新しいけど懐かしい! 新型フェアレディZは超懐古主義だった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
実に12年ぶりに新型となるフェアレディZの姿がするやいなや大注目を浴びているが、はたして新型はどのような進化を遂げたのか? エンジンやスペックなどの詳細は不明ながら、今回はエクステエリアを中心に現段階でわかっているコトを改めておさらい!

おじさま感涙! Zらしさ満載の内容だった

例えばヘッドライトは初代フェアレディZ(S30型)をモチーフとしているほか、テールランプはZ32型のデザインを現代風にアレンジしている。LEDを使用することで、Z32のそれよりも薄くするコトができたという。

斜めに装着しているリヤエンブレムにも注目で、これも初代モデルからのオマージュだ。

初代Zにランプがソックリ! 新旧モデルと見比べ

イエローだとボディの細かい抑揚がわかりずらいのだが、注意深くみると、かなり複雑な造形なのもポイント。ボンネットは、日産エンブレムに向かって伸びている2本の鋭いプレスラインが。リヤフェンダーは歴代モデル以上に大きく張り出したデザインを採用し、躍動感&らしさを強調している。

加えて、今回のイエローにも注目だ。日産ファンの方なら覚えているだろうが、32型フェアレディZにもイエローパールをラインアップしていた。今回はそのオマージュであるのだが、その色合いがとにかくキレイ。1989年当時の塗装技術では実現不可能であった鮮やかなカラーを現代の技術で再現できたという。

あのライトが現代に復活! 歴代モデルをオーマージュしたポイントをイッキ見

新しさと伝統のミックス!

次回は9月18日(金)に、気になる新型フェアレディZ プロトタイプの内装を詳しくご紹介します。そちらもお楽しみに。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
35.9万円1,601.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる