物流革命勃発!? 荷物の現在地をリアルタイムで管理できる【未来モビリティ総研】

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
AmazonやUbereatsが普及している現代だが、意外にもコンテナの荷物の現在地をリアルタイムで把握・管理することはなかなか難しい状況だ。現段階ではドライバーが「出発しました」や「無事に配達完了」というように、スタートとゴールは把握できても、この辺を走っている程度の曖昧な状態なのである。そんな不安を解消する夢のマシンをご紹介!

>>これなら長距離運転も楽勝? 超豪華な最新トラックの運転席はコレ

リアルタイム管理で物流はもっと効率アップ

物流業界の課題を解決すべく、音響部品やコネクタなどの電子部品を手がけるホシデンが、物流の見える化を実現する「Atlas Native トラッカー仕様」を製品化に向けて現在開発を進めている。

製品化されれば、港にある荷物が現在どこにいて、何時頃目的地に到着するなどを、Web上でリアルに管理できるのだ。加えて、荷物の紛失や盗難、さらには荷物の滞留を防ぐことも可能になるなど大幅な効率化+リスクカットに繋がるのだ。

手のひらサイズの超コンパクト

具体的にはAtlas Native トラッカー仕様をコンテナに積まれているパレット一つ一つに装着し、発信するというもの。このマシン本体のサイズは、100×65×25mmとかなりコンパクトなうえ、たった120g程度と軽いため、荷物の邪魔にならないのも魅力の一つ。

現時点での測位精度は数km程度というが、これまでリアルタイムの管理が難しかっただけに、物流会社にとっては嬉しいマシンだ。開発中とのことだが、一早い製品化に期待したい!

毎週月曜日は未来モビリティ総研の日!

休み明けであまりやる気が出ない月曜日……。そんなあなたもワクワクしちゃうような未来のクルマ社会を紹介します。 昼休みに同僚に話すのもよし! 酒の肴にするのもアリ! といったイメージで、楽しい未来をマジで考えてしまおう♪ という企画です。

来週の月曜日は「中国からやってきた小さなEVで生活は変わる?」をお送りします。じつは、中国では子どもの送り迎えやちょっとしたお買い物に重宝がられているという超小型EV。世界各国の自動車メーカーが小型モビリティのコンセプトモデルを発表しているなか、中国製のEVが日本に上陸! 驚きの値段や原チャリ並みの維持費など魅力満点の小さいなEVを詳しくご紹介!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる