DX推進による「くまモンランド化構想」実現に向けた実証実験を実施


~熊本県への来訪促進と観光周遊を促すUX(ユーザー体験)の実現~




熊本県
株式会社JTB
株式会社JTBパブリッシング
株式会社JTB総合研究所
パイオニア株式会社
株式会社トヨタレンタリース熊本


 株式会社JTB、株式会社JTBパブリッシング、株式会社JTB総合研究所、パイオニア株式会社、株式会社トヨタレンタリース熊本は、「くまモンランドDX事業コンソーシアム」を設立し、くまモンを活用した地域づくりをめざす熊本県とともに、DX推進による「くまモンランド化構想」実現に向けた実証実験を2022年10月6日(木)~2023年3月31日(金)の期間、熊本県・阿蘇地域において実施します。
 「くまモンランド化構想」とは、熊本県全体がくまモンの魅力あふれる場所となり、くまモンの高い認知度・好感度をフックに世界中からヒト、モノ、企業(ビジネスの活性化)が集まる地域となることをめざすものです。



【実証実験の目的】
 今回の実証実験は、新型コロナウイルス感染症の拡大や度重なる災害により疲弊した地域の再活性化、また、さらなる阿蘇の魅力を「くまモン」×「最新のIT技術」を活用し、新たなUX(ユーザー体験)を実現することで、新しい価値や競争優位性を生み出し、域内の観光周遊促進と何度も訪れたくなる観光地づくり、くまモンのファンづくりを目的として実施します。

【実証実験概要】
期間:2022年10月6日(木)~2023年3月31日(金) 場所:熊本県 阿蘇地域

内容:ホームページ( https://kumamon-land.jp/kumamonrentacar/ )

1.「くまモンレンタカー」×「スマート音声ナビ」を活用した新しい観光モビリティのUX(ユーザー体験)を提供
 パイオニアが開発した、音声だけで操作・案内可能なAI搭載通信型オールインワン車載器「NP1(エヌピーワン)(※1)」を搭載したトヨタレンタリースの「くまモンレンタカー(※2)」で阿蘇の観光をお楽しみいただけます。音声による目的地検索・設定や、おすすめの場所・ルートの提案が可能なNP1を通じて、JTBパブリッシングが提供する、「るるぶDATA(※3)」、及び阿蘇に特化した情報と連動して音声による観光地案内をするなど、観光客にとって満足度の高い情報を提供します。
 実証実験後は、訪問地数や滞在時間などを通常のレンタカー利用者と比較・検証することで、今後の回遊促進につなげてまいります。





2.AR(拡張現実)等のデジタル技術を活用した謎解きイベントの実施
 くまモンを活用した地域づくりをめざす取り組み「くまモンランド化構想」を盛り上げるコンテンツとして、熊本県・阿蘇エリアをくまモンランドに見立て、周遊を楽しめる体験型イベント(WEB上で進めるARを使った謎解きゲーム)を実施します。ARでは、くまモンが謎を出題してくれたり、ヒントをくれたりします。また謎を解いた後に、くまモンと写真を撮るなど、くまモンと一緒に遊んでいるようなAR演出も楽しめます。「くまモン」×「最新のIT技術」を活用した謎解きゲームを通して、熊本県・阿蘇エリアの新たな魅力を創出します。




3.くまモンツアーの企画・募集・販売
 くまモンランドの世界観を楽しむことができ、熊本県への来訪促進と観光周遊を促す旅行商品の企画・募集・販売を行います。第一弾は、「くまモンレンタカーで巡る阿蘇」です。催行期間は、2022年10月6日から2023年3月31日出発分まで、JTBホームページ及び全国のJTB店舗にて販売を行います。




4.くまモンファンコミュニティの形成に向けたCRM基盤の構築
 くまモンにとって新しい活動の場となるファンコミュニティの構築に向け、JTBの提供する「地域共創基盤(R)」(※4)を活用しCRM基盤(※5)を整備します。本実証実験においては、参加者を対象としたアンケート調査を実施し、実証実験に参加した感想や、くまモンへの想い、くまモンとの新しい接点となるファンコミュニティへの期待などを把握します。


【各社の役割】
●熊本県(知事 蒲島 郁夫): 
  事業主体

●株式会社JTB(代表取締役 社長執行役員 山北 栄二郎):
  事業全体統括、くまモンツアーの企画・募集・販売、くまモンファンコミュニティの形成と運営



●株式会社JTBパブリッシング(代表取締役 社長執行役員 盛崎 宏行): 


  観光情報「るるぶDATA」並びにモン語(※6)変換と発話情報の提供、
  ガイドマップリーフレット・LPの制作


●株式会社JTB総合研究所(代表取締役 社長執行役員 風間 欣人):
  事業全体計画設計、事業の分析

●パイオニア株式会社(代表取締役 兼 社長執行役員 矢原 史朗):
  NP1のくまモンランド仕様の開発、音声ナビ連動のスマホアプリ開発

●株式会社トヨタレンタリース熊本(代表取締役社長 甲斐原 琢也):
  くまモンレンタカーの制作・提供・受付

(※1)NP1 
ドライビングパーソナル音声AIを搭載し、「音声」と「通信」でドライブ環境を革新するコネクテッドデバイス。音声だけで操作・案内が可能なカーナビ機能により運転中に画面を操作する必要がなく、より快適で安全な運転を実現します。
https://jpn.pioneer/ja/np1/?ad=pr

(※2)くまモンレンタカー 
「くまモン」をイメージしたコンセプトカー。「幸せを呼ぶレンタカー」として誕生し、国内来訪者のみならず、インバウンド観光促進の為に熊本の魅力発信を担う観光モビリティ。パイオニア「NP1」と連携し、快適・安心・安全な運転をサポートします。

(※3)るるぶDATA 
「見る」「食べる」「遊ぶ」をテーマとしたガイドブック「るるぶ情報版」やWebサイト「るるぶ&more.」等に掲載された約60,000件のデータを含む、JTBパブリッシング保有の観光デジタルコンテンツ。

(※4)地域共創基盤(R)
地域の計画や観光戦略に基づき、Salesforce Customer 360 や Marketing Cloud により目的に合わせたマーケティングロードマップを策定するシステム
https://www.jtbbwt.com/government/service/solution/area-management/degital-marketing/chiiki-kyoso/

(※5)CRM
Customer Relationship Managementの略。顧客関係管理のことで、「企業と顧客との関係性を管理する」もの。広い意味では「顧客と良好な関係性を築き、継続していくための施策」を指します。

(※6)モン語
基本的に語尾が「くま」または「モン」で終わる表現。くまモンのイラスト等の周辺で使っています。


―――――――――― ――― ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■一般のお客様からのお問合せ先
パイオニア NPサポートセンター TEL:0120-599-120 (9:30~18:00 ※同社休業日及び土日祝休)


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる