autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 自動車評論家 藤島 知子が選ぶ! 年末年始オススメのクルマ映画

特別企画 2019/1/6 10:15

自動車評論家 藤島 知子が選ぶ! 年末年始オススメのクルマ映画

アメリカ パトカー
M760Li xDriveアストンマーティン・ジャパン:映画007シリーズのボンド・カー 7台が、10月5日にロンドン市内に登場!アストンマーティン 新型ヴァンテージアストンマーティン 新型ヴァンテージ画像ギャラリーはこちら

自動車評論家 藤島 知子が選ぶオススメ映画とは

映画に登場するクルマたちは、そのドラマを印象深いシーンに変えるエッセンスになり得たり、劇的なカースタントに圧倒されて、心に刻まれてしまうもの。スカッと爽快な気分になりたい時にオススメの映画がリュック・ベッソン監督の「TAXI NY」。

フォードのイエローキャブをドライブする恰幅のいい女性の黒人凄腕ドライバーが主人公。スイッチ一つでボンネットの上にスーパーチャージャーが飛び出す戦闘力の高いスーパータクシーのハンドルを握ってNYを爆走。そのうち、美女4人組の銀行強盗事件に巻き込まれ、犯人を打ちのめすストーリーですが、窃盗団が走るBMW 760Liは、アメ車と対極のフォーマルな妖しさを醸し出していて、妙にステキに見えてきちゃったりして。

ハリウッド映画も派手でワクワクしちゃうけど、紳士な反面、いざという時には超カッコよく悪役たちをやっつけてみせるイギリス映画も面白い。2017年製作の「キングスマン ゴールデン・サークル」は、普段はテーラーの看板を掲げる諜報機関「キングスマン」の主人公エグジーがストーリーの冒頭でロンドンタクシーをドライブしてカーチェイス。公園の池の底から、水の中、酸素ボンベも使わずに秘密基地に辿り着いちゃうスーパーマンぶりが笑えます。

アストンマーティン・ジャパン:映画007シリーズのボンド・カー 7台が、10月5日にロンドン市内に登場!

英国といえば、スパイ映画として長い間、世界中のファンの心を揺さぶって止まない「007」シリーズも外せません。ボンドカーにはアストンマーティンの「DB」モデルをはじめとする各世代の名車に加えて、BMWのモデルなども。そこに登場するクルマたちは、どれもストーリーを演出する上でヒーローや悪役の魅力を引き立てる存在感を放っていて、ドキドキさせられてしまうものばかりなんですよね。

[筆者:藤島 知子]

筆者: 藤島 知子

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR