スズキ 新型スイフトは2022年に登場か!? 5ナンバーサイズをキープし初の電気式パーキングブレーキを採用! スイフトスポーツは2023年の予定

画像ギャラリーはこちら
スズキの世界戦略車「スイフト」が2022年ごろにフルモデルチェンジをする見込みだ。現行モデルは一部グレードを除いてマイルドハイブリッドを搭載しているが、新型スイフトは全車電動化モデルとなるのだ。そのうえ先進安全装備を大幅に向上させる予定だ。一体どんな仕上がりとなるのか!? 今わかっている情報をもとに予想していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. スイフトは2代目モデルから走行性能やデザインを大幅強化! 今やスズキの看板車種に
  2. 新型スイフトは全車電動化モデルに! ストロングハイブリッドも復活か!?
  3. 新型スイフトはスズキ初の電気式パーキングブレーキを採用
  4. 新型スイフトスポーツは2023年ごろか!? こちらも電動化へ

スイフトは2代目モデルから走行性能やデザインを大幅強化! 今やスズキの看板車種に

スズキ スイフトは冒頭に述べた通り世界戦略車という位置付けで、同社がもっとも注力しているモデルでもある。初代スイフトこそ当時存在した軽自動車のKeiの普通車版であったが、2004年に登場したモデルから世界戦略車となった。そして走行性能や内装の質感に至るまで、それまでのスズキ車とは比べ物にならないほど大幅に進化を遂げたのだ。その甲斐あって日本はもとより欧州や東南アジアと世界的に高く評価されたのだった。

3代目スイフトは名実ともに世界戦略車に! 累計販売500万台を達成へ

2010年に投入された3代目スイフトはキープコンセプトながら、新設計のプラットフォームを採用し、走行性能を大幅強化。2016年には世界累計販売500万台を達成するなど、名実ともにスズキを代表するモデルとなったのだ。

現行スイフトは電動化モデルもラインアップ!

現行モデルは2016年に登場し、2代目モデル比で120kgの軽量化に成功し走行性能と燃費を大幅アップ。そして先進安全装備も強化し、衝突被害軽減ブレーキはもちろん先行車を任意のスピードと車間距離で追従してくれるアダプティブクルーズコントロールも装備したのも特徴である。

パワートレインは1.2リッターと1.2リッターマイルドハイブリッド、そして1リッターターボモデルと発売当初は3種類のエンジンをラインアップ。モデル途中にはストロングハイブリッドモデルも追加するなど、地道な改良を続けてきたモデルである。

そんな4代目スイフトも登場から今年2021年には5年目を迎えているだけに、まもなくのフルモデルチェンジが予定されているのだ。

>>スズキを変えた立役者! スイフトは革命児だった【偉大なクルマ】

新型スイフトは全車電動化モデルに! ストロングハイブリッドも復活か!?

新型スイフトは2022年ごろの登場となりそうだ。初代モデルから一貫してスイフトは5ナンバーサイズをキープしているが、新型モデルも引き続き同じサイズとなる見込みである

最大のポイントは全車電動化となるうえ、先進安全装備が大幅に強化されるのだ。

まずパワートレインは現行モデルと同じ排気量となる1.2リッターエンジンとモーターを組み合わせるマイルドハイブリッドを中心にラインアップされる見込み。加えて、発進時はもとより高速巡航時などもモーターがアシストしてくれる本格的なストロングハイブリッドモデルを上級グレードとする見込みである。現行モデルのマイルドハイブリッドモデルは21.0km/h(WLTCモード)をマークしているが、10〜20%ほど燃費を向上させる見込みだ。

新型スイフトはスズキ初の電気式パーキングブレーキを採用

最大の目玉となるのは、先進安全装備の強化である。現行モデルは全車レバー式のパーキングブレーキを採用しているが、新型スイフトはスズキ初の電気式パーキングブレーキを搭載する。そのため、アダプティブクルーズコントロールは全車速タイプ、つまり渋滞時にも使用可能なものとなるのだ。

新型スイフトスポーツは2023年ごろか!? こちらも電動化へ

気になるハイパフォーマンスモデル「スイフトスポーツ」の存在だ。初代モデルから一貫してラインアップされているが、新型モデルにも用意される見込みだ。

おそらく登場は新型スイフトが発売されてから1年程度遅れての登場となりそうだ。

現行モデルは1.4リッターターボエンジンを搭載しているが、新型スイフトスポーツはそれに加えモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドとなる見込みだ。

>>スズキ 新型アルトワークスは初のマイルドハイブリッド搭載!? 先進装備の充実で車重はキープし、価格は160万円スタートか!?

新型スイフトは2022年、そして新型スイフトスポーツは2023年ごろの登場となる予定だ。未だボディデザインや価格といった具体的な情報は未だ明らかとなっていない状況である。今後は新たな情報が入り次第お伝えする予定だ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/スイフト
スズキ スイフトカタログを見る
新車価格:
137.7万円208.9万円
中古価格:
13.3万円338万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ スイフトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ スイフトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ スイフトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ スイフトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ スイフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる