MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産、新型セレナを公開|2019年8月1日、マイナーチェンジを実施【8/8画像追加】

新型車解説 2019/8/8 12:35

日産、新型セレナを公開|2019年8月1日、マイナーチェンジを実施【8/8画像追加】

関連: 日産 セレナ Text: MOTA編集部
日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]
日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]画像ギャラリーはこちら

アルファードもびっくり!? 新型セレナ ハイウェイスターがイカツいフロントグリルに

2019年8月1日、日産は人気ミニバン「セレナ」のマイナーチェンジモデルを発表した。迫力を増したフロントマスクを新採用するなどデザインを一新するとともに、先進安全技術の「全方位運転支援システム」を全車に標準装備した。

続きは・・・

日産セレナがマイナーチェンジで“アルヴェル”も逃げ出す迫力マスクに[2019/8/1掲載:自動車ニュース]

オラオラ顔の新型セレナ、実車はなかなかの“オトコマエ”だった! マイナーチェンジした人気ミニバン「日産 セレナ」を画像でチェック[2019/8/10掲載]

    ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]

>>日産の人気ミニバン新型「セレナ」撮りおろし画像をフォトギャラリーで見てみる[画像60枚!]

※最新情報は上記のリンク先の記事をご覧ください。以下は2019年7月16日掲載の記事です。

日産は2019年7月16日、自社のWebサイトで人気Mクラスミニバン「セレナ」の次期モデルを公開した。

タイトルには「NEWセレナ この夏、登場」と銘打ち、TOP画像には正面向きに並んだ新型セレナ ハイウェイスターと、ノーマルモデルの2台が並んだ。なおWebサイトでは「この夏」と記載があるだけで、2019年夏の正確な発売開始時期など現時点では明らかにされていない。

セレナ ハイウェイスターはこれまで、太い横バーとVモーショングリルのテイストを組み合わせ、シンプルながら迫力あるグリル構成だったが、新型では大きく変身。メッキ仕上げの細い横バーを細かく組み合わせた形状に大きく変更され、高級感を加えた。ちょっとトヨタのLクラスミニバン「アルファード」をも彷彿とさせるような印象もある。グリルにばかり目がいってしまうが、バンパー形状もワイド感を増す造形となった。

ノーマルモデルも同様にバンパーやグリル形状に手が加わり、新鮮な印象だ。

先進安全装備の標準化により全車がサポカーSワイドに

「全方位運転支援システム」 イメージ[日産 新型セレナ(2019年8月1日マイナーチェンジ)]

「プロパイロット」に代表される先進運転支援システムも、新型セレナではさらに進化を遂げている。

Webサイトでは「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)全車標準」と表記され、これまで一部グレードのみの対象だった「サポカーS ワイド」が全車で適用となる模様だ。

カメラとレーダーを用いた衝突被害軽減「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、昼間に加え夜間の作動についても記載が追加。前後方向の踏み間違い衝突防止アシストもこれまでのオプションから標準化される模様だ。さらに従来のハイビームアシストに加え、クラス初のアダプティブLEDヘッドライトシステムも設定されるほか、RCTA(後退時車両検知警報)も備わる。

ボディカラーは13種類を設定

日産 新型セレナ(2019年夏発売予定)/新色4色を含む全13種類のボディカラー【日産自動車「セレナ」ティザーサイトより(2019年7月13日)】日産 新型セレナ(2019年夏発売予定)/新色4色を含む全13種類のボディカラー【日産自動車「セレナ」ティザーサイトより(2019年7月13日)】日産 新型セレナ(2019年夏発売予定)/豊富なインテリアカラー(内装色バリエーション)【日産自動車「セレナ」ティザーサイトより(2019年7月13日)】

Webサイト上では内装色のパターンは、グレー&ブラックインテリアのほか、キルティング風の表皮処理が加わるプレミアムインテリア、ブラックインテリア、グレージュインテリアの4種類が掲載される。

ボディカラーは新色のサンライズオレンジとダークメタルグレーが、ダイヤモンドブラックとの2トーンで設定されるほか単色でも用意されるなど、全13種類が設定される。

日産 新型セレナ 最新情報はこちらをチェック!

日産セレナがマイナーチェンジで“アルヴェル”も逃げ出す迫力マスクに[2019/8/1掲載:自動車ニュース]

日産 新型セレナ ティザーサイト[日産自動車 Webサイト]

>>日産の人気ミニバン新型「セレナ」最新画像をフォトギャラリーで見てみる[画像60枚!]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR