autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【速報】史上初!ボルボが昨年に引き続き連覇!XC40が2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

自動車ニュース 2018/12/7 14:00

【速報】史上初!ボルボが昨年に引き続き連覇!XC40が2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

第39回 2018 – 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催の第39回2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が2018年12月6日に行われ、ボルボ XC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

ボルボ車が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは昨年のXC60で受賞したのに引き続き2回目。さらに、輸入車の連覇は、日本カー・オブ・ザ・イヤー史上初となる。

>>イヤーカーを受賞したボルボ XC40などの画像を見る

(手前左)ボルボ XC40 T4 モメンタム(FF)/(右)ボルボ XC60 D4 AWD インスクリプション(4WD)/(奥)ボルボ XC90 T6 AWD インスクリプション(4WD)ホンダ 新型クラリティPHEV

新型XC40は、新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用し、都市型のライフスタイルにマッチするスポーティ&カジュアルさ溢れるデザインが特徴のコンパクトSUV。高効率2リッター直列4気筒ターボエンジンに、8速ATのトランスミッションを組み合わせた。

XC90やXC60に比べてよりスポーティでカジュアルなスタイリングが特徴。フロントやボンネット、ボディサイドパネルは、曲線に深い彫りを組み合わせた大胆な造形で構成され、細部までエッジを効かせた都会にマッチするデザインとなっている。

新世代ボルボの共通アイコンである北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトや、上部まで伸びるリアコンビネーションランプは新型XC40にも継承されている。

また、90シリーズや新型XC60と同様の9インチ縦型タッチパネルを採用した新世代SENSUSを備え、高い実用性と洗練を高次元で両立した全く新しいインテリアも特徴となる。

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー 部門賞 受賞車

イノベーション部門賞:ホンダ クラリティ PHEV

エモーショナル部門賞:BMW X2

スモールモビリティ部門賞:ダイハツ ミラトコット

ホンダ 新型クラリティPHEVBMW 新型X2 xDrive20i M Sport Xダイハツ 新型ミラトコット/G SAIII セラミックグリーンメタリック

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ XC40 の関連編集記事

ボルボ XC40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC40 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ XC40 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR