MOTAトップ 記事・レポート 特集 フォトギャラリー オラオラ顔の新型セレナ、実車はなかなかの“オトコマエ”だった! マイナーチェンジした人気ミニバン「日産 セレナ」を画像でチェック

フォトギャラリー 2019/8/10 08:00

オラオラ顔の新型セレナ、実車はなかなかの“オトコマエ”だった! マイナーチェンジした人気ミニバン「日産 セレナ」を画像でチェック

関連: 日産 セレナ Text: MOTA編集部 Photo: MOTA編集部・日産自動車
日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]
日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]画像ギャラリーはこちら

“オラオラ顔”というけれど、実物はなかなかカッコいいぞ

2019年8月1日、日産の人気ミニバン「セレナ」がマイナーチェンジを遂げた。フロントを中心に外装デザインなどを大幅に変更したほか、先進技術「全方位運転支援システム」を全車標準とするなど、変更点は多岐に渡る。

日産グローバル本社ギャラリー[神奈川県横浜市]に展示される新型「セレナ e-POWER ハイウェイスター V」の撮りおろし画像と共に、新型セレナの改良点についてご紹介していく。

>>高級感があってなかなか良い!と肯定派も多数/新型セレナの撮りおろし画像を見る[フォトギャラリー]

華やかさを増した新型セレナのフロントデザイン

まず今回最も大きい改良点と言えば「顔」だ。新型セレナのフロントマスクが全面的にリニューアルされ、新デザインとなった。従来型のダブルVモーショングリルの輪郭は継承しつつ、クロームメッキ加飾がゴージャスに施された新グリルパターンを採用。これまで以上に押し出し感のある"ドヤ顔" "オラオラ顔"とでも言うべき、華やかな雰囲気となった。もはやクラス上の高級ミニバン、トヨタ アルファードあたりを想わせるほどだ。

■参考:

日産セレナがマイナーチェンジで“アルヴェル”も逃げ出す迫力マスクに[自動車ニュース・2019/8/1]

アルファードほどは“ギラギラしてない”ぞ!

ちなみに実際の車両を見たところ、高級感を増しつつも思ったほどは(アルファードほどは!?)ギラギラしておらず、新型セレナのグリルは「程良い派手さ」といったところ。従来モデルが持っていたスポーティさも兼ね備えていて、なかなか好印象だった。もちろんデザインについては好みが分かれるところだから、気になる方はお近くの日産ディーラーなどでまず実車をチェックして欲しい。

なお、取材時の展示車は新色の「サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン」。文字通り「朝日」のオレンジで、セレナの新しい夜明けをイメージしたという。

新色はこのほか、精悍でスポーティな「ダークメタルグレー メタリック」を設定。セレナシリーズ全体では全14色を用意する。

「全方位運転支援システム」標準化で「サポカーS ワイド」が全モデル適用

セレナというと、インテリジェントクルーズコントロール(先行車追従型クルーズコントロール)とハンドル支援機能を組み合わせた「プロパイロット」を採用したり、ノートに続き「e-POWER」を搭載するなど、先進技術の積極採用が目立つモデルだが、今回のマイナーチェンジでは、安全技術も進化している。

これまで一部グレードのみの対象だった「サポカーS ワイド」が全車で適用される「全方位運転支援システム」を全車標準化したのだ。

全方位運転支援システムには「アダプティブLEDヘッドライトシステム」(新設定・オプション/あるいは「ハイビームアシスト」)、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、「標識検知機能」(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「インテリジェントLI」(車線逸脱防止支援システム)+「LDW」(車線逸脱警報)、「インテリジェントBSI」(後側方衝突防止支援システム:新設定)+「BSW」(後側方車両検知警報:新設定)、「RCTA」(後退時車両検知警報:新設定)が含まれている。

「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産車で初めて採用

日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]日産 新型セレナ  e-POWER ハイウェイスター V[FF/ボディカラー:	サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン]

中でも注目はアダプティブLEDヘッドライトシステムだ。ハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシストの進化版で、片側12個配されるLEDライトの照射パターンを、対向車や先行車の状況に応じて常に自動変化させるもの。日産車では初の採用となる。

もちろん、プロパイロットも引き続き採用されていて、下り坂での設定速度保持など細かなバージョンアップも行われている。ただし新型スカイラインに採用された、同一車線内ハンズオフ機能などが含まれる最新版「プロパイロット2.0」のセレナへの搭載は見送られている。

まさに全方位で新しくなったセレナ。華やかさを増したスタイリングの詳細については、フォトギャラリーでもじっくりチェックして欲しい!

>>"オラオラ顔"!? 華やかさを増した新型日産 セレナの撮りおろし画像を見る[画像50枚超! フォトギャラリー]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR