日産ではレースカー/ロードカー問わず、ブランドを代表するクルマが大集合!【東京オートサロン2020】

  • 筆者: MOTA編集部

注目のラインナップの数々で、盛り上がること間違いなし!

今回のオートサロンでは、2019年9月に発売した新型「スカイライン」のコンセプトモデルを始め、「日産 GT-R」と「FAIRLADY Z」の50周年記念モデルや「日産 GT-R NISMO」2020年モデルとイタルデザインと共同開発した「日産 GT-R50 by Italdesign」を展示する。

またNISMOロードカーやプレミアムスポーティーブランドである「AUTECH」のコンセプトカーなど幅広いラインナップをそろえ、日産の新しいカスタマイズの世界を堪能できる。

さらにSUPER GT500クラス参戦車である「GT500 MOTUL AUTECH GT-R」とモータージャーナリストとして名高い国沢 光宏氏がドライバーとして参戦した2019年全日本 JAPAN EV-GP(日本電気自動車レース協会主催)仕様の「日産 LEAF e+」の展示も行う。

スカイライン 400R SPRINT CONCEPT、スカイライン DELUXE ADVANCED CONCEPT

2019年9月にマイナーチェンジを迎え、プロパイロット2.0を搭載した新型「スカイライン」。その「スカイライン」に”R”を冠した400Rをよりレーシーに仕立てたコンセプトカーやスカイラインをよりラグジュアリーにカスタマイズしたを展示する。

圧倒的なエンジン出力と極限まで追求した走りのポテンシャルを余すところなく表現した400Rやの新しい形を提案する。(参考出品)

GT-R 50th Anniversary、GT-R50 by Italdesign、GT-R NISMO

GT-Rの50周年記念車である「GT-R 50th Anniversary」は2020年モデルのPremium editionをベースに、日本グランプリシリーズで活躍したGT-Rレーシングカーのエクステリアをモチーフとした、2トーンカラーの外観色の組み合わせを象徴的に取り入れた。

またファン注目の「GT-R50 by Italdesign」は伝統的なGT-R NISMOをベースに、日本のパフォーマンスとイタリアならではのクラフトマンシップの共存によって作りあげられたR35 GT-Rの最新作だ。

詳しい情報、車体価格の問い合わせはGT-R50 by Italdesign公式websiteまで

>>GT-R50 by Italdesign公式website

そして「GT-R NISMO」は2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用するなど、上記2車種とは毛色の違う作りになっている。

FAIRLADY Z 50th Anniversary

1970年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現している。

フロントフェンダーにステッカーを、そしてリヤには、50周年記念を象徴するバッジを追加し、ホイールリムにはレッドラインを追加した19インチアルミホイールを採用している。

NV350 CARAVAN プレミアムGX Urban CHROME

「NV350 CARAVAN プレミアムGX Urban CHROME」は、エクステリアデザインを重視する上級志向のユーザーに向けて、上質で存在感のあるスタイルに仕上げたモデル。最上級グレード「プレミアムGX」をベースにしている。

SERENA e-POWER AUTECH Multi Bed CONCEPT、ELGRAND AUTECH CONCEPT、ELGRAND特別仕様車

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランドだ。エルグランドやセレナをベースにしたコンセプトカーなどを展示する。

LAEF NISMO

電気自動車ならではのダイレクトで俊敏な加速やスムースでのびやかな走りに、NISMOがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデル。

専用ブレーキの採用やより力強い加速感を楽しめるようコンピューター(VCM)をチューニングしている。

NOTE e-POWER NISMO S Black Limited

「NOTE e-POWER NISMO S」は、NISMO専用VCMチューニングにより、e-POWERのモータードライブ特性をよりスポーティに変更している。

また随所に専用の補強を施した高剛性ボディーにより、胸のすくような圧倒的な加速性能と同時に優れたハンドリング性能を実現し、電動パワートレインのもたらす一歩先をゆく、爽快なNISMOのドライブフィールを体感したいユーザーに好評のモデル。

MOTUL AUTECH GT-R、2019 全日本 JAPAN EV-GPシリーズ仕様:NISSAN LEAF e+

SUPER GT 2019のGT500クラスに松田 次生選手、ロニー・クインタレッリ選手のドライブにより出場したMOTUL AUTECH GT-Rを展示。(参考出品)

またモータージャーナリストとして名高い国沢 光宏氏がドライバーとして参戦した2019年全日本 JAPAN EV-GP(日本電気自動車レース協会主催)仕様の「NISSAN LEAF e+(ブルースイッチ号)」も特別展示を行う。

NISSAN / NISMO collection

日産ブース内にグッズ販売のコーナーを設置し、「NISSAN」ブランド、「NISSAN GT-R」等の車種ブランド、「NISMO」ブランドのウェアやグッズ、限定ミニカー等の販売を行う。

【随時更新!】東京オートサロン2020情報TOPページはこちら!

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
427.9万円1,820.5万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
29万円950万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
15万円595.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる