autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース パナソニック SDカーナビステーション Strada、ブルーレイ再生モデル2機種を発表

自動車ニュース 2018/8/27 16:30

パナソニック SDカーナビステーション Strada、ブルーレイ再生モデル2機種を発表

パナソニック SDカーナビステーション Strada ブルーレイモデル
パナソニック SDカーナビステーション Strada ブルーレイモデルパナソニック SDカーナビステーション Strada ブルーレイパナソニック SDカーナビステーション Stradaパナソニック SDカーナビステーション Strada ブルーレイ画像ギャラリーはこちら

”家でも車でもブルーレイ”がさらに手軽に

パナソニックは、 ブルーレイディスクプレーヤーを搭載したSDカーナビステーション「ストラーダ」の新製品2機種を発表した。発売は2018年10月上旬となる。

ハイビジョン映像が家庭で定着する中、パナソニックはブルーレイディスクプレーヤーを搭載したカーナビを市場導入し、「家でも車でもブルーレイ」を提案してきた。

本製品は、市販カーナビでパナソニックだけとなるブルーレイディスクプレーヤーを搭載し、家庭のレコーダーで録りためた高画質映像を気軽に車に持ち込んで楽しめる。

加えて、 年々高まるドライブの安全・安心への関心に応えて、業界初となるゾーン30(生活道路区域内で車の最高速度を時速30キロに制限する規制)内のスピード超過警告機能や、高速道路の逆走警告機能等を備えた「安全・安心運転サポート」を新搭載。

また、新たに2018年11月より稼働予定の2機を加えた計3機の準天頂衛星「みちびき」に対応し、道路標高情報を活用した新アルゴリズムを搭載することで、 ナビゲーションに重要な自車位置精度を更に向上している。

特徴

1、市販カーナビでパナソニックだけとなる、ブルーレイプレーヤー搭載の7V型AV一体型カーナビ。

2、業界初となるゾーン30内のスピード超過警告機能や高速道路の逆走警告機能、更に、スムーズな走行をサポートする「信号情報活用運転支援システム」にも対応した「安全・安心運転サポート」を新搭載。

3、準天頂衛星「みちびき」複数機対応と道路の標高情報を活用した新アルゴリズムにより、自車位置精度が更に向上。並走する高速道路と一般道路の高低差をより正確に検知。

SDカーナビステーション CN-RX05WD

【パネルサイズ】200mmワイド

【Blu-rayプレーヤー】搭載

【希望小売価格】オープン価格

【発売日】2018年10月上旬

SDカーナビステーション CN-RX05D

【パネルサイズ】180mm

【Blu-rayプレーヤー】搭載

【希望小売価格】オープン価格

【発売日】2018年10月上旬

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR