MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース スズキ 延べ100万件のリコール|対象車種はハスラー、ワゴンR、スペーシア等

自動車ニュース 2018/11/15 19:14

スズキ 延べ100万件のリコール|対象車種はハスラー、ワゴンR、スペーシア等

スズキ ハスラー
スズキ ハスラースズキ ハスラー画像ギャラリーはこちら

スズキは同社のハスラー、ワゴンR、スペーシア、アルト、スイフト、MRワゴンにおいて、リコールを国土交通省に届け出したと発表した。

件数は延べ100万件にも達する。リコール要因ならびに製造年式は車種により異なり、重複しているものも存在する。詳細は下記参照。

>>リコール対象車種を画像でチェック

補助電源モジュール溶接不備に関するリコール

対象車種

■ワゴンR

■スペーシア

■アルト

■MRワゴン

■スイフト

※年式など対象車両詳細はこちらを参照。

台数

207,605台

影響

補助電源モジュールの構成部品(素子)の溶着が不適切なため、当該素子内部に亀裂が生じているものがある。そのため、通電の繰返しにより当該素子が損傷し、アイドリングストップシステムOFF表示灯が点滅してアイドリングストップ機能が停止、またはエンストする可能性がある。

対応内容

補助電源モジュールを改良済みのものに交換。

エンジン補機ベルトの耐久性不足に関するリコール

対象車種

■ワゴンR

■スペーシア

■アルト

■ハスラー

■MRワゴン

※年式など対象車両詳細はこちらを参照。

台数

388,616台

影響

当該ベルトの耐久性不足によりベルトが破断し、オルタネータやウォータポンプが停止して警告灯が点灯。最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなる可能性がある。

対応内容

全車両、エンジン補機ベルトを対策品に交換。

電動ステアリングの制御システムに関するリコール

対象車種

■ワゴンR

※年式など対象車両詳細はこちらを参照。

台数

463,913台

影響

電動パワーステアリングコントローラの不具合を検出するプログラムが不適切なため、エンジン始動時またはアイドリングストップ後の再始動時にバッテリー電圧が低下していると、不具合として誤って検出することがある。そのため、警告灯が点灯するとともにステアリングのアシスト機能が停止し、操舵力が増大する可能性がある。

対応内容

全車両、電動パワーステアリングコントローラの制御プログラムを対策プログラムに書換えるか、または、電動パワーステアリングコントローラを対策品と交換。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スズキ ハスラー の関連編集記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR