バド桃田選手に重傷を負わせたクルマはハイエースの“パクリ”カーだった! 中国コピー車に潜む本当の怖さとは

画像ギャラリーはこちら
バドミントン男子シングルス世界ランク1位で、東京オリンピック2020出場も確実視されている桃田 賢斗(ももた けんと)選手(25歳・NTT東日本)が2020年1月、遠征先のマレーシアで交通事故に遭遇。運転手は死亡し、桃田選手自身も全身打撲などで病院へ。その後の精密検査で右目の眼窩底(がんかてい)骨折が発覚し手術を実施。全治3か月と発表された。

注目したいのは事故の際に乗っていたクルマだ。一部報道ではトヨタ ハイエースとの記載があったがこれは誤報。実は中国メーカーによるハイエースの“パクリ”カーだった(正確には、そのさらにOEM車)。似てる・パクってると笑ってばかりはいられない、中国コピー車に潜む本当の怖さとは。中国などアジアの新車情報にも精通する自動車ライターの加藤 久美子がレポートする。

>>中国で独自開発されたトヨタ ハイエースのコピー車を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. 中国製自動車メーカーの“パクリ”カー事情はどう変化した?
  2. コピー車なのに…ハイエースやコースターを堂々と車名に
  3. バドミントン桃田選手が乗っていた1BOXワゴンはハイエース“パクリ”カーのさらにOEM車だった!
  4. これが3点式シートベルト!? ありえない!

中国製自動車メーカーの“パクリ”カー事情はどう変化した?

中国車といえば一時期、世界中のクルマをコピーしたかのような“パクリ”カーが話題になった時期もあった。しかし上海モーターショーなどに出展する大手自動車メーカーの乗用車に関しては、こうしたコピー車はほぼ絶滅したと言っていいだろう。2017年には出展されていた、ポルシェ マカン激似の『ZOTYE(ゾタイ) SR9』や、レンジローバー イヴォーク激似の「LANDWIND S7」なども、2018年の北京、2019年の上海では姿を消していた。ちなみに、「LANDWIND S7」については度重なる裁判の末、レンジローバー側が勝訴し、中国の裁判所がLANDWIND S7の生産中止を命じている。

民族系と呼ばれる中国メーカーの車両に関しても、近年はアウディやBMWなどドイツメーカーに在籍していたデザイナーによって設計されたクルマが増えているので、かつてのような「世界中のクルマの中から中国での人気車両をコピーしました!」という車は激減している。

しかし、その一方でワンボックスやマイクロバスなど、『乗用の商用車』に関しては、まだまだパクリ車が多数存在している。商用車の世界は正規のライセンス生産やOEMもあるため、一見すると見分けがつかない場合もある。もはや堂々とし過ぎていて、パクリの意識すらない模様だ。

コピー車なのに…ハイエースやコースターを堂々と車名に

中国では、トヨタ ハイエース(1BOXバン)やコースター(マイクロバス)は、もはや一つのブランドというか、一般名詞として認識されている。

トヨタ自動車から正式な認可を受けてハイエースをライセンス生産しているメーカーも存在しており、華晨汽車集団有限公司の金杯(ジンベイ) 海獅(ハイエース)がその代表だ。

しかし完全なパクリなのに「九龍 コースター」など「メーカー名+コースター」を付けて堂々と販売されている車もある。

10~18人など多人数が乗れるワンボックス車=ハイエース、それより大きなマイクロバス車=コースター等、勝手に名前を付けたり、通称のような形で呼ばれたりするのも当たり前だ。

中国でも大人気のアルファードもコピー車が存在する!

トヨタ アルファードのパクリ車も存在する。ワンボックスやマイクロバスの世界ではトヨタ車が絶大な人気と信頼を得ているので、外観や内装の雰囲気、車両コンセプトなどもコピーしているのだ。

写真のこちらは、旧型アルファードのパクリ車。

2017年の上海モーターショーに出展されていた、九龍 エフィという車だ。乗車定員は4名~5名とゆったりとした造りで、床は厚いカーペット(これもアルヴェルに良く似ている)が敷かれており、ドアもスライドドアを採用している。

だが、このドアの合わせが最悪だ。ドアの薄さにも驚くが、何よりドアが浮いている(半ドアではない!)。見た目だけは似せたつもり(もちろん、よく見れば全然違うし、内装の質感なども全く違うのだが)かもしれないが、罪深いのはその「安全性」である。コストがかかる安全性の部分までは当然、コピーするはずもない。

バドミントン桃田選手が乗っていた1BOXワゴンはハイエース“パクリ”カーのさらにOEM車だった!

マレーシアで事故に遭った桃田選手が乗っていた車を改めて紹介しておこう。

こちらは、前述した中国・九龍自動車が生産しているハイエースのパクリ車で間違いないが、実は、エンブレムは九龍の車両とは異なっている。これはマレーシアCAM社のエンブレムで車名は「PLACER X」となる。

つまり、こちらは中国・九龍商用車『A6』がマレーシアCAM社にOEM供給した車両ということ。OEMとは、「Original Equipment Manufacturer」の略で、日本の自動車メーカーでも多数存在している。

例えば、三菱 デリカD:2はスズキ ソリオのOEM車で、マツダ キャロルはスズキ アルトのOEM車となる。

ただ単に車両を提供しているだけではなく、トヨタ 86とスバル BRZのように「共同開発」「技術提携」という形のOEM車も近年は増えている。

パクリカーをOEM供給する、中国や東南アジアの自動車メーカー事情

いずれにしても、九龍A6とPLACER-Xのようにパクリ車をOEM供給する体制は、日本の感覚としてはなかなか理解できない。中国や東南アジアのメーカー間ではそれほど珍しい事でもないのだろう。もしかすると、本物のハイエースだと思っている可能性も否定できない?

全長5990×全幅1880×全高2285(mm)でホイールベースは3720mm。シートは10-18席の間で選択ができる。おそらく桃田選手が乗っていたモデルはシート列の感じから18人乗りだったと思われる。

公式サイトのトップページには「BESTSELLER 18SEATER VAN IN MALAYSIA」(マレーシアで最も売れている18人乗りのバン)と誇らしげに記されている。

これが3点式シートベルト!? ありえない!

パクリ車は見た目が一番で、安全性などは二の次である。それが良く分かるのがシートベルトだ。

後部座席に関しては2点式、3点式とあるようだが、カタログには「PLACER X」には全席3点式シートベルトが装備されているようだ(Webサイトなどを見ると腰回りだけの2点式シートベルトの車種も存在するようだ)。

しかし、これも腰ベルト周りはかなり不思議な形状だ。シートベルトメーカーで設計を担当していた知人に見せたところ「これでは、腰回りも肩回りの拘束も全くできないのでは?」と驚いていた。

正しくベルトを着用していたとしても、肩回りの拘束力がとくに低く、頭をぶつける危険が大きい。

ベルトだけではなく、シートレイアウトも問題だ。日本の保安基準では安全な空間を確保するために前席との距離が厳格に定められているが、中国やマレーシアにそのような基準があるかは不明。全長6mとはいえ、6列もあれば前席との距離もかなり近く、怪しい3点式ベルトでは衝撃を受けた際、簡単に前席の背もたれやピラーなどに顔や頭をぶつけてしまいそうだ。

桃田選手のような超VIPを運ぶクルマとしてはあまりにもお粗末で危険な偽(ニセ)ハイエース。日本バドミントン協会は今後、海外遠征時の選手輸送には(ミニバンやワゴンではなく)大型バスの使用を提案するそうだが、重要なのは車のサイズではなく安全性だ。パクリではなく、 “本物の”アルファードやコースターなど、安全性も世界トップクラスとなる日本車を用意してあげて欲しい。

[筆者:加藤 久美子]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
この記事の画像ギャラリーはこちら
加藤 久美子
筆者加藤 久美子

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる