ホンダ フィットのヤンチャグレード“RS”の魅力とは!? | 新米編集部員がMT車に乗ってみた!

  • 筆者: 磯田 薫

新米編集部員、MTのフィットRSでロングドライブを敢行

あけましておめでとうございます。2019年初っ端から恐縮ですが、去年末の出来事を一つ…。

2018年12月某日。オートックワン編集部の新米編集部員である私Iは、T編集長から新たなミッションを与えられました。それは、ホンダ フィットRSのMT仕様に試乗し、運転初心者の目線からインプレッションしてほしいというもの。しかも高速道路も走ってきてほしい、というオーダーでした。

そもそもMT車に不慣れな私ですが、高速道路をMT車で走るのなんて免許取得時以来数年振り。感想を綴るどころか、そもそも乗ることが出来るのでしょうか…。

そんな心配をよそに、試乗の日は刻々と迫ってきます。試乗日の当日、私はフィットRSのキーを受け取りました。覚悟を決めたのは、その瞬間のことです。

◆ホンダ フィットRSの内外装を見る

ホンダ フィットとは

2001年の初代モデル発売以来、国内外で人気を誇るコンパクトカー。燃料タンクを運転席床下に設置する「センタータンクレイアウト」が採用されたことで、広い室内を実現したことが特長です。ガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様が用意されています。

今回試乗したのは、専用エアロパーツが装着されたスポーティグレード「RS」のMT仕様。1.5リッターエンジンが搭載されており、MT仕様の他にCVT仕様も選択することができます。

発進から悪戦苦闘!? MT初心者の珍道中、はじまりはじまり…

フィットの中でもスポーティ要素の強いRSは、スポーティタイプのフロントバンパーやリアスポイラーで武装された迫力あるスタイリングが特長です。

しかし、見た目に反して走り出す難易度は意外と低め。クラッチペダルが軽めなこともあり、MT車ならではの鬼門といえる発進やギアチェンジも拍子抜けするほどラクチンでした。

…と書きたかったところですが、MT車の運転経験が浅い私I。実際は慣れないMT車に悪戦苦闘しておりました。

まず、半クラッチの感覚がなかなかつかめない。実は、このフィットRSへの試乗は先日掲載したMT仕様のホンダ S660への試乗レポートより先に行ったのですが、この段階ではMT車に乗るのは数年ぶりでした。初めて乗る車という言い訳を抜きにして、本当に半クラッチの位置が分からなかったのです…。

今回お借りしたフィットは、普段都内のとある地下駐車場に停められているのですが、その駐車場から発進させるだけでも一苦労。ペダルの踏み込み具合が分からず、何度もアクセルを煽ってしまいました。あの地下駐車場内でフィットの“エキゾーストノート”を響かせたのは、後にも先にも私しかいないでしょう。

またS660とフィットを比較すると、シフトのストローク感が違うように感じられました。フィットと比べると、S660は「このギアに入れるんだ」というように大きくシフトノブを動かさなくても、ギアが入るというか、そんなイメージです。

いや、それはシフト操作がうまく出来ない言い訳にならないと分かってはいるのですが…。

数あるMT車の中で、フィットは比較的運転しやすいモデル

ここまで私の醜態を晒してきましたが、聡明なオートックワン読者の皆さまなら、フィットは本来運転しやすい車種の筆頭であることは言うまでもありません。それはMT仕様でも同じこと。先ほど挙げた出来事は、あくまでも私の運転レベルがその域に達していないことから起きてしまった悲劇なのです(残念ながら…)。MT車に慣れる為には、日頃の経験の積み重ねが大切ですね!

気を取り直して、フィットRSのレポートへ戻りましょう。

高速道路でACCの便利さに感激!

市街地を抜け、高速道路での試乗へと移ります。実は、今回の試乗は2018年12月9日に行われた「ホンダレーシングサンクスデー2018」の取材移動を兼ねていたため、東京・港区~ツインリンクもてぎまで高速道路の総走行距離は実に200キロ以上にのぼりました。

この長距離移動時に私の強い味方となったのが、フィットRSに搭載されていたACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)。この機能は、車が前の車両と適切な車間距離を認識・保持しながら、アクセル操作とブレーキ操作を自動で行い、運転支援するもの。AT車よりペダル操作が多くなりがちなMT車ですが、この機能のおかげでペダル操作を最小限にすることができました(決して、不慣れなペダル操作をサボりたかったワケではありませんよ!)。

実際に使ってみることで、改めてACCの便利さに気付きました。これに慣れてしまうと、後戻りはできませんね…。

コンパクトカーとは思えないほど広いフィットの荷室

また、今回の取材時ではフィットの広い室内にとても助けられました。取材時の移動ということもあり、荷物は比較的多めだったのですが、フィットの荷室なら全く問題なし。何なら、現地で寄り道して買ったお土産まで難なく積むことができました。

もし電車での移動だったら…と考えると、とても持ちきれない量の大荷物。これを載せながら好きな場所へ行ける、ということはマイカーを持つ喜びの1つかもしれませんね。

新米編集部員I、2019年の目標は「MT車を買う」!?

今回フィットに乗って受けた印象は総じてポジティブなものばかり。運転初心者が選ぶ最初のマイカーとしてピッタリだと感じました。この直後にフィットのAT仕様にも試乗しましたが、こちらに乗っても印象は変わらなかったので、AT仕様・MT仕様共にオススメです。

なお、「フィットは最初のマイカーにオススメ」などと書いてみたものの、私編集部員Iも実はまだマイカーを保持した経験はございません。ついに迎えた2019年、今年こそマイカーを持ってみるか!? などと意気込んでおります。買うならやっぱり…MT車、かなあ。運転を練習しなくては。

みなさんの2019年の目標は何でしょうか。もしまだ決まっていないのであれば、MTの車を新しく買う、なんて目標も良いかもしれませんよ?

[筆者:磯田 薫(オートックワン編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者磯田 薫
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる