自動車ライター 遠藤イヅルが選ぶ! 年末年始オススメのクルマ映画

自動車ライター 遠藤イヅルが選ぶオススメ映画「激突」

1971年に作成された有名な映画です。ご存知の方も多いと思いますが、手がけたのはスティーブン・スピルバーグ。の、無名時代。元は劇場公開用として制作されたものではなく、低予算のTV向け作品だったことはあまり知られていないかもしれません。

ストーリーは簡単すぎて、未見の方にはネタバレになってしまうので、書くのどうしようかなあ(笑)。簡単に書いちゃうと、主人公のセールスマンがカリフォルニアに向かう道路で、とあるタンクローリーを追い抜いたことから恐怖が始まる……そう、ただそれだけ。でも、カメラワークの秀逸さ、適度に使われるBGMが観ている人に不安を煽る、傑作映画です。

そして何よりも「主役」はクルマ。だけど、出てくるクルマのほぼ全ては主人公のデイビット・マン(デニス・ウィーバー)が乗るファミリーカーと、それを追いかけ回す(あ、書いちゃった)タンクローリーのみ。登場人物もほんのわずかで、タンクローリーのドライバーは顔が一切見えないので、「主人公がなぜ追いかけられなければならないのか」(あ、またネタバレっぽいこと書いちゃった)という得体の知れない感、恐怖感がさらに増幅されています。

無名時代でもスピルバーグの才能を感じる貴重な作品

さらに、このファミリーカーが当時のアメリカでは何の変哲もないベストセラーコンパクトカーの一つ、「プリムス ヴァリアント」というセダンというチョイスも素晴らしい。ヴァリアントのサイズは全長約4.8m、幅約1.8mもあり、エンジンは3.2もしくは3.7リッターの直6で、4.5/5.2/5.6リッターのV8もオプションで用意されていました。えっ、デカっ!全然コンパクトじゃないじゃん、という感じなのですが、当時のアメリカではこれでも「小さいクルマ」だったのです。ちなみに劇中で使用されていたのは1971年型と思われ、搭載エンジンは画面に出たシーンを見る限りでは直6ですが、V8モデルも使用されていたようです。

一方、主人公に恐怖を与え続ける、サビと汚れがただならぬ雰囲気を醸し出す古びたトラック(トラクター)は「ピータービルト281」。ドライバーの顔が見えない代わりに、ボンネットとヘッドライトがまるで顔のように見えるトラックをスピルバーグが選んだという逸話通り、丸いヘッドライトで無表情で迫り来るこのトラクターが本当にコワイのです。劇中では3台が使用されたようですが、本来搭載されていたカミンズ製のNTC−350エンジンではあんなに速く走れないそうで、劇用車ではCAT製の1674エンジンに換装されていたとの情報もあります。

なお、1973年に日本で公開された際の邦題は「激突」。でも、本当のタイトルは「DUEL(決闘)」です。なぜ“決闘”なのか?まだこの映画をご覧になっていない方でその理由を知りたいなら、ぜひ一度見てみてください。

シンプルなホラーの持つ奥深さと、スピルバーグという天才のチカラを知ることもできますよ!

[筆者:遠藤イヅル]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる