軽自動車の税金はいくら? 減税制度を一覧表でわかりやすく解説

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

軽自動車の購入を検討している場合、軽自動車の税金を含め維持費がどのくらいかかるか気になりますよね。

この記事では、軽自動車にかかる税金について、具体的な金額や減税率を解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 軽自動車にかかる主な税金は3種類
  2. 軽自動車税の仕組みと税額表
  3. 軽自動車にかかる自動車重量税の仕組みと税額表
  4. 軽自動車にかかる環境性能割の仕組み
  5. 軽自動車税グリーン化特例が適用されるケースと減税額
  6. よくある質問
  7. まとめ
  8. 車を楽に高く売りたいなら、一括査定サービス「MOTA車買取」がおすすめ

軽自動車にかかる主な税金は3種類

軽自動車を維持・購入時にかかる主な税金は以下の3種類です。

・毎年かかる「軽自動車税」

・購入時と車検ごとにかかる「自動車重量税」

・購入時にかかる「環境性能割」

それぞれどんな税金か解説します。

軽自動車税

軽自動車税は毎年4月1日時点で所有している人に支払い義務があり、軽自動車税は市区町村に納めます。一方、普通車の自動車税は都道府県に支払います。

4月から5月ごろに自宅に支払い用紙が届くので、コンビニでの支払いか自治体によってはカード払いなども可能です。

納付期限は5月末となっており、長期間滞納すると延滞金が発生します。支払いを忘れないようにしましょう。

軽自動車税の金額は用途や初度登録年月によって異なります。詳細は記事内の「軽自動車税の仕組みと税額表」を参考にしてください。

自動車重量税

自動車重量税は、自動車の重量に基づいて購入時と車検ごとに支払います。普通車の場合は重量によって税額が異なりますが、軽自動車の場合は重量による差額はなく、用途や初度登録年月からの経過年数によって異なります。

車検ごとの支払いのため、中古車を購入する際に車検が有効であれば、すでに支払われているため購入時に納税する必要はありません。

自動車重量税の金額は記事内の「軽自動車にかかる自動車重量税の仕組みと税額表」を参考にしてください。

環境性能割

環境性能割とは、自動車を取得(購入)する際に課される税金です。

排出ガス基準や燃費達成基準などの環境負荷によって定められるため、新車・中古車に関わらず支払う必要があります。

環境性能割の金額は記事内の「軽自動車にかかる環境性能割の仕組み」を参考にしてください。

車を楽に高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは

車の一括査定サービス「MOTA車買取」なら、車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

苦労せずに高く車を売りたいなら、MOTA車買取でお見積もりを!

MOTA車買取でいますぐ査定をする


軽自動車税の仕組みと税額表

軽自動車税は、乗用か貨物、自家用か営業用でそれぞれ税額が異なります。

種別初度登録年月が

2015年4月以前

初度登録年月が

2015年4月以後

初年度検査年月から

13年が経過(※1)

軽自動車
四輪乗用
営業用

5,500円

6,900円

8,200円

自家用

7,200円

1万800円

1万2900円

四輪貨物用営業用

3,000円

3,800円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

(※1)初度登録年月が2015年4月以前の軽自動車の場合

(※2)上記は2024年2月時点。税額などについては以下も同様

軽自動車税は、初度登録年月が2015年4月以前と以後で金額が異なます。また、初年度検査から13年経過した軽自動車には20%の重課措置が適用されます。

一方、普通車の場合は、排気量に応じて税金が異なります。排気量1.0リットル以下の自家用乗用車の場合でも、2万9500円です。

したがって、初度登録年月から13年が経過した、古い年式の軽自動車の自家用乗用車は1万2900円とやや高額ですが、それでも普通車と比べると負担はそれほど大きくありません。

軽自動車にかかる自動車重量税の仕組みと税額表

軽自動車にかかる自動車重量税は、新車購入時と車検ごとに納めなければなりません。自家用か事業用か、初度登録年月からの経過によって課税される金額が変わります。

車検実施時の自動車重量税


エコカーエコカー以外
免税本則税率13年未満13年超過18年超過
2年自家用

0円

5,000円

6,600円

8,200円

8,800円

2年事業用

0円

5,000円

5,200円

5,400円

5,600円

新車購入時の自動車重量税


エコカー減税適用エコカー減税なし
免税減税75%減税50%減税25%
3年自家用乗用

0円

1,800円

3,700円

5,600円

9,900円

2年自家用貨物

0円

1,200円

2,500円

3,700円

6,600円

エコカー減税対象になる要件としては、一定の基準を満たす環境性能の高い下記のような車です。

・燃料電池自動車(FCV)

・電気自動車(EV)

・天然ガス自動車(NGV)

・ハイブリッド車を含むガソリンエンジン車、LPG車

さらに、これらの中で2018年の排ガス規制に適合する車両など、細かい基準も存在します。

軽自動車にかかる環境性能割の仕組み

消費税が8%から10%に引き上げられたタイミングで自動車取得税が廃止され、代わりに環境性能割が適用されました。納税金額は、取得価額に税率をかけた額となります。

区分電気自動車2030年度

基準80%達成

2030年度

基準70%達成

2030年度基準

60%達成

左記以外又は

2020年度基準未達成車

軽自動車
(自家用)

非課税

非課税

非課税

1%

2%

取得価額は新車と中古車で算出方法が異なります。

新車の場合、課税標準基準額に購入時に付けた車両と一体化したオプション(カーナビやETCなど)を加算した金額が取得価額となります。

中古車の場合、課税標準基準額に経過年数に応じた残価率を乗じた金額が取得価額となります。中古車の残価率は、経過年数1年で0.681、2年で0.464などと決まっており、経過年数が長いほど減少し、6年以上経過した場合は一律で0.1となります。

さらに、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。

軽自動車税グリーン化特例が適用されるケースと減税額

軽自動車税のグリーン化特例とは、排出ガス低減性能および燃費性能が優れる環境負荷の小さい軽自動車を取得した場合、翌年度分の軽自動車税(種別割)の税率を軽減する制度です。

軽自動車のグリーン化特例による減税額は、車種区分のほか、燃費性能などによって異なります。

車種区分標準税率75%軽減50%軽減25%軽減
四輪車乗用営業用

6,900円

1,800円

3,500円

5,200円

自家用

1万800円

2,700円

適用なし

貨物営業用

3,800円

1,000円

自家用

5,000円

1,300円

適用期間は、2023年4月1日から2026年3月31日までの期間に、新車を新規登録した場合に限り、当該年度の翌年度分について特例措置により減税されます。

この期間内で新車を登録しないと、特例措置の対象外となります。

また、中古車や新古車など、一度オーナーがついたものは対象外です。

よくある質問

軽自動車税(種別割)の対象となる車両は?

・原動機付自転車

・ミニカー

・排気量125ccを超えるオートバイ

・排気量660cc以下の軽自動車

・小型特殊自動車

・雪上車

・特定小型原動機付自転車

これらの車両を4月1日時点で所有している人に課税されます。

軽自動車税と自動車税はどれくらい違う?

軽自動車税は四輪乗用で自家用の場合で1万800円です。

一方、普通車の自動車税は排気量ごとに異なります。自動車税の最も排気量の少ない車は2万5000円で、最も排気量の多い車は11万円です(2019年10月以降購入の場合)。

軽自動車税の金額は用途や初度登録年月によって異なります。詳細は記事内の「軽自動車税の仕組みと税額表」を参考にしてください。

軽自動車の税負担を抑えるには?

車種によって税額に違いがない軽自動車の場合、税負担を抑えるポイントは以下の2つです。

・電気自動車や燃料電池自動車などの減税対象車を選ぶ

・中古車を買うなら少し古めの中古車を選ぶか、取得価額が50万円以下になる車を選ぶ

これらの点に留意することで、税負担を減らすことができます。

たくさんの業者から電話がこない「MOTA車買取」

「MOTA車買取」なら、Webで最大20社の査定見積もり額を見ることができ、高値をつけた最大3社の買取業者や、ユーザーが選んだ業者とだけ交渉可能。

一般的な一括査定とは違い「たくさんの業者から電話が来てしまい、対応が大変」なんてことは起こりません。ストレスなく、楽して高値で売却できます。

MOTA車買取でいますぐ査定をする


まとめ

軽自動車は車両そのものの価格が安いことに加え、普通車に比べて税金も低く維持費がかかりません。しかし、安いとは言っても、軽自動車をストレスなく維持していく上で無視できない出費です。

ガソリン代や駐車場代、車検代に加え、軽自動車にかかる税金はしっかりと把握しておきましょう。

車を楽に高く売りたいなら、一括査定サービス「MOTA車買取」がおすすめ

どうせ車を売るなら、少しでも高く売りたいですよね?

そんな方におすすめなのが、無料の車一括査定サービス「MOTA車買取」

車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

MOTA車買取の主な特徴

(1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

(2)申し込み直後には電話がかかってこない

(3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

(4)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

(5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる