autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 セレナe-POWER燃費レポート│待望のフルハイブリッドを搭載したセレナの実燃費を徹底検証 3ページ目

燃費レポート 2018/4/13 21:57

日産 セレナe-POWER燃費レポート│待望のフルハイブリッドを搭載したセレナの実燃費を徹底検証(3/7)

日産 セレナe-POWER
日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER画像ギャラリーはこちら

日産 セレナe-POWER実燃費レポート|郊外路編

日産セレナe-POWER 郊外路編での実燃費

ノーマルモード:17.8km/L│エコモード:19.3km/L

日産 セレナe-POWER|郊外路編
車種名実燃費パワートレイン
日産 セレナe-POWER

2WD(FF)

17.8km/L

19.3km/L(エコモード)

1.2L/ガソリン
日産 セレナハイウェイスターVセレクション

2018年2月計測・2WD(FF)

14.1km/L2Lガソリン+マイルドハイブリッド
トヨタ ヴォクシーハイブリッドZS

2017年7月計測・2WD(FF)

18.3km/L1.8L/ハイブリッド
ホンダ ステップワゴンスパーダ

G・EX Honda SENSING

2017年10月計測・2WD(FF)

21.1km/L2L/ハイブリッド
日産 セレナe-POWER日産 セレナe-POWER

セレナe-POWERは、郊外路でも特にエコモードをオンにしているとハイブリッドのミドルハイトミニバンとして及第点といえる燃費を記録することが確認できた。

市街地編、この後の高速道路編で書くようにハイブリッドシステムの完成度は大変高く評価できる。だが、主に乗り心地の質がハイブリッドシステムの質に対して追い付いていない点が残念だった。

その乗り心地はサスペンション自体は特に硬い訳でもなく、タイヤもテストに使ったハイウェイスター同士ではSハイブリッドの16インチに対し、e-POWERは15インチにサイズダウンされ乗り心地は有利なように見える。

しかし、乗ってみると高速道路などのつなぎ目を通過する際には特に不満や問題はないものの、路面のザラザラを拾いがちで、路面が荒れているとゴツゴツ感やドタバタ感を覚え、ハイウェイスター同士だとSハイブリッドにハッキリと劣る。

まあセレナe-POWERの乗り心地は我慢できないほどではなく、凄く悪いというほどではないのだが、300万円を超えるお安いとは言えない価格やハイブリッドシステムの素晴らしさを考えると、簡単にまとめると安っぽく、今後更に改良されることを期待したい。

ハンドリングについては、現行セレナで土台となるプラットホームを三世代、10年以上に渡り改良を重ねながら使っていることもあり、e-POWERも従来モデルのセレナSハイブリッド同様に基本設計の新しいトヨタのヴォクシー三兄弟やホンダ ステップワゴンに比べると床が高く、運転していても重心の高さのようなものを感じるのは否めない。それでも特に良さもない代わりに悪さもなく、問題はないと評価できる。

エコモードをオンにすると働く強めの回生制動は、郊外路では通常の加減速に加え、コーナーに対するスピードの調整をする際にも便利だった。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連編集記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!