買える、クルマ好きが気になるクルマ」という点にある。

こう書くと「アルトワークスなどもクルマ好きを意識しているのでは?」と思うかもしれない。

確かに200万円以下で楽しいクルマは存在するものの、性能という点で高価なクルマに勝てず。アルトワークスをサーキットに持って行って走らせたら、1.3リッタークラスのスポーティモデルに勝てない。

一方、ジムニーの場合、2000万円級の本格的なクロカン4WDが走破できない状況をクリアしてしまう。

■【画像】スズキ 新型ジムニー&ジムニーシエラの詳細をチェック

世界でも一目置かれるジムニーという存在

200万円以下で世界TOPクラスのパフォーマンスを楽しめるジムニーは、唯一無二の存在と言って良い。お金持ち&予算に余裕のある人でも、性能を評価してジムニーを買うのだった。ジムニーが世界的な人気(海外だとジムニーシエラ)になっている要因だったりして。

実際、新型ジムニーは早くも世界的規模で注目され始めている。欧州のデザイン事務所が新型ジムニーベースのカッコ良いCGを発表したり、タイに代表される東南アジアではドレスアップパーツの開発も始まっているという。はたまたオーストラリアのラリー仲間から「予約したよ!」というメール来た。

安全性能の大幅アップで日本市場でも人気復活か

世界のみならず、新型ジムニーは日本でも売れる要素をキッチリ持っている。その筆頭が安全性だ。

従来型は自動ブレーキどころか、横滑り防止装置やサイド&カーテンエアバッグなど持っておらず、基本的に20年前のスペック。運悪く事故に遭遇したら、相当厳しいダメージを覚悟しなけばならない。専門家からすればとうてい推奨出来ず。

驚いたことに新型ジムニーは、白ナンバーの普通車を含め最高クラスの安全性を持たせてきた。本格的クロカン4WDの自動ブレーキ付きモデル、世界的に見たって少ない。未だ軽自動車だと少数派のサイド&カーテンエアバッグも標準装備。誰にでも自信を持って推奨出来るレベル。

魅力を増したデザインで、今後のカスタムの可能性に期待

デザインだって飽きない。従来型ジムニーは、どちらかとえばファニーで可愛らしい雰囲気だった。新型になって全く方向性を変えている。メルセデスのGクラスのパクリだと言われたら「そうかもしれない」だけれど、ドレスアップのベース車両として考えたら面白い。

今後、世界的な規模でいろんなパーツが出てくると思う。車高一つ取っても、ローダウンからリフトアップまで様々なバリエーション出てくるに違いない。手を加えられるクルマは盛り上がるし、飽きない。ジムニーシエラを含め、来年の東京オートサロンや大阪オートメッセの注目車になると思う。

決定的なのがリセールバリュー。伝統的にジムニーの中古車相場は高値安定。新型ジムニーを5~7年乗っても、新車の半額程度で手放せることだろう。もしかして新車価格から数年後に手放す価格(実質的なクルマの価格)を考えたら日本で一番安いクルマかもしれない。

[TEXT:国沢光宏]

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる