オラオラ顔の新型セレナ、実車はなかなかの“オトコマエ”だった! マイナーチェンジした人気ミニバン「日産 セレナ」を画像でチェック

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部・日産自動車

“オラオラ顔”というけれど、実物はなかなかカッコいいぞ

2019年8月1日、日産の人気ミニバン「セレナ」がマイナーチェンジを遂げた。フロントを中心に外装デザインなどを大幅に変更したほか、先進技術「全方位運転支援システム」を全車標準とするなど、変更点は多岐に渡る。

日産グローバル本社ギャラリー[神奈川県横浜市]に展示される新型「セレナ e-POWER ハイウェイスター V」の撮りおろし画像と共に、新型セレナの改良点についてご紹介していく。

>>高級感があってなかなか良い!と肯定派も多数/新型セレナの撮りおろし画像を見る[フォトギャラリー]

華やかさを増した新型セレナのフロントデザイン

まず今回最も大きい改良点と言えば「顔」だ。新型セレナのフロントマスクが全面的にリニューアルされ、新デザインとなった。従来型のダブルVモーショングリルの輪郭は継承しつつ、クロームメッキ加飾がゴージャスに施された新グリルパターンを採用。これまで以上に押し出し感のある"ドヤ顔" "オラオラ顔"とでも言うべき、華やかな雰囲気となった。もはやクラス上の高級ミニバン、トヨタ アルファードあたりを想わせるほどだ。

■参考:

日産セレナがマイナーチェンジで“アルヴェル”も逃げ出す迫力マスクに[自動車ニュース・2019/8/1]

アルファードほどは“ギラギラしてない”ぞ!

ちなみに実際の車両を見たところ、高級感を増しつつも思ったほどは(アルファードほどは!?)ギラギラしておらず、新型セレナのグリルは「程良い派手さ」といったところ。従来モデルが持っていたスポーティさも兼ね備えていて、なかなか好印象だった。もちろんデザインについては好みが分かれるところだから、気になる方はお近くの日産ディーラーなどでまず実車をチェックして欲しい。

なお、取材時の展示車は新色の「サンライズオレンジ マルチフレックスパールメタリック/ダイヤモンドブラック パール 2トーン」。文字通り「朝日」のオレンジで、セレナの新しい夜明けをイメージしたという。

新色はこのほか、精悍でスポーティな「ダークメタルグレー メタリック」を設定。セレナシリーズ全体では全14色を用意する。

「全方位運転支援システム」標準化で「サポカーS ワイド」が全モデル適用

セレナというと、インテリジェントクルーズコントロール(先行車追従型クルーズコントロール)とハンドル支援機能を組み合わせた「プロパイロット」を採用したり、ノートに続き「e-POWER」を搭載するなど、先進技術の積極採用が目立つモデルだが、今回のマイナーチェンジでは、安全技術も進化している。

これまで一部グレードのみの対象だった「サポカーS ワイド」が全車で適用される「全方位運転支援システム」を全車標準化したのだ。

全方位運転支援システムには「アダプティブLEDヘッドライトシステム」(新設定・オプション/あるいは「ハイビームアシスト」)、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、「標識検知機能」(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「インテリジェントLI」(車線逸脱防止支援システム)+「LDW」(車線逸脱警報)、「インテリジェントBSI」(後側方衝突防止支援システム:新設定)+「BSW」(後側方車両検知警報:新設定)、「RCTA」(後退時車両検知警報:新設定)が含まれている。

「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産車で初めて採用

中でも注目はアダプティブLEDヘッドライトシステムだ。ハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシストの進化版で、片側12個配されるLEDライトの照射パターンを、対向車や先行車の状況に応じて常に自動変化させるもの。日産車では初の採用となる。

もちろん、プロパイロットも引き続き採用されていて、下り坂での設定速度保持など細かなバージョンアップも行われている。ただし新型スカイラインに採用された、同一車線内ハンズオフ機能などが含まれる最新版「プロパイロット2.0」のセレナへの搭載は見送られている。

まさに全方位で新しくなったセレナ。華やかさを増したスタイリングの詳細については、フォトギャラリーでもじっくりチェックして欲しい!

>>"オラオラ顔"!? 華やかさを増した新型日産 セレナの撮りおろし画像を見る[画像50枚超! フォトギャラリー]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる