autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、新型フォレスターを発売…一番人気は309万円のハイブリッドモデル

自動車ニュース 2018/6/20 11:00

スバル、新型フォレスターを発売…一番人気は309万円のハイブリッドモデル

スバル 新型フォレスター(5代目)
スバル 新型フォレスター(5代目)スバル 新型フォレスター(5代目)スバル 新型フォレスター(5代目)スバル 新型フォレスター(5代目)画像ギャラリーはこちら

予約受注ではハイブリッドモデルが一番人気

スバルは、新型フォレスターを2018年7月19日より発売する。価格(消費税込)は、ガソリンモデル(2.5リッター)が280万8000円から302万4000円、ハイブリッドモデル(2リッター)が309万9600円となる。なお、ハイブリッドモデルは9月14日に発売される。

新型フォレスターは5月18日より先行予約を開始していたが、予約台数は6月19日までに4119台に達し、グレード別では、ドライバーモニタリングシステムとe-BOXERを搭載するハイブリッドモデルのAdvance(アドバンス)が全体の約4割を占めている。

>>新型フォレスター(5代目)の画像をたっぷり見る【画像121枚】

スバル初の乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」搭載

スバル 新型フォレスター(5代目)

5代目となる新型フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車である。

乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUVらしいたくましさや、機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現した。

また、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能に加え、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。

さらに、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加えることで、機能・性能を磨き上げた。

関連記事:スバル、新型フォレスターの先行予約開始…e-BOXER搭載のHVモデル設定

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連編集記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR