マツダ MX-30は“買い方”も個性的! 価格266万円で買えちゃうおすすめパッケージとは

画像ギャラリーはこちら
そろそろ子どもの自我が目覚めてきて、カッコいい父の背中を見せなくては、と思い始めるのが30代かもしれません。

あるいは、自分の好みと父親としての責任を、どう折り合いつけたクルマ選びをすればいいのか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

目次[開く][閉じる]
  1. マツダの新型SUV MX-30は観音開きだけでなく“買い方”も個性的だった
  2. 破格すぎる!? MX-30のファミリーに勧めるイチオシパックは266万円
  3. MX-30購入におすすめの追加パッケージは2つ!

マツダの新型SUV MX-30は観音開きだけでなく“買い方”も個性的だった

そんな30代にぴったりの、個性を尊重して誕生したクロスオーバーSUVが、マツダ MX-30です。

市街地でも扱いやすいコンパクトサイズに、大きな特徴はドアが左右に観音開きになる「フリースタイルドア」。

そしてマツダ100周年の節目に登場したクルマを示す、特別なメタルプレートも、ただの実用カーではない特別感を感じさせてくれますね。

グレードなし! 数あるパッケージを組み合わせて自分だけの一台を

そんなMX-30は、購入のプロセスもちょっと個性的です。

グレードという概念がなく、ベースとなるMX-30 242万円に、装備と価格を厳選して多彩に用意された「パッケージ」を自由に組み合わせて、自分だけの1台が作れるという「YOUR ORIGINAL CHOICE」が採用されているのです。

破格すぎる!? MX-30のファミリーに勧めるイチオシパックは266万円

そこから選び、30代ファミリーにイチオシのMX-30を作ると、総額は266万2000円になります。

その内訳を説明しますね。

選べるパッケージは主に3種類! ベーシックは防眩ミラー含む基本セットが全車標準装備

まず、どんなパッケージがあるかというと、どれを選ぶにしても必ず装着することになるのが「ベーシックパッケージ」7万7000円。

自動防眩ルームミラーやリアパッケージトレイなど、10の装備が揃っています。

LEDや7つの安全装備を含むセーフティパッケージ

次に「セーフティパッケージ」12万1000円には、アダプティブLEDヘッドライト、スマートブレーキサポートなど、7の安全装備がセットに。

「ユーティリティパッケージ」8万8000円は、ステアリングヒーターやスーパーUVカットガラスなど、5つの上級快適装備が揃います。

アクセントのある内外装備をまとめたエクステリアパッケージ

続いて、内外装をグレードアップする「エクステリアパッケージ」7万7000円には、ピラーガーニッシュやDピラーメッキ+MAZDAロゴ、高輝度ダーク塗装の18インチアルミホイールのセット。

「インテリアパッケージ」8万8000円は、コルク付プルハンドルやサテンクロームのグローブボックスノブなど、10の上質なインテリアパーツが揃っています。

ほぼ全ての装備を網羅したインダストリアルクラシックパッケージ

さらに、この2つがセットになる「インダストリアルクラシックパッケージ」(インテリアがブラウン)、「モダンコンフィデンスパッケージ」(インテリアがホワイト)がそれぞれ11万円で用意されています。

どれも、「インテリアパッケージ」を選択すると「ユーティリティパッケージ」8万8000円が同時装着となります。

このほか、「360°セーフティパッケージ」7万7000円、「ボーズサウンドシステム」7万7000円が設定されています。

MX-30購入におすすめの追加パッケージは2つ!

この中から、「ベーシックパッケージ」7万7000円は必須として、室内を快適に保つための装備が揃う「ユーティリティパッケージ」8万8000円と、車庫入れなどの際の安全確認にも心強い「360°セーフティパッケージ」7万7000円をプラスしたのがベストな選択。

欲を言えば、これだとちょっとインテリアが素っ気なくなってしまうので、メッキ加飾くらいついているといいんですけどね。

もし予算が許せば、「インダストリアルクラシックパッケージ」11万円などを付けるともっといいと思います。

おすすめオプションは外装のオシャレ度をUPできるルーフデカール

そしてオススメのオプションは、せっかく個性的なデザインが魅力的なSUVなので、ほかにはないオシャレさをとことん楽しめる「ルーフデカール」6万8200円。

革調の素材が上質感もアップしてくれて、外から見るたびに満足感に浸れそう。

こんな、実用性一辺倒ではないファミリーカー選びが、子どもの感性にもいい刺激を与えてくれるかもしれないですね。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は11月25日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はホンダ 新型オデッセイをご紹介!

▼最新TOP3

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

マツダ MX-30の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ MX-30のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ MX-30の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ MX-30の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ MX-30のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる