自動車評論家 藤島 知子が選ぶ! 年末年始オススメのクルマ映画

画像ギャラリーはこちら

自動車評論家 藤島 知子が選ぶオススメ映画とは

映画に登場するクルマたちは、そのドラマを印象深いシーンに変えるエッセンスになり得たり、劇的なカースタントに圧倒されて、心に刻まれてしまうもの。スカッと爽快な気分になりたい時にオススメの映画がリュック・ベッソン監督の「TAXI NY」。

フォードのイエローキャブをドライブする恰幅のいい女性の黒人凄腕ドライバーが主人公。スイッチ一つでボンネットの上にスーパーチャージャーが飛び出す戦闘力の高いスーパータクシーのハンドルを握ってNYを爆走。そのうち、美女4人組の銀行強盗事件に巻き込まれ、犯人を打ちのめすストーリーですが、窃盗団が走るBMW 760Liは、アメ車と対極のフォーマルな妖しさを醸し出していて、妙にステキに見えてきちゃったりして。

ハリウッド映画も派手でワクワクしちゃうけど、紳士な反面、いざという時には超カッコよく悪役たちをやっつけてみせるイギリス映画も面白い。2017年製作の「キングスマン ゴールデン・サークル」は、普段はテーラーの看板を掲げる諜報機関「キングスマン」の主人公エグジーがストーリーの冒頭でロンドンタクシーをドライブしてカーチェイス。公園の池の底から、水の中、酸素ボンベも使わずに秘密基地に辿り着いちゃうスーパーマンぶりが笑えます。

英国といえば、スパイ映画として長い間、世界中のファンの心を揺さぶって止まない「007」シリーズも外せません。ボンドカーにはアストンマーティンの「DB」モデルをはじめとする各世代の名車に加えて、BMWのモデルなども。そこに登場するクルマたちは、どれもストーリーを演出する上でヒーローや悪役の魅力を引き立てる存在感を放っていて、ドキドキさせられてしまうものばかりなんですよね。

[筆者:藤島 知子]

この記事の画像ギャラリーはこちら
藤島 知子
筆者藤島 知子

通称「藤トモ」。スーパー耐久のレースクイーンを経験後、軽自動車レースに参戦したことがきっかけで様々なレースに参戦。レースで培った技術と女性ならではの視点が魅力の女性モータージャーナリスト。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる