autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型CX-8 燃費レポート|意外と良いぞ!?話題の3列シート・7人乗りSUVの実燃費を徹底検証! 3ページ目

燃費レポート 2018/1/9 09:00

マツダ 新型CX-8 燃費レポート|意外と良いぞ!?話題の3列シート・7人乗りSUVの実燃費を徹底検証!(3/6)

関連: マツダ CX-8 Text: 永田 恵一 Photo: 小林 岳夫・永田 恵一
マツダ 新型CX-8 XD PROACTIVE
マツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージマツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージマツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージマツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージ画像ギャラリーはこちら

新型CX-8実燃費レポート|郊外路編

マツダ CX-8 郊外路での実燃費17.5km/L

郊外路での実燃費は17.5km/Lを記録。新型CX-8に対し車重が約200kgも軽いCX-5ディーゼルを大きく上回る驚異的な燃費を記録。燃費自体は交通の流れによるものもあるにせよ、エンジンの大改良により動力性能やフィーリングだけでなく、燃費も向上しているといえそうだ。

マツダ CX-8の実燃費|郊外路編
パワートレイン実燃費
マツダ CX-82WD/2.2Lディーゼル17.5km/L
マツダ CX-52WD/2.2Lディーゼル15.6km/L
トヨタ ランドクルーザープラド4WD/2.8Lディーゼル11.9km/L
マツダ CX-8マツダ CX-8

FFよりも4WDの方が乗り心地がよい!?

新型CX-8のFF車で最も不満を覚えたのは乗り心地である。全体的には「まずまず」と評価できるレベルではあるのだが、路面の大きな凹凸や高速道路などの自動車専用道路のつなぎ目の形によっては若干のゴツゴツ感やドタバタ感がある。乗り心地が大変良い弟分のCX-5に見劣りする点や、350万円~400万円という価格や車格に対する期待値に届いていない点は残念であった。ただ、テスト中に走行距離が3000kmを超え乗り心地が良化していった傾向もあったので、新車から5000kmくらい走り、サスペンションの慣らしが進むと乗り心地の不満も軽減される可能性はある。

なお4WDモデルには、スタッドレスタイヤ付きというイレギュラーな条件でしか乗ったことがないのだが、4WDの方がリアサスペンションの動きがしなやかな印象ではあったので、標準タイヤ同士であれば乗り心地も4WDの方が良いと思われる。

乗り心地や350~400万円という安くない価格、SUVという性格や燃費の低下もおそらく無視できる範囲の数%であろうことを考えると、新型CX-8を買うなら約23万円高くてもリセールバリューも有利な4WDを基本に考えることを勧めたい。

ハンドリングはSUVながらハンドル操作に対し鈍重なところはなく、車の動きは軽快でワインディングロードでもパワフルなディーゼルエンジンや、歯切れよくシフトアップ・ダウンするATも含めて運転を楽しめる。。

>>次のページは:高速道路編

マツダ CX-8 の関連編集記事

マツダ CX-8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-8 の関連編集記事をもっと見る

マツダ CX-8 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!