懐かしのデザインがレトロなジムニー「DAMD little D.」にぴったり! トーヨータイヤの復刻タイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)785」【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」のDAMD(ダムド)ブースに展示されていた「ジムニー little D」。大人気の現行型スズキ ジムニー(JB64/74型)をベースとするカスタムで、イギリスの名四輪駆動車である先代ランドローバー ディフェンダーをモチーフにしたフロントマスクが個性的だ。

コダワリいっぱいのダムドでは、足元にも手を抜くことはない。展示車では、クラシックなデザインで好評の「DEAN クロスカントリー(マットブラック)」ホイール+ボディ同色センターキャップを選択。クラシックなイメージを醸し出している。

目次[開く][閉じる]
  1. レトロなクルマにはレトロデザインのタイヤを!
  2. オシャレは足元から! クラシックデザインを引き締めるのは“タイヤ”だ
  3. 1980年代当時の初代OPEN COUNTRY(オープンカントリー)を復刻!

レトロなクルマにはレトロデザインのタイヤを!

DAMD(ダムド)ブースに展示されていた「ジムニー little D」では、装着するタイヤにも注目したい。それが、トーヨータイヤ(TOYO TIRES)の「OPEN COUNTRY 785」(参考出品)である。

実はコレ、かつて同社で販売されていたタイヤの復刻版なのだ。

オシャレは足元から! クラシックデザインを引き締めるのは“タイヤ”だ

クルマの印象を決める要素に、タイヤの影響は思いのほか大きい。現代車の外観をいかにクラシカル・レトロにしても、もしくは1980年代から90年代のヤングタイマー車やネオクラシックカーに乗っていても、足元は現在販売されているタイヤの形状・トレッドパターンやサイドウォールのデザインが最新のものだと、どこかに違和感を覚えるのも事実。

そのため、当時を反映したちょっとクラシカルなデザインのタイヤに履き替えることで「あの頃の時代感」が出て、旧車の雰囲気もグッと引き締まる。

しかしタイヤは劣化するため、当時のタイヤを装着し続けるのは危険だし、命を預けるタイヤは新しい設計のほうが良いのは言うまでもない。

1980年代当時の初代OPEN COUNTRY(オープンカントリー)を復刻!

そこでトーヨータイヤは、当時の姿そのままに、現代の最新技術で「OPEN COUNTRY(オープンカントリー) 785」を復刻。走行性能や静粛性、安全性に優れ、見た目はレトロという理想的なタイヤを生み出した。

サイドウォールの文字も、真っ白ではなく少し色がかかっているのも、当時のタイヤらしさが出ている。ジムニーのレトロ風カスタムに最適なタイヤと言える。今回はあくまでも参考出品だと説明するが、今後の正式な発売にも大いに期待したい。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二・DAMD]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円190.3万円
中古価格:
22万円390万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる