番場琢選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(1/3)

番場琢選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」
番場琢選手と愛車の日産 アベニール 番場琢選手と愛車の日産 アベニール 番場琢選手と愛車の日産 アベニール 番場琢選手と愛車の日産 アベニール 画像ギャラリーはこちら

番場琢選手の愛車は、実用性重視のあの日産車!

今回のゲストは、2010年、スーパーGT300クラス「#9GOOD SMILE RACING with COX」から、あの“イタ車”・初音ミクGSRポルシェで参戦中の「番場琢」選手!

番場選手は現在韓国のトップカテゴリーである「スーパーレース・チャンピオンシップ」にも参戦されています。気さくな人柄と甘いマスクで韓国でも人気だという番場選手、その愛車は意外にもシブい、ニッサン アベニールでした。

番場琢選手と愛車の日産 アベニール

―このクルマを選んだ理由を教えてください

この前にカローラワゴンに乗っていたんですよ。それは片岡龍也君(レーシングドライバー)から譲り受けたものなんですが、不幸な事故が起きまして。中央自動車道を夜、走っているときに、鹿に当たって全損したんですよ!

同じタイミングでトヨタのスカラシップから卒業して、MOLAのZに乗ることになったんです。レースでZに乗るからには普段もニッサン車に乗ろうかな、と思って弟(ラリードライバー・番場彬氏)のお世話になってるクルマやさんに頼んで、用意してもらいました。

―どんな条件で頼んだんですか?

僕、クルマの運転が好きなんですよ。だからオートポリス(大分県のサーキット)までクルマで行ったりするんです。岡山国際サーキットだと100%クルマですね。だから、荷物が積めるワゴンタイプで、移動がラクなクルマ、とお願いしました。

―それにしても・・・年季入ってますね!

はい、フルに使い倒してます!このまえコレでサーキットも走ったし!

―え?コレで?!大丈夫だったんですか?!

あんまり大丈夫じゃない・・・けど、思ったよりもちゃんと走れました(笑)。

―失礼ながら申し上げますが、あんなにガタガタなのに!?(笑)

このロール感、ヤバいでしょ?(と携帯の画像を見せて)ダンパーも抜けているので、最初は不安だったんですけどね。でも、正直もっとダメだと思ってたんです。それ以上のパフォーマンスは見せてくれました。

―全然想像できないんですけど・・・

サーキットを走ったら、さらに愛着がわきました(笑)最初は愛着もなんにもなかったんですよ、本当は。ただのアシだと思ってたんです。でも古いから、ガタが来るじゃないですか。それでちょっとずつメンテナンスをしているうちに、どんどん可愛く思えてきまして。

―手のかかる子ほどかわいい心理ですね?

はい、まず“止まる”ことは事故を起こさないためにも大切ですので、僕が契約しているアクレのレース用のパッドとローターを入れました。そのあとコーティングもしたので、ボディは年式の割にキレイです。

―ちなみにどれくらい乗ってるんですか?

4年です。来た段階で走行は8万キロ。結構ボロだったんですよ。で、今17万キロですから乗り倒してますね。レーサーはカッコイイクルマに乗ってるってイメージがあると思いますが、自分は全然そんなことないです。実は市販車事情に疎くて・・・。

―じゃあそもそもどうしてレースの世界に入ったんですか?

基本的に争いごとに勝つのが好きなんです。それからスピード好きです。それの両方がかなえられるのがレースでした。子供のころ、母は僕を医者にしようと思って、相当勉強させられたんですよね。僕は算数が得意だったんですが、そのときも誰よりも早く解くことに命を懸けてました。

その母が亡くなって、落ち込んでるときにカートレースをやっている幼馴染のお兄ちゃんが観戦に誘ってくれたんです。で、気づけばそのまま・・・

―お兄ちゃんにしてみたらビックリでしょうね!

そうですね。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる