本気の「お遍路」仕様!? 和室の軽キャンパー「ミニチュアークルーズ遍路」【GO TO OUTDOOR】

  • 筆者: 武内 祐徳(MOTA)
画像ギャラリーはこちら
アウトドア好きのMOTA編集部員が見つけた、魅力的なキャンピングカー/車中泊仕様のクルマをピックアップする当記事。

今回は香川県のキャンピングカービルダー「岡モータース」が造るスズキ エブリイのキャンピングカー「ミニチュアクルーズ遍路」です。

>>畳風ベッドマットや間接照明付きの障子窓!? 「ミニチュアクルーズ遍路」の内外装を画像で見る![46枚]

自家用車での遍路をより快適する、本気の遍路仕様キャンピングカーをご覧ください!

快適に八十八ヶ所の霊場巡拝が可能な軽キャンピングカー

軽自動車の中でも最大クラスの荷室空間を持ち、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能など安全装備も充実、クラストップの燃費性能など、仕事の相棒にも最適な軽バンであるスズキ エブリイ。

以前、そのエブリイを上質な空間を持つキャンピングカーに変身させた「ミニチュアクルーズ」を紹介しました。

今回は、そんな大人の旅を優雅に楽しむミニチュアクルーズに、四国ならではの「お遍路」というコンセプトをプラスした「ミニチュアクルーズ遍路」です!

クルマでお遍路!?と思われる方もいるかもしれませんが、今は歩き遍路だけでなく、いまは自転車や自家用車でのお遍路を楽しむ人も増えているんだとか。

そんな中、四国に本社とショールームを構えるビルダーが、快適なお遍路や四国の旅を楽しめるようにと造り上げた軽キャンピングカーがミニチュアクルーズ遍路というわけです!

ひのき柄で統一された和テイストな室内ですが、雰囲気だけではなく、専用の装備によって快適なお遍路が可能となっています。

特別仕上げで造り上げた畳み風のベッドマット

ベッドマットは遍路エディション専用の特注畳み風仕上げ。汚れに強く掃除が楽々な素材が採用されています。

見た目は畳ですが、スタンダードなミニチュアクルーズと同様に50mm厚で3重構造ウレタンで構成されたコンフォートベッドマットなんです。

そしてこのベッドは21段階でリクライニングするので、座椅子に座ったようにゆっくりと休憩が可能です!

ベッドの下には200Lの収納スペースが用意されており、こちらにオプションの温冷蔵庫を設置することもできます。歩いた後に冷たい飲み物が飲めるのも、快適お遍路には欠かせませんよね!

ちなみに後部ベッド下にも100Lの大型収納庫を装備しており、折り畳み椅子やテーブルなども収納可能となっています。

飾り障子・七色間接照明付きのキャビネット

右リアには飾り障子と七色間接照明付きのキャビネットが設置されています。

さらに、室内天井中央には3灯並びのLEDダウンライトが室内を柔らかく照らしてくれることで、癒しの空間をつくりあげています。

このキャビネットには跳ね上げ式テーブルも設置されており、広いスペースで作業ができるところが大変便利です。

シャッター式収納庫付のキャビネット(本棚付き)

左リアキャビネットにはシャッター付きの収納庫や本棚が用意されています。参拝の証を残す納経帳やガイドブック・地図などを収めるのに最適ですね。

キャビネット収納庫の取っ手にもこだわっており、日本古来の家具に使用される重厚な質感となっています。

杖ホルダー&スライドフック

お遍路に欠かせないのは「白衣」「輪袈裟」「菅笠」「金剛杖」の4点セットです

そこで、2人分の杖を収納するキャビネット備え付け杖ホルダーを標準装備。かさばることなくスッキリ収納できる親切設計。

さらに左リアキャビネット側には、菅笠や白衣などを掛けるのに便利なフックを4ヶ所用意。自由な使い方に対応できるようフリースライド仕様となっています。

車両詳細

・スズキ エブリィバン

・定員 乗車4名/就寝2名

・全長3395mm×全幅1475mm×全高1895mm

・サブバッテリー(85Ah)/DC12Vコンセント 各1ヶ所

・シンク周りはオプション

・価格は185万円(税別)から

日本のキャンピングカーらしい、和み演出が各部に施され、安らぎの空間を造り上げられていましたね。

小回りが利き、運転のしやすいエブリイ「ミニチュアクルーズ遍路」に乗って、四国の街並みや自然、土地の食や温泉を楽しみながら、快適に八十八ヶ所の霊場を巡拝してみてはいかがでしょうか?

内外装をもっと見たい!という人はフォトギャラリーをチェックしてみてくださいね。また、スタンダードなミニチュアクルーズの画像も用意しましたので、両車を比較して楽しむことも可能です!

▼もっと画像を見たい! 拡大して見たい人はフォトギャラリーをチェック!▼

>>「ミニチュアクルーズ遍路」の内外装を画像を見る![フォトギャラリー]

次回予告

次回も引き続きキャンプ好きのMOTA編集部員が注目するキャンピングカーを特集します!

掲載は2020年6月12日(金)の12時頃を予定しています! お楽しみに!

[筆者:武内 祐徳(タケウチ ヒロノリ)]

スズキ/エブリイ
スズキ エブリイカタログを見る
新車価格:
96.8万円153万円
中古価格:
14.9万円305万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者武内 祐徳(MOTA)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ エブリイの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ エブリイのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ エブリイの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ エブリイの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ エブリイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる