「柔よく剛を制す」を地で行くロータリーピュアスポーツカー!マツダ FD3S型 RX-7【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
バブル期に開発・設計されたことを思わせる贅沢なメカニズムや装備が与えられ3代目RX-7(FD3S型)。搭載されるロータリーエンジンにはツインターボを装着し、最終的に280馬力を発生させるハイパワーマシンへと変貌を遂げた。流れるような曲線で描かれる造形は、今でも高く評価され、その人気は衰えていない。

>>滑らかなボディラインにシビれる!3代目RX-7(FD3S型)の内外装を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. ファンが多いロータリーとリトラの最強タッグ
  2. ロータリースポーツカーの集大成
  3. スペックや価格
  4. 自動車史に残る名車を振り返る【MOTA写真館】
RX-7の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ファンが多いロータリーとリトラの最強タッグ

マツダが日本車メーカーとして初めてル・マン24時間耐久レースで総合優勝した1991年末、ロータリーエンジンを搭載するスポーツカー RX-7はフルモデルチェンジしFD3S型となった。リアハッチを持つ3ドアファストバックのパッケージングを継承しているものの、エクステリアやインテリアの造形は、流れるような美しい造形へと変化。

RX-7のアイコンでもあるリトラクタブルヘッドライトは生産が終了する2003年まで貫かれ、日本車として最後のリトラクタブルヘッドライトを装着したモデルとなった。

ロータリースポーツカーの集大成

景気が良かったバブル期に開発・設計がされていたことから、贅沢なメカニズムや装備が与えられているのも3代目 FD3S型 RX-7の特徴。四輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、ドライバーが主体のコックピットなど、走りへの情熱を感じられるメカニズムは多数あるが、やはりFD3S型 RX-7の魅力は、ツインターボ化されたロータリーエンジンにある。

654ccの排気量を持つローターを2機直列に配置された13B-REW型ツインターボロータリーエンジンは、デビュー時点で255馬力を発生、後期型のMT仕様では280馬力までパワーが引き上げられている。

パワーに軽さで対抗したピュアスポーツカー

並みいるライバルたちがハイパワーエンジンにハイグリップタイヤといった、言わば“チカラわざ”で速さを求めていたのに対し、RX-7 FD3S型は、軽量なハンドリングマシンであることを追求。その結果、市販車としては他に類を見ない程、研ぎ澄まされたシャープなハンドリングを備えたピュアスポーツカーとして、約12年という長期間に渡って製造され続けた。

また、その生粋のスポーツカー然としたスタイリングゆえ、大人気漫画やワイルドスピードなどの劇中車として、数多く取り上げられている。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,280~4,295mm×1,760mm×1,230mm

■車両重量:1240kg~1330kg

■エンジン:654cc×2ローター 13B-REW型 ツインターボロータリー

■駆動方式:FR

■トランスミッション:4速AT/5速MT

■総生産台数:約5万3000台

■価格:294万8000円~399万8000円(2000年式)

■販売期間:1991年~2003年

自動車史に残る名車を振り返る【MOTA写真館】

子供ころ憧れたスポーツカー、テレビドラマに出ていたあのクルマなど、実に多くのクルマたちが私たちの記憶の中に存在する。

MOTA写真館では、そんな懐かしいあんなクルマ、こんなクルマをプレイバック。あなたが初めて買ったクルマ、いつかは買うぞと決めていた憧れのクルマがいつ登場するのか?そんなことを思いつつ、次回もぜひ楽しみにしていただきたい。

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

【MOTA写真館】スバル レガシィ(初代)

【MOTA写真館】マツダ RX-7 FC型(2代目)

【MOTA写真館】ホンダ シビック(4代目)

【MOTA写真館】ホンダ インテグラ(2代目)

【MOTA写真館】ポルシェ 959

マツダ/RX-7
マツダ RX-7カタログを見る
新車価格:
324.3万円439.8万円
中古価格:
298万円914万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ RX-7の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ RX-7のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ RX-7の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ RX-7の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ RX-7のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる