ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート(1/2)

ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート
ポルシェ パナメーラ GTS ポルシェ パナメーラ GTS ポルシェ パナメーラ GTS ポルシェ パナメーラ GTS 画像ギャラリーはこちら

0→100km/h加速4.5秒、最高速度288km/hというゴージャスなフル4シーターモデル

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

ポルシェ車に冠される『GTS』の名称――1960年代に、“戦うため”に生まれた少数生産車『904カレラGTS』に端を発するそうした記号名が与えられたモデルは、このところは「自然吸気エンジンを搭載したホッテストバージョン」として知られている。

2007年にリリースされたカイエンGTSは、敢えてコンベンショナルなコイルスプリング式の専用ローダウン・サスペンションに、ベースとなったSグレード比で20ps増しとなるやはり専用チューンの自然吸気エンジンを組み合わせたモデル。

また、2010年のパリサロンで発表された911カレラGTS/GTSカブリオレと、それに続く4WD仕様のカレラ4GTS/GTSカブリオレには、やはりベース・ユニット比で23psとなる「シリーズ中で最も強力な自然吸気エンジン」が搭載された。

パナメーラGTSが用いた文法も、基本的にはそれらの各GTSと同様だ。専用プロフィールを持った吸気カムや、強化スプリングを用いたカムシャフトなどによって高回転型化が図られ、3500rpm以上で開くシャッターバルブが新設されたフィルターハウジングが、ボディ先端左右のインテーク・グリル内にレイアウトされた。

このモデル専用の4.8リッター自然吸気エンジンは、ベースのS/4S用ユニットに対して30ps上回る430psのピークパワーを、200rpm高い6700rpmという回転数で発する。3500rpmで発せられる最大トルク値も、20Nm増しの520Nm。

そんな出力を、7速のデュアルクラッチ式トランスミッション“PDK”を介して得られる4.5秒という0→100km/h加速タイムと288km/hという最高速は、同じ4WDシステムを擁する4Sグレード比では、コンマ3秒の短縮と6km/hの上乗せという関係になる。

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

エンジン出力をアップしただけではない

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS

より迫力ある『ターボ』グレード譲りの衣装を纏うのも、先行するGTSたちのやり方に準じている。

インテークの大開口ぶりが強調されたフロント・セクションと、ターボ付きモデルから移植をされた「上がりながら左右に開く」4way式のリアスポイラーなどによって、より迫力を増したボディには、同時にサイドウインドウのトリムや、リア・ディフューザー、サイドスカートやヘッドライトのインナーベゼルがブラックアウト化される事などで精悍さもアップ。

5色が用意されるインテリアは、レザーとアルカンターラによって適度にスパルタンな雰囲気が強調されると共に、フロントのドア・スカッフプレートやヘッドレスト、メーターパネル内に“GTS”の文字をあしらう事で、「特別なバージョン」である事をアピールする。

そんなこのモデルが単にエンジン出力をアップしただけではないというのも、すでに先行する各GTSに習っている。

エアサスペンションは標準状態で、すでに10mmローダウンの低く構えた姿勢を示し、ブレーキはより大きなキャパシティを備える『ターボ』グレード譲り。さらに好みとあらば、オプションでアクティブ・スタビライザー“PDCC”や電子制御式LSDと組み合わされたトルクベクタリング・システム“PTVプラス”、そしてセラミック・コンポジットブレーキ“PCCB”もチョイスが可能。

ちなみに、カイエンや911のGTSのようにMT仕様の設定そのものが存在しない理由としては、「パナメーラとなるとそうしたユーザーは想定し辛い」という事柄と共に、「4WDパナメーラ用のMTが存在していない」という2つが挙げられている。

ポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTSポルシェ パナメーラ GTS
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
河村 康彦
筆者河村 康彦

1960年東京生まれ。工学院大学機械工学科卒。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始し、現在に至る。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員 などを歴任。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ポルシェ パナメーラの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ パナメーラのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ パナメーラの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ パナメーラの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ パナメーラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる