車中泊って、何が良くて何が不便なの!? 未経験者があなどってしまう注意ポイントとは

画像ギャラリーはこちら

秋はアウトドアやキャンプに最適の季節だが、“3密”を避けて寝泊まりをする方法の1つとして今、車中泊に大きな注目が集まっている。そこで、実際に車中泊をしたことがある人はどのくらいいるのか? その時どんなことに困ったのか? またどんなグッズが役に立ったかなど、最新の調査結果から分かったことをご紹介しよう!

目次[開く][閉じる]
  1. 車中泊ってしたことある? みんなはどこでしてる?
  2. 車中泊の理由は旅費節約! しかしデメリットも理解しよう
  3. そこで役立つ、便利グッズをご紹介!

車中泊ってしたことある? みんなはどこでしてる?

「車中泊」という言葉をよく聞くようになったが、その内容は単なる車での泊まりから本格的なキャンピングカーでの旅行まで様々ある。ホンダアクセスが、車を持っている20歳~69歳のドライバー1000人にこれまでに車中泊をしたことがあるか聞いたところ、「ある」は34.1%、「ない」は65.9%という結果となった。意外と少ないような気もするが、男女・年代別にみると50代男性が50.0%ともっとも高く、やはり車に親しんでいる世代だなと感じさせられる。

1番人気はやはりミニバン!

では、経験者はいったいどんな車で寝ているのか。もっとも多かった答えはやはり車内空間が広い「ミニバン」(31.4%)で、後部座席のシートを倒して寝床にしたり、たくさんの荷物を積んでの車旅にぴったりのモデルと言えよう。以降は「軽自動車」(20.5%)、「コンパクトカー」(17.3%)が続き、軽キャンパーなどの人気も伺えた。

そして肝心の、いったいどこで車中泊をしているのかという質問だが、セットでよく聞く「キャンプ&車中泊」で泊まる「キャンプ場」(18.2%)をおさえて、「道の駅」(45.2%)と「高速道路のSA・PA」(40.2%)が1、2位を占めた。この理由を次でみていこう。

車中泊の理由は旅費節約! しかしデメリットも理解しよう

次に車中泊をしようと思ったきっかけを聞いたところ、「安く旅行・レジャーをしようと思った」(32.6%)が最も高くなった。つまり、レジャーとしての車中泊ではなく、旅行中の一部だけを車中泊にして、旅費を有効活用しようという工夫のための車中泊だったのだ。

その他の回答としては「時間に縛られない」(19.4%)、「宿を気にせずまわれる」(18.5%)など、気ままなプランの“ジブン旅”を求める人が多いことも伺えた。

あくまで公共のスペースであることをお忘れなく!

移動のついでに車で寝泊りすることで、時間と費用を有効活用できる車中泊だが、車内はプライベート空間でも駐車しているスペースは公共の場であることを忘れてはいけない。

安全運転のためには適切な休憩は不可欠であり、「道の駅」や「高速道路のSA・PA」で車中泊を行うことは法律で禁止されているわけではない。しかし、過去には駐車場で火を使った料理や夜間の騒音など、いわゆる迷惑行為が問題視され、中には「車中泊禁止」という看板を掲げている道の駅もある。

「道の駅」や「高速道路のSA・PA」など公共の駐車場は、レジャー目的以外にも、定時運行のトラックや長距離バスなど、仕事で動いている車も多く存在する。お互いの立場を理解し、車中泊や車旅を存分に楽しみたいものだ。

“寝られない”という元も子もない回答も

また、旅費節約やジブン旅のための車中泊だが、ただ車で寝るだけと甘く見てはいけないようだ。車中泊をしたときにどのようなことで困ったか聞いたところ、「寝ても体が休まらない」(55.1%)がもっとも高く、次いで「寝られない」(27.0%)、「車内の温度調整ができない(寒い・暑い)」(24.3%)と睡眠環境の悪さが挙げられた。経験がないとピンと来ないかもしれないが、車で一晩寝るというのは体中が痛くなってむしろ疲れる行為であり、特に秋~冬はそれなりの装備をしなければ快適とは言い難い。「外から車内が見える」「音・光・虫が気になる」「電源が足りない」などの意見も、想像の車中泊と実際が食い違っているゆえの意見と言えるだろう。

そこで役立つ、便利グッズをご紹介!

では、車中泊で重宝するのはどのようなアイテムだろうか。車中泊経験者に、持っていると車中泊で役立つと思うアイテム・カー用品を聞いたところ、「ブランケット」(34.9%)がもっとも高く、「クッション」(31.4%)、「寝袋」(26.4%)が続いた。やはり実際に車中泊を行ってみると、温度調節や寝心地を良くするためのアイテムが必需品だということが身に染みたのではないだろうか。

他の回答としては、住環境を良くする「マット・エアマット」「カーテン・プライバシーシェード」「クーラーボックス」、照明の「LEDランタン」「懐中電灯」、電気関係の「スマホ充電ケーブル」「ポータブル電源」があると重宝するとのことだ。これから車中泊はもちろん、災害時などでも役立つアイテムばかりなので、ぜひ参考にしていただきたい。

調査概要

■調査名称:「秋レジャーと交通安全に関する調査2020」

■調査機関:2020年9月18日~同年9月23日

■調査対象:自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1000人

■調査方法:インターネットリサーチ

■調査主催:株式会社ホンダアクセス

■調査協力機関:ネットエイジア株式会社

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
19.8万円598万円
日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
276.9万円479.8万円
中古価格:
18万円1,144.3万円
トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
540万円872万円
中古価格:
34万円2,220.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる