異彩を放つアメリカン・スタイルが見た目にも楽しい! 大人気キャンパー「レジストロ アウル」【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
トラックの後部をそっくり「部屋」に仕立てたキャブコンバージョンは、憧れのキャンピングカーのひとつ。「ジャパンキャンピングカーショー2022」会場の中でも、特に個性的な外観を持つのがM.Y.S ミスティックの「レジストロ アウル」だ。
目次[開く][閉じる]
  1. アルミサイディングを用いた外観が特徴のM.Y.S ミスティック製キャンパー
  2. ボディサイズ以上に感じる広い室内
  3. アメリカ製モーターホームのような独特の雰囲気が目をひく1台

アルミサイディングを用いた外観が特徴のM.Y.S ミスティック製キャンパー

軽トラックや小型トラックをベースにしたキャブコンバージョン、「トヨタ ハイエース」ベースのバンコンバージョン、「トヨタ ハイラックス」を中心としたピックアップトラックの荷台に、着脱可能なシェルを載せたトラックキャンパーなど、豊富なバリエーションを誇るビルダーがM.Y.S ミスティック(山梨県甲斐市)だ。

強度の高いアルミフレームを基本構造とした製造方法は、燃費や安全性能の向上に寄与している。キャブコンバージョン(キャブコン)で、外観の印象を司るパネルは、凹凸が入ったアルミサイディングを採用しており、一目でM.Y.S ミスティックのキャンピングカーだとわかる個性を放っている。

同社が販売する小型キャブコン「REGISTRO(レジストロ)」シリーズの中で、今回紹介するのは「トヨタ タウンエーストラック」を用いた2018年登場の「REGISTRO OWL(レジストロ アウル)」だ。

タウンエーストラックは2020年に一部改良を実施しており、ジャパンキャンピングカーショー2022ではそちらをベースにリニューアルされた新型モデルが展示されていた。

ボディサイズ以上に感じる広い室内

とかく重くなりがちなキャンピングカーだが、小型サイズの「トヨタ タウンエーストラック」を元にしているだけでなく、前述のようにアルミ材を多用していることもあって、レジストロ アウルの車両重量は1770kgに抑えられている。

全長5m以内、全幅も1.9mほどのサイズは、狭い道でもあまり気を使わずに運転することが可能。それでいて室内高1770mm、幅は1850mmもあり、ボディサイズ以上に広さを感じられる。

アメリカ製モーターホームのような独特の雰囲気が目をひく1台

49リッターの冷蔵庫・給/排水ともに19リッターの容量を持つタンク・カセットコンロ・LED照明・サブバッテリーなど標準装備も充実しており、気軽なサイズで本格的なキャブコンバージョンキャンピングカーを楽しめる。

希望小売価格は499万円(消費税込み)から。なお乗車定員6名、就寝定員は5名だ。

アルミサイディングや前面の丸窓、パステルカラーとホワイトの2トーンカラー・メッキホイールキャップなどの外観、ウッドを多用した車内のレジストロ アウルは、アメリカ製モーターホームのような雰囲気を漂わせており、多くの来場者が足を止めていた。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志・MOTA編集部]

トヨタ/タウンエーストラック
トヨタ タウンエーストラックカタログを見る
新車価格:
167.7万円362.5万円
中古価格:
48万円401.8万円
トヨタ/ライトエーストラック
トヨタ ライトエーストラックカタログを見る
新車価格:
146.6万円191.8万円
中古価格:
65万円360万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ タウンエーストラックの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ タウンエーストラックのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ タウンエーストラックの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ タウンエーストラックの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ タウンエーストラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる