リアゲート部が収納に!? 未だかつてないスタイルのN-VANキャンパーが登場!【GO TO OUTDOOR】

  • 筆者: 武内 祐徳(MOTA)
画像ギャラリーはこちら
アウトドア好きのMOTA編集部員が「ジャパンキャンピングカーショー2020」に登場した魅力的なキャンピングカーをピックアップ!

今回はキャンピングカービルダー「ホワイトハウス」が展示していたホンダ N-VANのキャンピングカー「N-VAN COMPO STYLE-ONE」「N-VAN COMPO STYLE-TWO」です。

ハイエースなどに比べてボディサイズが小さいN-VANですが、リアゲート部分に機能を集中させた驚きのインテリアによって、超快適な車中泊やアウトドアを実現しているんですよ!

>>N-VANのリアゲートを封鎖!? 超便利そうな驚きの収納を画像でチェック![53枚]

アウトドア好き・車中泊に興味がある人は是非チェックしてみてくださいね!

目次[開く][閉じる]
  1. ベース車両はホンダ N-VAN
  2. 小さなN-VANに驚きの収納レイアウトで機能が充実!
  3. N-VAN COMPO STYLE-ONE
  4. N-VAN COMPO STYLE-TWO
  5. 次回予告

ベース車両はホンダ N-VAN

ホンダ N-VANは仕事の相棒としても最適な実用性・機能性の高さにより人気の軽バンです。

■ホンダ N-VANの特徴

・ベーシックな「G」と「L」グレード以外に「+STYLE FUN」「+STYLE COOL」という遊びにも使いたくなる内外装・カラーバリエーションを追加したグレードもラインアップ

・実燃費は20km/l前後と商用バンの中では圧倒的に良い燃費

・助手席側のBピラーを取り除いた「センターピラーレスドア」により、サイドから大きなモノを入れたり、人の出入りがしやすい

・フロントエンジンであるため、座席下にエンジンがあるキャブオーバータイプよりも静かで低床

・ホンダセンシングを搭載しており安全機能も充実

そんなN-VANをベースにし、N-VANならではの驚きの配置を行ったキャンピングカーを紹介していきます!

▼ホンダ N-VANについて詳細が気になる人は下記記事をチェック!▼

小さなN-VANに驚きの収納レイアウトで機能が充実!

ホワイトハウスブースに展示されていたN-VANのキャンピングカー「N-VAN COMPO(コンポ)」は全5グレードが用意されています。

今回紹介するのはそのうちの2つ「N-VAN COMPO STYLE-ONE」「N-VAN COMPO STYLE-TWO」です。

前回紹介した「N-VAN COMPO POP(コンポ ポップ)」では、小さなクルマを出来るだけ拡張させるというコンセプトでした。

▼前回紹介した「N-VAN COMPO POP(コンポ ポップ)」の記事はこちら▼

しかしSTYLE-ONEとSTYLE-TWOは、出来るだけコンパクトに機能を凝縮させながらN-VANの機能や室内空間を利用しつつ、キャンピングカーとしての居住性を高める工夫がされていました!

N-VAN COMPO STYLE-ONE

この「STYLE-ONE」の特徴は、リアゲート部を壁面として利用していることです。収納やテーブル、シンクがリアゲート周辺に集められています。

通常の軽キャンパーにとって、リアゲートは一番開口が大きく、ラゲッジスペースへのメインの出入り口という扱いですよね。しかしN-VANは左サイドにピラーレスの大きな開口を持つため、そちらをメインの出入口とし、このような使い方にしたそうです。

このレイアウトのメリットは?

このレイアウトのメリットは、室内側からだけでなく、リアゲートを開ければ外側からもシンクが使えたり、収納棚に置いた調理器具等が取り出せるというところ。

天気が良ければリアゲートを開けて外で調理をしても良いですし、寒くて外に出たくない! なんてときは室内でもシンクが使えちゃいます。

他社のキャンピングカーでは取り外しタイプのシンクを用意しているところもありますが、これなら取り外しすら不要で簡単に使用できますね。

ベッドスペース確保のために、天井付近に集約された収納!

収納や電子レンジなどを出来るだけ天井付近にまとめており、寝るためのスペースを最大化しているのもポイント。運転席を180度回転させれば、大人2人が寝ることだって可能なベッドスペースも確保されていました。

4人乗車も可能! 折り畳み可能なベッドスペース!

こちらのベッドキットは折り畳みが可能となっており、ベッドを収納すれば、後席も利用できるようになっています。

N-VANのスペースを上手に活用!

N-VANのラゲッジスペースの拡張機能を利用し、シンク用の水タンクが格納されていたり、ちょっとしたスペースに収納バッグが設置されていて、調理に必要なペーパー類などが収納できるようになっていたりと、スペースが余すところなく活用されています。

網戸やテーブルなど便利なアイテムも!

スライド網戸や展開式の吊りテーブルなど、キャンプにおいて便利なアイテムもセットされているのが嬉しいですね。

▼もっと画像を見たい! 拡大して見たい人は下記のフォトギャラをチェック!▼

>>N-VAN COMPO STYLE-ONEの画像をもっと見る!

N-VAN COMPO STYLE-TWO

STYLE-ONEと同様に、リアゲート部を壁面として利用し、バッグ式の収納やテーブルが配置されています。

デザイン重視でスマートな収納構成

STYLE-ONEはSTYLE-TWOよりもシンプルな構成となっており、見た目もスマート。室内は白と黒のコントラストや収納扉の曲線も美しく、デザインを重視した造りとなっています。

STYLE-ONEと同様に便利な十分なスペース・便利な機能を搭載

こちらも大人2人が寝ることができるフラットベッド、電子レンジや調理の幅が広がる2つのシンク、多彩な収納棚、スライド網戸もセットされており、機能も十分。

ユーザーが自由にモノを配置できる棚が用意されており、STYLE-ONEに比べ自由度も高く、インテリアにこだわりのあるユーザーに最適な造りとなっています。

▼もっと画像を見たい! 拡大して見たい人は下記のフォトギャラをチェック!▼

>>N-VAN COMPO STYLE-TWOの画像をもっと見る!

STYLE-ONEもTWOも、N-VANの特徴を活かした軽キャンパーとなっており、新しいフォーマットを作り上げたのではないでしょうか!

次回予告

次回も引き続きキャンプ好きのMOTA編集部員が注目するキャンピングカーを特集します!

掲載は2020年5月1日(金)の12時頃を予定しています! お楽しみに!

[筆者:武内 祐徳(タケウチ ヒロノリ)]

ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
122万円183.3万円
中古価格:
88万円1,324万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者武内 祐徳(MOTA)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-VANの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-VANのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-VANの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-VANの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-VANのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる