軽でも牽けるキャンピングトレーラー! 小さいながらも実力たっぷりの「M.Y.S ミスティック レジストロ クコ」【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
アルミ部材を活用した軽量・高強度構造を持つ、M.Y.S ミスティックが作るキャンピングカー。その特徴をそっくり移植した、コンパクトで可愛らしいキャンピングトレーラーが、2020年グッドデザイン賞を受賞した「レジストロ クコ」である。
目次[開く][閉じる]
  1. 全長3.5メートル! 憧れのキャンピングトレーラーを気軽なサイズで!
  2. コンパクトサイズの中に室内高約1.7m、就寝定員3名のスペースを確保
  3. 小さいながらも実力派のキャンピングトレーラー、価格は250万円から

全長3.5メートル! 憧れのキャンピングトレーラーを気軽なサイズで!

マイカーにヒッチメンバーを装着し、キャンピングトレーラーを牽引させたい……。

キャンピングカーが欲しくなったら、一度は考える夢ではないだろうか。しかしキャンピングトレーラーは思った以上に大きく、いざ繋いで出かけてみれば、マイカー+トレーラーの全長が長くて停車場所を選び、幅が広いトレーラーが狭い道での通行を難儀にする。後退時には、高い運転技術が要求される。牽引する車両にも制約を受けがちだ。

「ウチのクルマは軽自動車やリッターカーだから、そもそもキャンピングトレーラーは無理な夢だなあ」と思う人もいるだろう。

そんな中、小さなクルマ+キャンピングトレーラーの組み合わせを実現しているのが、M.Y.S ミスティック(山梨県甲斐市)のキャンピングトレーラー「レジストロ クコ」だ。

同社製品で定評ある、軽量で強度が高いアルミフレーム構造+特徴的なアルミサイディングの外観そのままに作られたレジストロ クコの全長は、わずか3525mm。気になる幅も1720mmに抑えられているだけでなく、重量が480kgしかないので、軽自動車クラスや小型車での牽引も可能だ。牽引免許が不要な車両重量制限の750kg以下に抑えられているのも嬉しい。

コンパクトサイズの中に室内高約1.7m、就寝定員3名のスペースを確保

驚きは、このコンパクトさで想像以上の広々感を実現していること。

室内高1690mm、幅1650mmを確保しており、向かい合わせで配置されるシートを展開してベッドにすれば、長さ1800mmというクィーンサイズベッド相当の就寝スペースが出現する。

内装に用いられた暖かみのあるウッドが、落ち着きのある空間を作り上げており、レジストロシリーズの特徴である、どことなくアメリカンかつレトロな外観もしっかり継承。小さなアメリカンモーターホームという楽しさを、強く感じることができる。

小さいながらも実力派のキャンピングトレーラー、価格は250万円から

気になる価格は、充実した標準装備を持つスタンダードパッケージの車両本体価格が税込約250万円だ。

家具一体化靴箱、オーバーヘッドキャビネット、コンバーター、外部電源取入口、FFヒーターを追加したバリューパッケージでも約274万円、さらに小型クーラー、49リッター小型冷凍室付き冷蔵庫、シングルバーナー付きシンク、強化フレーム、インバーターを備えたリミテッドパッケージでも約305万円と求めやすい設定。オプションも豊富に用意されている。

高い居住性、楽しい外観、強固な設計などが評価されたレジストロ クコは、2020年グッドデザイン賞を受賞している。小さいながらも実力あるキャンピングトレーラーなのだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる