新型ノート オーラ、約42万の価格差なんて気にならない! 走りの重厚感や内装の質感に好印象を挙げる実際の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
日産 ノートの新たなラインナップとして、車幅を3ナンバーへ拡大し、内外装の質感も向上させた上級シリーズの「NOTE AURA(ノート オーラ)」が追加された。発売は2021年秋頃の予定ながら、日産グローバル本社ギャラリーをはじめ、販売店には試乗車の配備がスタート。ここでは、実際に新型ノート オーラを試乗して挙げられているSNS上での声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 高級路線で通常モデルとの差別化が図られた新型ノート オーラ
  2. 高級感のある落ち着いた外観デザインに好印象の様子
  3. 内装も高評価。ただし、一部ドアパネルの質感向上や電動シートの設定を望む声あり
  4. 走りの重厚感に軒並み好印象の声
  5. 約42万円の価格差もこの内容ならむしろお得

高級路線で通常モデルとの差別化が図られた新型ノート オーラ

全く新しいプレミアムコンパクトと位置付け、新たに追加された日産 新型ノート オーラ。通常のノートからボディサイズの拡大やe-POWERの性能向上などを図り差別化が行われている。

価格(消費税込)は、ノートの最上級グレード「X」(218万6800円)に対し42万3500円高の設定となる261万300円から。

高級感のある落ち着いた外観デザインに好印象の様子

日産 新型ノート オーラは、前後タイヤ周り(フェンダー)の造形を変更。車幅を40mm広げ、全幅は1735mmに拡大し3ナンバー化した。タイヤサイズも、ノートの15・16インチに対し17インチへ大径化し、ワイド感をさらに強調している。なお4045mmの全長はベースのノートと変わらない。

ほかにも、フロントグリルやテールランプ、リヤバンパーなど、ボディ前後のデザインも細部に渡り変更している。

そんな新型ノート オーラの外観に関しては「シンプルで上品さもあり好印象」「メッキパーツ付けとけば良いだろうってデザインじゃないのが良い」など、高級感のある落ち着いたデザインを支持する声が挙がっている。

内装も高評価。ただし、一部ドアパネルの質感向上や電動シートの設定を望む声あり

同様に、質感が向上している内装についても好印象の声が多く挙がっている。

新型ノート オーラでは、液晶メーターをフルカラー化された一体型の12.3インチに変更。そのほか、ツイード表皮や微細加工を施し艶を抑えた木目調パネル、3層構造化し快適性を高めた本革シート、LEDイルミネーションなどが採用されている。

またBOSE社との共同開発によるプレミアムオーディオも開発。運転席・助手席のヘッドレストにスピーカーを配した「BOSE パーソナルプラスサウンドシステム」を設定している。

これら内装に関しては実車に触れた感想として「普通のノートも質感良いなと思ったけど、オーラの内装はそれ以上だった」「ノーマルノートと比べて内装の質感も良く買うなら断然コッチ」といった声が挙がっている。オーディオに関しても「専用設計のBoseのサウンドシステムがいい音だった」と好印象の様子だ。

その中で唯一気になる点としては「静かでパワフル。内外装もお洒落。ただ、後部ドア周りだけチープ感が残る」「ドアパネルのみ改善希望」という声が一部見受けられた。この辺り、新型ノート オーラを購入検討中の方は実車で確認してもらいたい。

同じく、購入検討中の方に重要な声として「ここまで来たら電動シートにしてほしかった」「走りも質感も文句なし。唯一電動シートではなかったのでもう少し考える」というのもあった。プレミアムコンパクトとして位置づけられている新型ノート オーラだが、この辺りは今後どうなってくるのか気になるところだろう。

走りの重厚感に軒並み好印象の声

新型ノート オーラは、ハイブリッドシステム「e-POWER」の性能も向上している。フロントモーター出力は20ps(15kW)アップの136ps(100kW)。出力で18%、トルクで7%が向上し走りのゆとりを増した。e-POWER 4WDモデルのリアモーターについては68ps(50kW)で変更はない。

また、それに併せて静粛性の向上も実施。ルーフ、ドア、フロントドアガラスなどで更に遮音対策を施している。

実際に試乗した声には「4WDは通常のノート(FF)比較で、乗り心地に重厚感ある」「高速道路は一般道以上に通常モデルとの違いがあった。さらに安定した走り」「2WDを試乗。噂に聞いた静かさと高級感があり好印象。ただアクセルを踏み込むとすぐにエンジンがかかるところが気になった」というものが挙げられている。

e-POWERの性能向上だけでなく、3ナンバーサイズ化によるトレッド(左右のホイールの間隔)の拡大で4輪の接地性が向上や、タイヤサイズもノートの15インチもしくは16インチから、新型ノート オーラでは17インチに大径化された効果がしっかりと差別化に繋がっており、そこを評価しているようだ。

約42万円の価格差もこの内容ならむしろお得

実際に試乗した声として、内外装の質感の高さ、走りの安定感などを挙げる声が目立った新型ノート オーラ。

発表当時は、その価格設定に少なくない数の不満の声も見受けられたが、実際に試乗した声には「コンパクトカーにこの価格はって言う声が目立つが、もはや普通のノートとは別物と考えた方がいい。それだけ出来が良かった」「実は同等の装備にしたら価格差は10万程。それでこの内容ならむしろお得。満を持して判子を押してきた」などの声が挙げられている。

日産 新型ノート オーラは2021年秋頃の発売予定。ノートにするか新型ノート オーラにするか検討中という方、ほかにも他車からの乗り換え検討中という方など、一度試乗してみてからでも遅くはないだろう。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円279.6万円
中古価格:
13.8万円339.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる