東京モーターショー2019 来場者の3割が未来体験目的!?【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
東京モーターショー2019では未来体験を中心としたトヨタブースやキッザニア、入場無料のOPEN ROADなど従来とは異なる新しいコンテンツを追加しました。来場者は何を目的に東京モーターショーへ訪れたのか気になる人も多いはず。そこで来場者の方々に突撃アンケートを行いました。
目次[開く][閉じる]
  1. 入場者数130万人以上! 前回から69%増 その理由は?
  2. Q.東京モーターショーに来た目的は何?
  3. 調査を終えて

入場者数130万人以上! 前回から69%増 その理由は?

東京モーターショー2019が11月4日に閉幕しました! 未来体験など新しいコンテンツが追加されたことにより、いつもとは違うモーターショーとなりました。その効果もあり、前回の東京モーターショー2017の約77万人に対して、東京モーターショー2019の来場者数は約130万人を超え、前回より50万人以上増えました!その新しい取り組みによって、はじめてモーターショーに参加するという人も多かったのではないでしょうか。

そこで今回は「東京モーターショーに来た目的は何?」という質問で、青海会場のトヨタブースの来場者にアンケートを実施しました。

■東京モーターショー2019でお披露目された新型車種や小型モビリティを画像で見る

Q.東京モーターショーに来た目的は何?

■新型車:58%

■コンセプトカー:46%

■EV:18%

■未来体験:28%

■試乗体験:14%

■コンパニオン:4%

※複数回答可(投票数:51票)

来場者は具体的に何を見に来ましたか?

■新型車

トヨタ 新型グランエース、ホンダ 新型フィット、ダイハツ 新型ロッキー、スバル 新型レヴォーグ、ホンダe、トヨタ スープラ、マツダ MX-30、日産 ARIYA

■コンセプトカー

レクサス EVコンセプト、トヨタ LQ

■試乗体験

キックボード、i-ROAD

調査を終えて

モーターショーなので、新型車やコンセプトカーを観に来たという人は当然多かったですね! 一方で、新型車やコンセプトカーを目的に来た人だけではなく、未来体験をしたい人、小型モビリティを観に来たという人も多かったです。中には「テーマパーク感覚でデートで来ました。」「電動キックボードがやりたい、そのついでにクルマを観に来ました。」という人まで!

次の東京モーターショーは2019のようなテイストなのか、新しいコンテンツが追加されるのか今から楽しみですね!!

[筆者:MOTA編集部]

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問を調査する連載「みんなの声」をお届け! 次回もお楽しみに】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

特別企画の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事