パイオニア「TMX-DM03A-VA」がクラウド型車両運行管理サービス「KITARO×ドラレコ」と連携 ドライバーのリアルタイム管理が可能に

パイオニアは2021年11月10日、同社の通信型ドライブレコーダー「TMX-DM03A-VA」が、株式会社アクシスの提供するクラウド型車両運行管理サービス「KITARO×ドラレコ」の対応端末に採用されたと発表した。

この連携により、管理する車両の走行位置や速度をリアルタイムに把握できるほか、運転中に発生したヒヤリハットおよび事故を検知した動画が自動的にサーバーへアップロードされ、管理者による原因究明などが可能に。

また「KITARO×ドラレコ」のサービス上で、事故リスク低減機能「ドライバーモニタリングシステム」「あおり運転予防警告」によるリアルタイムな注意喚起が可能となった。

「KITARO×ドラレコ」の連携により、ドライバーへの注意喚起や管理が容易に

パイオニア「TMX-DM03A-VA」は、前方と車室内を記録する2カメラタイプの通信型ドライブレコーダー。

前方車両へ近づき過ぎた場合をはじめ、自車があおり運転とみなされる運転をした際に、音と画面表示で警告する「あおり運転予防警告」機能や、ドライバーの眠気やわき見運転をAIで解析・検知し、画像や音声メッセージ、警告音で注意喚起する「ドライバーモニタリングシステム」を搭載している。

ビークルアシストAPIで「KITARO×ドラレコ」と連携

パイオニアがパッケージサービスとして提供しているクラウド型運行管理サービス「ビークルアシストAPI」は、ユーザーやシステムインテグレーターが使用もしくは提供している既存サービス上に、専用システム・端末を開発することなく、多彩な機能を利用して新しいサービスを構築・追加ができるAPIサービス。

今回このビークルアシストAPIを用いて、株式会社アクシスのクラウド型車両運行管理サービスの「KITARO×ドラレコ」と連携される。

アクシス社が提供するサービス「KITARO×ドラレコ」により、管理者はすべての車両の位置情報をリアルタイムで把握し、緊急時には最寄の車を発見、指示を迅速に出すことが可能に。また、過去の走行履歴やこれから向かう場所の到着時刻を予測できる。

さらに運転中に発生したヒヤリハット(急発進、急ハンドル、急ブレーキ)および事故を検知した検知前後計20秒間の動画も自動的にサーバーへアップロードされるので、管理者はヒヤリハットが発生したタイミングの映像をピンポイントで確認可能だ。

「TMX-DM03A-VA」をビークルアシストAPIで連携させることにより、「KITARO×ドラレコ」のサービス上で、事故リスク低減機能「ドライバーモニタリングシステム」「あおり運転予防警告」による管理者からドライバーへのリアルタイムな注意喚起が行えるようになった。

【執筆:MOTA編集部/画像提供:パイオニア】

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる